1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. スキンケア >
  4. 日焼け止め それで大丈夫?おすすめの日焼け止め3つを紹介

日焼け止め それで大丈夫?おすすめの日焼け止め3つを紹介

いろいろな種類の日焼け止めが店頭に並ぶ中、どれを選んだらよいのか迷っていませんか? ここでは、日焼け止めの正しい選び方とおすすめの日焼け止めについて紹介します。

紫外線の分類

そもそも紫外線は、「A波」「B波」「C波」の3つに分かれています。

紫外線の分類

A波

皮膚の真皮まで届く光で、そこで活性酸素を作ります。
その結果、DNAやコラーゲンなどを傷つけ、シワ・たるみなどの症状を引き起こすのです。

B波

このB波は皮膚表面で作用し、皮膚が赤くなったり、炎症を起こしたりします。

またA波同様、活性酸素を作り出します。
その結果メラニン色素を増加させ、シミやそばかすなどの症状を引き起こすのです。

C波

B波より有害な紫外線。
オゾン層によって地球は守られていますが、オゾン層破壊が続くことで注意が必要になってくる紫外線です。

日焼け止めの「SPF」と「PA」って何?

それぞれ、どの光を止める効果があるのでしょうか?

日焼け止めの「SPF」と「PA」って何?
出典:www.ybs.jp

SPF

紫外線B波を止める時間を示す数値です。
紫外線が肌に当たってから、日焼けするまで(それぞれ個人差はあります)の時間を表しており、最小単位で15分から20分程度かかります。

例えばSPF50という表記であれば「約12時間~16時間」という計算になります。
これは、「約12時間~16時間紫外線を浴びると初めてそこで赤みが出現しますよ」ということです。

PA

紫外線A波を止める効果を示す数値です。
+で表記され、プラスが多いほど、その効果には差があることを示しています。
PAは、4段階あります。

PA+   :効果がある
PA++  :かなり効果がある
PA+++  :非常に効果がある
PA++++ :極めて高い効果がある

日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方

SPFの数値が高く、PAの+の数が多いほうがいいのかというと、そうでもありません。
それは、それはそれで、肌への負担が大きいからなのです。

日常生活での紫外線対策では、SPF20PA+程度、外で遊ぶ場合は、SPF30++程度でよいでしょう。
この2種類を状況に応じて使い分けていきましょう。

おすすめの日焼け止めクリーム 3

肌にやさしい素材を使用している日焼け止めクリーム3つを紹介します。

ウェアルーUV(HANA ORGANIC)

ウェアルーUV(HANA ORGANIC)

天然100%オーガニック&美容液成分を85%のUVケア用品です。
さらに、保存料・香料・合成ポリマーなども使用しておらず、敏感肌の方にもおすすめ。

これを塗ると、ファンデーションを塗らずに済むので、皮膚へのストレスも軽減されます。

アレルバリア エッセンス(dプログラム)

アレルバリア エッセンス(dプログラム)
出典:veramagazine.jp

親子で使用できるノンケミカル処方。
ウォータープルーフなので、汗や水に強いタイプです。

Larネオナチュラル UVフェイスパウダー

Larネオナチュラル UVフェイスパウダー
出典:dress-r.net

パウダータイプのUVケア用品。
テカリやくすみを予防してくれます。
色は2種類あり、それぞれSPFが異なります。

ライトオークル ラメ入り SPF28 PA++
ナチュラルオークル SPF30 PA++

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
日焼け(日光皮膚炎) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「スキンケア」に関する記事

スキンケアの記事は他にも多数!

肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜
肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。