1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. フィットネス・筋トレ >
  4. 猫背 >
  5. 肩こりは猫背から!?猫背改善運動で肩こりスッキリ

肩こりは猫背から!?猫背改善運動で肩こりスッキリ

肩こりと猫背には深い関連があります。 猫背の解消で肩こりがスッキリと良くなるということは少なくありません。 ここでは簡単にできる猫背改善運動を紹介します。気持ちよく身体を動かして肩こりから解放されましょう!

肩こりと猫背の関係

猫背 肩こりと猫背の関係

肩こりと猫背には深い関連があり、猫背を解消することにより肩こりが改善する場合があります。

↓肩の構造

猫背 肩こりと猫背の関係

肩こりの主な原因である肩の関節は、腕の骨と肩甲骨・鎖骨からなる肩甲上腕関節、肩甲骨と鎖骨からなる肩鎖関節・肩甲骨からなる肩甲胸郭関節3つの関節からできています。
この3つが連動して運動することにより肩を正常に動かすことができるのです。

しかし猫背、つまり体幹が丸まっている状態だと、体幹と引っ付いている肩甲骨と鎖骨が上手く連動した運動をすることができなくなります。
そのため肩の動きは悪くなってしまします。

肩の動きが悪い状態で肩をつかっていると肩周りの筋肉がムリをして動かそうとしてしまい、それが負担となり肩こりにつながります。

今なやんでいる肩こりの原因はもしかしたら猫背かもしれないのです。

試してみよう!

猫背 試してみよう!

2パターンのバンザイを試してみてください。

①背筋を正した状態でバンザイ
②背中を思いっきり丸くした猫背でバンザイ

腕の上げられる角度が②の場合だと、すごく狭まります。
猫背がいかに肩に影響しているかを実感することができますね。

簡単な猫背の見分け方

猫背 簡単な猫背の見分け方

猫背は鏡の前で立ち、耳・肩・股関節・膝・くるぶしをチェックすることで見分けることができます。

正しい姿勢は耳・肩・股関節・膝・くるぶしが一直線になった状態です。
猫背の場合は耳が肩より前に出ている、肩が股関節より前に出ているなど各ポイントを結んだ線に乱れが生じます。

パッと見、猫背ではないように見えても実は猫背という方は少なくありません。
ぜひ鏡の前に立ってみて自分の姿勢をチェックしてみてください。

肩こりスッキリ!簡単にできる猫背改善運動

肩甲骨を寄せる・離す

猫背 肩甲骨を寄せる離す

【方法】

①姿勢を正しながら腕を後ろに引き、肩甲骨を寄せます。
*顎を引くこと、骨盤から姿勢を正すことをイメージします。

②手を組んで前方に腕を突き出しながら背中を丸めます。
*寄せた肩甲骨を離すようなイメージで手を前方に突き出していきます。

回数:5秒キープ×10回

写真ではタオルを使用して行っています。
タオルを使用することでより運動がしやすくなりますが、タオルのない状態でも運動をすることができます。

肩甲骨・胸のストレッチ運動

猫背 肩甲骨胸のストレッチ運動

【方法】

①手を後ろで組み、組んだ手を床面に押し付けます。
*姿勢は正した状態のまま、顎はしっかりと引いて行います。

回数:5秒キープ×10回

首のストレッチ運動

猫背 首のストレッチ運動
出典:ameblo.jp

【方法】

①姿勢を正し、のど仏の両側に軽く手をあてます。

②息を吸いながら上を向き、息を吐きながら顎を引きつつ顔を正面に向けます。
回数:10回

肩甲骨のストレッチ

猫背 肩甲骨のストレッチ

【方法】

①肘を90°に保ったまま片手を上後方に、反対の手を下後方に回します。

回数:20~90秒キープ×左右各3回

股関節のストレッチ

猫背 股関節のストレッチ

【方法】

①片膝立ちになり姿勢を正します。

②後方の足を更にやや後ろに引き、姿勢を正し骨盤を正面に向けたまま重心を前方へと移動させます。

回数:20秒キープ×左右各3回

猫背 股関節のストレッチ

猫背を解消するだけで、肩こりは楽になる可能性があります。
今回ご紹介した運動は家で簡単に取り組むことができるものです。
ぜひ試してみて下さい。

最終更新日: 2016-10-24

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「フィットネス・筋トレ」に関する記事

フィットネス・筋トレの記事は他にも多数!

【動画付き】ばね指に効果的なストレッチ方法とは?自分でできる治療・対処法まとめ
【動画付き】ばね指に効果的なストレッチ方法とは?自分でできる治療・対処法まとめ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。