1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 歯ぎしり >
  5. 子供でも歯ぎしりするの?原因を追究!

子供でも歯ぎしりするの?原因を追究!

大人がするイメージの強い歯ぎしり。実は40%程の子供が歯ぎしりを経験しているんです。どうして歯ぎしりをする子どもがこんなにいるのでしょうか?

どうして子供は歯ぎしりするの?

歯ぎしり どうして子供は歯ぎしりするの?
出典:www.pakutaso.com

1.成長過程に起こる自然なこと

子供の成長期は乳歯が生え、永久歯に生えかわる大切な時期です。
歯だけでなく顎や周辺の組織も発達しています。

発達により変化への適応や、歯並びを調整するために、歯ぎしりが起こるのではないかと考えられています。

これらは発達・成長による自然なことなので、特に問題ないとされています。

2.歯並びが悪い

歯並びが悪いことも、歯ぎしりの原因となります。

歯並びが悪いと上下の噛み合わせが悪くなり、歯の位置が安定しずらくなります。
現在は、昔より顎が小さい子供が多いと言われており、必然的に歯並びの悪い子供が増えてきています。

3.顎が正しい位置に定まっていない

顎の位置が不安定だと、歯ぎしりをしやすくなります。

いつも片側だけで物を噛んだり、左右に偏った姿勢を取り続けていると顎の位置もずれてしまいます。

4.精神的ストレスがある

大人の歯ぎしりの原因1位にあげらる精神的ストレスと言われていますが、子供の歯ぎしりの原因にもなります。

環境の変化や人間関係などで、子供も日々ストレスを感じています。

日中のストレスが、睡眠時に歯ぎしりとして表れることがあります。
また睡眠中だけでなく、日中に歯をくいしばるような行動が多くみられる時も要注意です。

子供の歯ぎしり、どう対処する?

歯科を受診する

子供の歯ぎしりは、成長・発達過程で起こる自然なものがほとんどなので、成長とともに大部分の子供がおさまっていきます。

しかし長期間にわたって歯ぎしりが続くと、歯がすり減ってしまったり、歯肉を痛めてしまうことも。

定期的に歯並びやかみ合わせをチェックすることがおすすめです。

生活習慣を見直そう

子供の健康を守るためには、規則正しい生活を送ることが大切です。

食生活では、バランスのいい食事をきちんと3食とるようにしましょう。
顎を鍛えるためにも、柔らかいものばかりでなく噛みごたえのあるものを食べることも必要です。

姿勢の悪さも顎のゆがみに影響するので、日ごろから正しい姿勢をとるように心がけましょう。

子供の心のケアも忘れずに

子供はストレスがたまっていても、自分で気づくことができません。
周りの大人が気付いて対処してあげるようにしましょう。

いつもと違うところがないか様子をみて、子供のSOSを見逃さないようにしたいですね。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
歯ぎしり ストレス

記事に関するお問い合わせ

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「歯ぎしり」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。