1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. スキンケア >
  4. にきび(尋常性痤瘡) >
  5. どうしてできるの?あごニキビの原因と予防法

どうしてできるの?あごニキビの原因と予防法

ニキビができやすい場所の一つがあごです。 特に女性は、生理前後になると毎月あごにニキビができてしまうという人も多いのでは? 今回は、そんなあごのニキビができてしまう原因について解説します。

あごにできる思春期ニキビの原因とは?

ニキビは思春期によくできるものというイメージがありますよね。
思春期は体が発育する時期であり、体内で一時的なホルモンバランスの変化が起こります。
このとき分泌が増加するのが男性ホルモンです。
男性ホルモンは皮脂腺を刺激することで皮脂の分泌を促進するはたらきがあります。

ただ、思春期の頃は毛穴が未発達のため、この大量に分泌された皮脂の排出が追い付かずに毛穴の中に皮脂が溜まってしまいます。
そしてこれが古い角質や老廃物と混じり、毛穴に詰まることでニキビができてしまうのです。

あごにできる大人ニキビの原因とは?

思春期だけでなく大人になってからもできてしまうニキビ。
あごは25歳以上の女性にとって最もニキビができやすい部分の一つだと言われています。

大人ニキビができる原因は思春期ニキビとは異なり、ホルモンバランス、ストレス、刺激など複数の要因が影響しています。

ホルモンバランス

男性ならあごにひげが生えることからもわかるように、あごは男性ホルモンの影響を受けやすい部分です。

女性の場合、毎月生理前になるとプロゲステロンというホルモンが多く分泌されるようになります。
このホルモンは男性ホルモンに似ており、皮脂の分泌を活発にする作用があるので、あご周辺にニキビができやすくなります。

ストレス

大人になると人間関係や恋愛、仕事などのストレスは多くなるもの。
実はストレスには血流を滞らせてしまう作用があるのです。

血流が滞ると、それを改善するために抗ストレスホルモンや男性ホルモンが分泌されます。
そのため、この男性ホルモンの影響でニキビができやすくなると考えられます。

ストレスもニキビの原因に

ストレスもニキビの原因に

肌への刺激

顎やフェイスラインは手や指、髪が触れやすく、男性の場合カミソリによる刺激も受けやすい場所です。

肌は刺激を受けると防御反応によって角質層が厚くなってしまうので、ニキビができやすくなります。

また、手や指についている汚れや菌もニキビを悪化させる恐れがあります。

あごのニキビを防ぐには?

あごのニキビができないように予防するには、保湿ケアが有効です。
保湿によって角質層に水分が行きわたっていれば、毛穴が詰まってニキビになるのを防ぐことができます。

また、雑菌などが付くのを防ぐため、あごを手で触れるのを意識的に避けるようにすることも大切です。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
にきび(尋常性痤瘡) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「スキンケア」に関する記事

スキンケアの記事は他にも多数!

肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜
肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜

「にきび(尋常性痤瘡)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。