1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 腰の病気・症状 >
  4. 腰痛 >
  5. 本当にひどい腰痛の人向け!とってもやさしい腰痛ストレッチ運動

本当にひどい腰痛の人向け!とってもやさしい腰痛ストレッチ運動

腰に慢性的な強い痛みがある場合、一般的な腰痛運動がなかなかできないという場合は少なくありません。 ここでは腰が痛くて運動は難しいという方向けの、とってもやさしめな腰痛ストレッチ体操を紹介します。 痛みを改善させる運動はムリをしてはいけません。状態に応じたやさしい運動を行いましょう!

運動は慢性腰痛に効く

腰痛 運動は慢性腰痛に効く

「私の腰痛は腰骨が変形してしまっているから仕方がないわ」と思って諦めてしまっている方は多くいらっしゃいます。
確かに骨の変形が原因となって痛みが生じる場合はもちろんあります。
しかしレントゲン上で同様な骨の変形をしていたとしても、痛みを感じる方もいれば痛みを感じない方もいるのです。

このような違いが生じる一因には、筋肉が関与しているとされています。
筋肉には関節を守る働きがあり、この筋肉がこり固まったり動きにくくなることにより関節に負担がかかり痛みが生じるのです。

腰痛はその原因の7~8割程度は不明で、とても複雑な症状だと言われています。
そのため腰痛の原因が筋肉であると明確には言えませんが、筋肉がほぐれて腰痛が改善したという報告は数多くあります。

ムリのない運動を行い、腰痛を少しずつ改善させていきましょう。

腰痛運動の注意点!

腰痛 腰痛運動の注意点!

運動は慢性腰痛に有効ですが、急性(痛みを急に感じるようになった)腰痛では安静が大事です。

急性期は痛みを発している部位に炎症が生じています。
その状態で運動を行ってしまうと炎症を悪化させてしまいます。

急性の場合は安静にして、整形外科を受診してください。

とってもやさしい腰痛ストレッチ運動

腰痛にひどく悩まされている方は、一般的に紹介されている運動では痛みを感じてしまうというケースが少なくありません。
運動で痛みを改善させるには、痛みを感じずに気持ちいい程度で行うことが成功のポイントです。

ここではとってもやさしい腰痛ストレッチ運動を紹介します。
ムリせず、気持ちいいと感じるものから取り組んで行ってみてください。

腰痛 とってもやさしい腰痛ストレッチ運動

用意して欲しいものは“バスタオル”です。
紹介する運動ではバスタオルをお好みの厚さでたたんで棒状にし、そのタオルを背骨の下に敷いて寝ながらの運動を行います。

バスタオルをクルクルと巻いて使用しても良いのですが、この場合厚みがありすぎてバスタオルの上に背中をのせただけで痛みを感じる場合があります。
3つ折りで少し厚みがあるかなという程度にたたんで使用すると腰痛を感じにくくなります。
これでも痛ければ、タオルなしで運動を行っても構いません。

タオルに背骨をのせる際の注意

腰痛 タオルに背骨をのせる際の注意
出典:www.izmic.jp

棒状にしたバスタオルを床に置き、その隣に寝ます。
バスタオルに背中を向けるようにして横を向きそのまま移動してバスタオルに背中を近づけて、ゆっくりと仰向けになりながらタオルの上に身体をのせます。
この際、膝を曲げたまま行うとタオルの上に身体をのせても腰痛が生じにくいです。

なおバスタオルにまたがるように座り、座った状態からそのまま仰向けになろうとすると腰に負担が掛かりやすく腰痛が生じやすいので注意してください。

腰痛ストレッチ運動①腹式呼吸

腰痛 腰痛ストレッチ運動①腹式呼吸

【方法】
たたんだバスタオルを背中の下に敷き、写真のような膝を曲げて仰向けとなった姿勢で腹式呼吸を行います。
特に息を吐くときに下腹部を凹ますことを意識すると腹部の筋肉を刺激することができます。

回数:1~3分

腰痛ストレッチ運動②身体を揺らす

【方法】
腰痛ストレッチ運動①と同様の姿勢で、タオルの上で身体を左右にやさしくユラユラと揺らします。
身体をやさしく揺らすことで全身の筋肉をリラックスさせる効果があります。

回数:1~3分

腰痛ストレッチ運動③羽ばたき

腰痛 腰痛ストレッチ運動③羽ばたき

【方法】
1.腰痛ストレッチ運動①と同様の姿勢から、手のひらを上に向けながら床をなでるように腕を胸あたりまでひろげていきます。

2.胸までひろげたら、手のひらを下に向けて床をなでるように腕をおろしていきます。
腕をひろげたり、下したしすることで胸・背中周りの筋肉をリラックスさせる効果があります。

回数:1~3分

腰痛ストレッチ運動④ワイパー

腰痛 腰痛ストレッチ運動④ワイパー

【方法】
1.腰痛ストレッチ運動①と同様の姿勢から、片脚ずつ脚をゆっくりと伸ばします。

2.脚をのばしたら、つま先をゆっくり内側にむけたり外側に向けたりします。
骨盤・股関節周囲の筋肉をリラックスさせる効果があります。

*両脚を伸ばすことが痛いと感じたら、痛みのない範囲で片脚だけ曲げたり伸ばしたりを繰り返すだけでも十分腰痛ストレッチ運動となります。

回数:1~3分

腰痛 腰痛ストレッチ運動④ワイパー

腰痛の改善を目的としたストレッチや運動は、無理せず行うことがポイントです。
紹介した運動で、気持ちよくできるものからチャレンジしてみてください。

また、症状が良くならない場合は整形外科を受診しましょう。
医師による診断で注射や薬、リハビリなどの処方を受ける場合があります。
しっかり治療を受けて、辛い腰痛から解放されましょう。

最終更新日: 2016-09-05

タグ:
腰痛

記事に関するお問い合わせ

「腰痛」に関する記事

腰痛についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【港区近郊の整体・サロン5選】肩こり・腰痛対策におすすめのクリニックまとめ
【港区近郊の整体・サロン5選】肩こり・腰痛対策におすすめのクリニックまとめ

「腰の病気・症状」に関する記事

腰の病気・症状の記事は他にも多数!

妊婦がいぼ痔になりやすい理由とは?カイロなどを使った安心安全な治し方まとめ
妊婦がいぼ痔になりやすい理由とは?カイロなどを使った安心安全な治し方まとめ
椎間板ヘルニアの症状と対処法は?しびれや排尿障害は要注意!
椎間板ヘルニアの症状と対処法は?しびれや排尿障害は要注意!
椎間板ヘルニアの治療方法は?5つの原因も詳しく解説!
椎間板ヘルニアの治療方法は?5つの原因も詳しく解説!
腰痛の基本と治療法について紹介
腰痛の基本と治療法について紹介
腰椎椎間板ヘルニアの辛い痛みには波がある?症状がなくなるまでの期間とは
腰椎椎間板ヘルニアの辛い痛みには波がある?症状がなくなるまでの期間とは

「腰痛」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。