1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 髪のケア(ヘアケア) >
  4. あれ!?これって白髪?気になったら始める染めない白髪対策

あれ!?これって白髪?気になったら始める染めない白髪対策

以前はそんなになかったのに、最近、白髪が目立ってきたという方、いませんか? 髪を染めることも、ダメージが強い気がして嫌だなと思っている方、必見! ここでは、ナチュラルな白髪対策について紹介します。

白髪になってしまうのはなぜ?

白髪になってしまうのはなぜ?

原因は明らかにはなっていませんが、いくつかの関係性はわかっています。

頭皮のメラノサイトという細胞の機能が低下することでメラニン色素(髪の毛に色を付ける物質)を生成することができなくなり、白髪が発生するのです。
またメラノサイトが活発に働くためには、チロシナーゼという酵素の働きが必要になります。

では、この機能が低下する原因と対策を見てみましょう。

白髪の原因と対策

メラノサイトを活発にするためには、血流を改善し髪を育てる栄養を摂取することが大切です。
しかし、以下の要因で白髪は発生しやすくなります。

ストレス

ストレス

ストレスがかかると、自律神経が乱れ血管が収縮し、血行不良になることで、髪へ栄養が行かなくなり、白髪が発生すると言われています。

ゆったりと湯船に浸かって、身体と心をリラックスしてあげましょう。
また、趣味を持つことも、ストレス解消には大切なことです。
音楽を聞いたり、本を読んだり、ひとりになって趣味を満喫してみてはいかがでしょうか?

身体を動かすこともストレス解消になるということが分かっています。
激しい運動でなくても、ヨガやストレッチといった心地よいと感じる程度に筋肉を伸ばすことでも良いのです。

栄養不足

栄養不足
出典:ameblo.jp

無理なダイエットや、偏食によって髪に必要な栄養が不足すると、白髪になると言われています。
黒髪を作るときに必要なメラニン色素を生成するミネラルと、髪自身を作るタンパク質を上手に摂取することが白髪対策になります。

血の流れをスムーズにするためには、きれいな水をとることが大切です。
そして、美髪に必要な栄養を摂取しましょう。

摂取してほしい栄養素

◆ビタミンB12と葉酸
これは、血液中の赤血球を増やす役割があり、貧血にも効果があります。
血液は、チロシンを運用する役割があるため、不足すると白髪になってしまいます。
❖食品
ビタミンB12:しじみ、あかがい、すじこ、鶏肉レバー、さんま
葉酸:鶏・牛・豚レバー、うなぎ、うに、焼きのり

◆チロシン
チロシンは、チロシナーゼという酵素によって反応を繰り返し、メラニンへと移行します。
チロシンを摂取することで、メラノサイトは活発に活動するのです。
❖食品
チロシン:チーズ、大豆、かつお、しらす干し、すじこ

◆パントテン酸カルシウム
抗ストレス作用があるため、白髪にも効果的と言われています。
❖食品
レバー、納豆、卵、うなぎ、鶏肉(ささみ)、たらこ

◆銅
チロシナーゼを合成するときに必要な成分です。
❖食品
牛レバー、しゃこ、ほたるいか

◆亜鉛
タンパク質を合成するときに必要な成分です。
❖食品
牡蠣、豚肉レバー、ほや、カニ缶、牛肉

頭皮の血流不足

頭皮の血流不足

健康な頭皮は柔らかく透明感のある青白い色をしていて、不要な皮脂や角質がない状態です。

しかし、頭皮は何もしないとだんだん硬くなって血流が悪くなってしまいます。
身体の内側から血流を改善することと同時に、頭皮をマッサージしてみましょう。

【頭皮マッサージ】
1. 10本の手の指の腹を頭皮にあてます。
このとき、爪を立てないようにしましょう。
2. 力を込めすぎず、気持ちよい程度の強さで、頭皮を押します。
3. 指を離してから、位置を変えて、同様に頭皮を押しましょう。

睡眠不足

睡眠不足

夜、寝ているときの身体の中では、成長ホルモンが分泌され、組織の成長と代謝をコントロールしています。
成長ホルモンが最も活発に分泌されるのは、22時から2時の時間帯。

この時間帯に寝ていないと、成長ホルモンは効果的に分泌してはくれません。
睡眠不足が続くと、組織の成長と代謝が上手くいかなくなることで、髪の成長と代謝も悪化します。

その結果、白髪になってしまうのです。

「寝るための準備」をしっかりとしましょう。
夜は、ぬるめのお風呂に入って、ゆったりとした時間を過ごすようにしましょう。

また、寝る直前までテレビを見たり、スマートフォンを使用していたりすることで、活動神経の交感神経が優位になり、脳は覚醒状態になってしまいます。

リラックス神経の副交感神経を優位にするためにも、寝たい時間の2~3時間前から、部屋の明かりを少し暗くし、ゆっくりとした時間を過ごすようにしましょう。

枕が高すぎると首の動脈を圧迫してしまいます。
その結果、髪の毛への血流が滞ってしまいますので、高すぎない枕を使用するようにしましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
ストレス

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。