1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 口内炎 >
  5. 痛い口内炎、中々治らない原因とは

痛い口内炎、中々治らない原因とは

口内炎ができたら、なるべく早く治したいものですよね。 なかなか治らない場合は、もしかすると治りが遅くなるようなことをしてしまっているのかもしれません。 ここでは、口内炎の治りを遅くする原因をご紹介します。

口内炎ができると、物を食べる時や話をする時に痛んでつらい経験が多いかと思います。
また、一番困るのは治りが遅いことです。

熱いお茶やスープなどを飲んだときなどに口内炎の箇所に触れると飛び上がる程の痛さです。
口内炎の治りが悪い原因には次のことがあげられます。

風邪やストレスによる免疫力の低下

風邪やストレスは免疫力が低下する原因となってしまいます。
免疫力が落ちると口の中にいるウイルスが繁殖し、口内炎が発症します。

また、唾液の分泌量が減って口腔内の雑菌に対する抵抗力が落ちるため、口内炎の治りが遅くなってしまいます。

対策としては、免疫力を下げない生活習慣を心掛けることがあります。

まずは睡眠です。
個人差はありますが最低6~8時間の睡眠で疲れやストレスを貯め込まない生活リズムを大切にしましょう。

日頃から正しい生活リズムを保っていくと、口内炎ができても完治が早いです。

偏った食生活

口内炎にならない為には口内の粘膜を健康に保つ必要があります。

食べ過ぎや飲みすぎ、偏食には気を付けましょう。

栄養バランスの良い食事を心がけ、1日3食出来るだけ決まった時間に食べるのがいいでしょう。

口内が不衛生

口の中が不衛生だと口内炎の治りは更に遅くなります。
不衛生は口内にウイルスを増殖させて炎症を更に悪化させてしまいます。

歯磨きなどのしっかりとした口内ケアが必要です。

歯磨きも正しい磨き方をマスターすることで口内に歯ブラシで傷を付けなくて済みます。
菌の増殖を防ぐために食後に歯磨きをするのがポイントです。

口呼吸

口呼吸をすると口腔内が乾燥してしまいます。
口腔内の乾燥は雑菌が増える原因となり、口内炎の治りは遅くなってしまいます。

口が乾燥していると感じたら、アルコールの入っていないマウスウォッシュやデンタルリンスなどで、口の中の潤いと清潔感が保ちましょう。

その他

他にも睡眠不足やたばこ、アルコール、刺激物の摂取などは胃腸に負担がかかり、口内炎ができやすく、治りにくくなってしまいます。

自分の心がけで口内炎を早く治すことは可能です。
睡眠を十分に取れる生活パターンと、バランスの良い食事と共にビタミン不足を補う食材かサプリメントを取って常に口の中を清潔にすることが大事です。

口内炎 その他
出典:www.pakutaso.com

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
口内炎 ストレス

記事に関するお問い合わせ

「口内炎」に関する記事

口内炎についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

白い口内炎が治らない...  これって危険?
白い口内炎が治らない... これって危険?

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「口内炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。