1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療機関・医薬品 >
  3. 皮膚科 >
  4. にきび(尋常性痤瘡) >
  5. 皮膚科で処方されるニキビ治療薬とその特徴

皮膚科で処方されるニキビ治療薬とその特徴

皆さんはニキビができたときどのように治療しますか? ドラッグストアなどにある市販薬を使用する人もいれば、皮膚科で薬を処方してもらう人もいるでしょう。 今回は、皮膚科で処方される薬の種類とそれぞれの特徴について解説します。

皮膚科ではどのような薬が処方される?

ニキビができてしまったとき、手軽に買えて便利なのが市販の治療薬。
しかし市販薬は自己責任で購入するため、症状が改善しないばかりか逆に炎症を起こしてしまうこともあります。
そのため、特に肌が敏感な人は皮膚科で薬を処方してもらった方が良さそうです。

皮膚科で処方されるニキビの治療薬には、抗生物質、レチノイド製剤、サリチル酸製剤、硫黄製剤、過酸化ベンゾイル製剤などがあります。

皮膚科で処方されるニキビ治療薬の特徴

それでは、それぞれの治療薬についてその特徴を見ていきましょう。

抗生物質

一般的な皮膚科で特に行われているのが抗生物質による治療です。
抗生物質は、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌することで炎症を取り除くはたらきを持ちます。

ただし、抗生物質は炎症を起こしていないニキビには効果が得られないというデメリットがあります。
また、抗生物質の作用によってアクネ菌だけでなく善玉菌も殺菌してしまうという問題もあります。

レチノイド製剤

ニキビは、角質層が固くなって収縮した毛穴に角栓が詰まることでできてしまいます。
レチノイド製剤には角質を柔軟に保つことで角栓の発生を抑え、ニキビの発生を防ぐ効果があります。
ただしこれは角栓ができるのを抑える薬なので、炎症を起こしたニキビの改善には不向きです。
また、副作用として使用した部分の皮膚の乾燥や赤み、痒みなどが多く見られます。

サリチル酸製剤

サリチル酸製剤はピーリングの際にも用いられている薬剤です。
これも角質を柔軟にする効果があり、ニキビの原因となる角栓の発生を防ぐはたらきを持っています。
ただし、ピーリングにも用いられているように、その効果は角質を溶かすほどの強さがあります。
そのため、肌がデリケートな方は使用を控えた方が良さそうです。
また、妊娠中の方も使用しないようにしましょう。

硫黄製剤

硫黄には皮脂分泌を抑制する効果があります。
そのため、硫黄製剤には角栓によって詰まった毛穴に皮脂が溜まってニキビができてしまうのを防ぐ効果があります。

この硫黄製剤には重篤な副作用がないため市販薬の中にもよく含まれています。
ただし硫黄製剤は皮膚を乾燥させてしまうので、角質層の水分も減少し、肌のバリア機能が低下することもあります。
また、思春期のニキビとは違って過剰な皮脂分泌が原因ではない大人ニキビには不向きであるという弱点もあります。

過酸化ベンゾイル製剤

過酸化ベンゾイル製剤は強い殺菌効果とピーリング効果を持った薬です。
この治療薬は初期のニキビを一気に除去して炎症に発展するのを防ぐことができるものであり、アメリカでは一般的に治療に用いられています。

しかし、強い作用を持つ薬であるため肌への負担が大きく、皮膚が剥けたり刺激や痒みを感じたりするという副作用もあります。

ニキビ

ニキビ

いかがでしたでしょうか。
皮膚科で処方されるニキビ治療薬には、それぞれメリットもデメリットもあります。
医師と相談して、自分に合った治療薬を処方してもらうようにしましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
にきび(尋常性痤瘡)

記事に関するお問い合わせ

「にきび(尋常性痤瘡)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。