1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療機関・医薬品 >
  3. 歯科 >
  4. 歯周病 >
  5. つらい歯周病の薬による治療法とは?

つらい歯周病の薬による治療法とは?

歯周病による歯ぐきの腫れや出血、口の中のねばつきや口臭などで悩んでいませんか? 厚生労働省によると、日本人の成人のうち約80%もが歯周病にかかっていると分かっています。 実はこの歯周病、薬で治すことができるってご存知ですか?

歯周病の原因とは?

そもそも歯周病はなぜ起こるのでしょうか。
歯周病の主な原因は、食事の食べ残しの歯垢(プラーク)による口の中の汚れです。
歯周病は次のように進行していきます。

①歯同士の隙間や歯と歯肉の間にプラークが溜まると、歯肉は炎症を起こして腫れる。
また、炎症により歯の周りの歯ぐきがゆるくなって引き締まりが無くなる。

②歯の周りの歯ぐきから細菌が侵入してくる。
細菌は死ぬと硬い歯石を作り、新しい細菌のすみかになったり、炎症を起こしたりする。

③歯の周りの歯ぐき内の炎症が進み、歯を支える骨や歯の周りの膜にも炎症を引き起こす。
すると歯が溶けたり歯肉がはがれたりする。

歯周病は進行すると治療しても治りにくくなってしまうので、早めに発見して治療することが大切です。

これまでの歯周病の治療法は、歯石の除去や歯科外科という手術を行うなど、痛みを伴うものが主流でした。

しかし現在では、薬によって歯周病を治療することができるようになっています。

歯周病の治療に効果的な飲み薬とは?

歯周病の内服薬には様々な種類がありますが、中でも「ジスロマック」という抗生物質が特に多く使用されています。

ジスロマックは、
□副作用が少ない
□1日1回、3日間服用すると約1週間効果が続く
という特長のある薬です。

この薬は歯周病菌に対する強い抗菌力を発揮するもので、細菌のタンパク質合成を阻害することによりその増殖を抑える効果があります。

こちらの薬を服用するには歯科で処方してもらう必要があります。

歯周病 歯周病の治療に効果的な飲み薬とは?

ジスロマック服用の際の注意点

ジスロマックには副作用が少ないとされていますが、安全に使用するためにその注意点やリスクについても少し触れておきます。
注意が必要なのは以下に該当する人です。

□肝障害のある人(病気の症状を悪化させる恐れがあるため)
□心疾患をもつ人(不整脈を起こす可能性があるため)
妊娠している人(おなかの赤ちゃんに影響を与える恐れがあるため)

また、服用の際は医師から指示された用法・用量を守り、処方された薬は最後まで飲み切るようにしましょう。

その他の歯周病の治療に使用される薬

歯周病治療には、内服薬と合わせてグルコン酸クロールヘキシジンや塩化セチルピリジニウムなどの成分を含むうがい薬や歯周内科専用の歯磨き剤を使用することも効果的です。

歯周病用うがい薬には、歯周病の原因となる細菌を除去する効果があります。
ただし、ほとんどの歯周病用うがい薬には歯周病菌が繁殖している大元の部分にまで浸透するほどの殺菌力はないため、歯周病の根本的な治療はできません。

また、歯周病治療に使用される歯磨き剤にも口の中のカビ菌や悪性の菌を減少させる効果がありますが、それだけで歯周病が治るというものではありません。

これらはあくまで口の中を清潔にすることを目的とし、補助的に使用するものと考えた方が良いでしょう。

歯周病治療に「これを使用するだけで治る」という特効薬はありません。
今回ご紹介した内服薬やうがい薬、歯磨き剤を使用するのと併せて、歯科医院の指導による適切なプラークコントロールを行うことも忘れてはいけません。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
歯周病 口臭

記事に関するお問い合わせ

「歯周病」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。