1. ヘルスケア情報 >
  2. コンプレックス >
  3. 円形脱毛症・薄毛・AGA >
  4. 脱毛症 >
  5. 男性型脱毛症(AGA/若ハゲ) >
  6. AGAは遺伝するって本当?

AGAは遺伝するって本当?

遺伝や男性ホルモンが原因とされているAGA。実際、遺伝による影響はあるのでしょうか。

AGAの原因は?

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンである「テストステロン」と酵素の結合により生成される「ジヒドロテストステロン(DHT)」が関与しています。

生成されたジヒドロテストステロンは男性ホルモン受容体と結合し、毛母細胞の活動を抑制する因子であるTGF-βなどを誘導します。

その結果、毛母細胞そのものの増殖が抑制されて毛髪の成長期が短くなり、毛髪の成長が阻害されます。

そのためAGAの脱毛症状は、男性ホルモン受容体が存在する頭頂部や前頭部に多く現れます。
逆に側頭部や後頭部には男性ホルモン受容体が発現しないため、症状は現れません。

男性型脱毛症(AGA/若ハゲ) AGAの原因は?

遺伝との関係は?

AGAと遺伝的素因は大いに関係していると考えられています。

AGAによる脱毛の原因であるジヒドロテストステロンは誰しも持つホルモンで問題はありません。

重要なのは、ホルモンの受け皿である受容体(アンドロゲン受容体)の感受性が高いか、低いかです。

つまり、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすいかどうかが薄毛になるかを決めていて、その受容体の感受性は遺伝に影響を受けます。

この受容体の、ジヒドロテストステロンへの感受性を決めている遺伝子を調べることで、将来AGAになりやすいかを調べることもできます。

男性型脱毛症(AGA/若ハゲ) 遺伝との関係は?

男性ホルモン受容体の感受性の高さを決めるAR遺伝子(アンドロゲンレセプター遺伝子)

受容体の感受性の高さを決める遺伝子はX染色体上にあり、AR遺伝子と呼ばれています。

AR遺伝子内の塩基配列

AR遺伝子の中には、シトシン(C)・アデニン(A)・グアニン(G)という塩基成分からなる塩基配列があります。
例えば、この3つの頭文字シトシン(C)アデニン(A)グアニン(G)を取ってこの順番の塩基配列をCAGと呼びます。
また、CAG、GGCという順番の塩基配列が繰り返されている部分があり、このリピート数を「CAG、GGCリピート数」といいます。

CAGリピート数が高いほど男性ホルモン受容体の感度は低く、AGAになりにくい

CAGリピート数は一般的には16~32が正常な範囲であり、平均値は22~25の間にあります。

CAGリピート数が高くなると、それを元に作られる配列が立体構造をとった時に障壁となり、男性ホルモンとの結合を妨げ、受容体の感度は低くなります。

しかしリピート数が低いと障壁が小さくなるので、男性ホルモンと受容体との結合が容易になりAGAになりやすくなります。

CAGとGGCリピート数の合計数が低いとAGAの危険度が高い

CAGとGGCリピート数は、遺伝子検査において最終的なAGA危険度を決めるときの指標になっています。

標準値は38で、数字が低いほど男性ホルモンが毛乳頭に入り込みやすくなります。
そのためジヒドロテストステロンが増えて、AGAになりやすいとされています。

遺伝子診断とは?

男性型脱毛症(AGA/若ハゲ) 遺伝子診断とは?

AGAになりやすいかどうかを検査する遺伝子診断では、このCAG、GGCリピート数の合計数から結果を導きます。

自分自身の遺伝子情報なので、この値は生涯変わることはありません。

将来の薄毛が気になるようでしたら、専門の医療機関で相談し、検査することもできます。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
男性型脱毛症(AGA/若ハゲ)

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。