1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 歯周病 >
  5. 歯周病が原因で歯磨きが痛い...。

歯周病が原因で歯磨きが痛い...。

歯周病が原因で、歯磨きをしたときに痛みを感じる方、いらっしゃいませんか? 歯周病対策のために歯磨きがしたくても、痛くてできないと困りますよね。 ここではその痛みの原因と対策をご紹介します。

歯周病とは

歯周病とは、歯肉炎や歯周炎などの歯や歯ぐきのトラブルの総称です。
その原因は、歯と歯ぐきに溜まった歯垢(しこう)です。

歯周病 歯周病とは

歯垢とは

口内には通常、たくさんの細菌が住み着いてます。
これらの細菌が口内に残った糖分を食べて粘着質の物質を出し、それを住処にしている細菌の塊を歯垢、またはプラークといいます。

大人の口の中には、300~700種類の細菌が生息しているといわれます。

歯をよく磨く人で1000~2000億個、あまり歯を磨かない人では4000~6000億個、さらにほとんど磨かない人では1兆個もの細菌がすみ着いています。

引用元: www.houmonshika.org

痛みの原因

歯のエナメル質が溶かされると象牙質に冷たいものなどがしみて痛みを感じます。
虫歯がさらに進んで神経が露出すると、歯ブラシが当たっただけで痛みを感じてしまいます。

歯周病が進行すると歯の根元が露出してしまうため、これと同じことが起きます。

歯みがきをする力が強すぎて磨耗してしまったり、歯茎から出血しているところを磨いてしまったりするとそこに細菌が付着して、ますます歯周病を進めることになります。

歯磨きは大切

歯周病の原因は歯磨きをしないことが大きいです。

歯ぐきが痛くて歯磨きができなくなったとしても、そのままにしておくことは絶対にしないほうが良いです。

では、どうしたら良いのでしょう?

歯周病 歯磨きは大切
出典:www.toda-dc.jp

歯ブラシを変えよう

歯磨きをする時の歯ブラシの工夫をしましょう。
歯ブラシをとてもやわらかいものにしてみてください。
それでも痛い時には、手でマッサージをするだけでも良いです。
そして、きちんとうがいをして口腔内にある食べかすや細菌を洗い流します。

洗口液を使う

どうしても歯ブラシが使えない時には、洗口液で口をすすぐだけでも良いです。

しかし、歯間にあるものは取り除くことができませんから、歯間ブラシなどで食べかすなどはきちんと取り除きましょう。

まとめ

歯周病の前兆は口腔内の違和感です。
虫歯の状況だけではなく、歯ぐきの状況も知っておきましょう。

歯周病は歯磨きで予防することができます。
歯磨きのポイントは、

・歯間
・歯と歯ぐきの間
・歯の裏側

をしっかり磨きましょう。

きちんと磨いたあとは口腔内はすっきりとしますが、仕上げに洗口液ですすぐことをオススメします。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
歯周病 う歯(虫歯) 歯周炎

記事に関するお問い合わせ

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「歯周病」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。