1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. う歯(虫歯) >
  5. 赤ちゃんを虫歯菌から守る!

赤ちゃんを虫歯菌から守る!

小さくてきれいな赤ちゃんの歯。 このままきれいな状態を維持してあげたいですね。 近年では、虫歯は虫歯菌が原因でおこると分かってきています。 今回は、大切な赤ちゃんの歯を虫歯菌から守る方法をご説明します。

虫歯の原因になる虫歯菌とは?

通常お口の中には300~400種類もの菌が生息しています。
その中の一つ、ミュータンス菌が虫歯の原因となる虫歯菌です。
したがってミュータンス菌のない人は虫歯になりません。

ミュータンス菌をもって生まれてくる赤ちゃんはいないのに、どうして虫歯になるのか?
それはミュータンス菌が唾液で感染するからです。

感染したミュータンス菌は、酸を作って大切な歯を溶かしてしまいます。
しかも一度感染したミュータンス菌は、生涯取り除くことができません。

赤ちゃんを虫歯から守る方法!

1.虫歯菌を取り込まない

う歯(虫歯) 1.虫歯菌を取り込まない
出典:www.pakutaso.com

赤ちゃんの虫歯予防で一番大切なのが、虫歯菌であるミュータント菌を取り込まないことです。
ミュータント菌を含んでいる唾液に触れさせないようにしましょう。

スプーンやコップなどを人と共有しないこと、人の食べかけの物を与えないことを徹底するようにしましょう。

2.周りの大人も虫歯を治療する

赤ちゃんが虫歯菌を移される相手として、一番多いのが両親です。
ついうっかり同じコップを使ってしまうこともあるかもしれません。
その時に備えて赤ちゃんが生まれる前に虫歯を完治させておきましよう。

虫歯の治療をしても虫歯菌を完全に取り除くことはできませんが、虫歯菌の数は違ってきます。

3.歯が生え始めたらお手入れをしよう

う歯(虫歯) 3.歯が生え始めたらお手入れをしよう

赤ちゃんの乳歯は、生後3~9ヶ月ごろに生えはじめます。
歯肉から歯が見え始めたら、歯のケアをするようにしましょう。

母乳は虫歯になりにくいと言われていますが、離乳食が始まると注意が必要です。
離乳食の食べかすが歯に付着したままの状態で母乳をあげていると、虫歯になる可能性が高くなります。

夜間の寝かしつけに母乳を飲ませる方は、離乳食を食べた後にしっかりと汚れを落とすようにしてください。

4.定期的に歯科で検診を受ける

歯がある以上虫歯になる可能性は誰しもあります。
お口の中の健康が守られているか、定期的に歯科で検査するようにしましょう。

歯科でブラッシング指導を受けるのもおすすめです。
乳歯だから虫歯になっても大丈夫だと思うのは大きな間違いです。

いい永久歯のためには乳歯の時から虫歯ができないようにすることが大切ですよ。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
う歯(虫歯)

記事に関するお問い合わせ

「う歯(虫歯)」に関する記事

う歯(虫歯)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

虫歯の神経治療ってどんなことをするの?通院回数や費用もご紹介!
虫歯の神経治療ってどんなことをするの?通院回数や費用もご紹介!

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「う歯(虫歯)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。