1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 飲酒・アルコール >
  4. アルコール依存症 >
  5. 逃げないで自己チェックしてみよう アルコール依存症

逃げないで自己チェックしてみよう アルコール依存症

ご存知でしたか?アルコール依存症をチェックするスクリーニングテストには、2種類あって、それは、男性用と女性用に分かれていることを。 自分でお酒を止めることが出来ないなと思っている方は、一度チェックしてみましょう。 ここでは、アルコール依存症をチェックする方法について紹介します。

アルコール依存症とは?

アルコール依存症 アルコール依存症とは?

アルコール依存症は薬物依存症のひとつです。

アルコール依存症になってしまう要因については、遺伝的要素や飲酒年齢が若い、生活や仕事によるストレスによって発生すると言われています。

特にアルコールは神経線維を死滅させるため、年齢が若く脳が発達途中であるときにアルコールを摂取してしまうと、さらに悪影響を及ぼしてしまいます。

男性版:新久里浜式アルコールスクリーニングテスト

アルコール依存症 男性版:新久里浜式アルコールスクリーニングテスト

以下の10の項目について質問します。
チェックしたところに記載されている点数を合計してください。

質問項目

最近6か月の間に以下のようなことがありましたか?

❶食事は一日3回、ほぼ規則的にとっていますか?
 はい(0点) いいえ(1点)

➋糖尿病、肝臓病、または心臓病と診断され、その治療をうけたことがありますか?
 はい(1点) いいえ(0点)

❸お酒を飲まないと寝付けないことが多いですか?
 はい(1点) いいえ(0点)

❹二日酔いで仕事を休んだり、大事な約束を守らなかったりしてことがありますか?
 はい(1点) いいえ(0点)

❺お酒を止める必要性を感じたことがありますか?
はい(1点) いいえ(0点)

❻お酒を飲まなければいい人だとよく言われますか?
はい(1点) いいえ(0点)

❼家族に隠すようにしてお酒を飲むことがありますか?
 はい(1点) いいえ(0点)

❽お酒が切れたときに、汗が出たり、手が震えたり、いらいらや不眠など苦しいことがありますか?
 はい(1点) いいえ(0点)

❾朝酒や昼酒の経験が何度かありますか?
 はい(1点) いいえ(0点)

❿飲まないほうが良い生活を送れそうだと思いますか?
 はい(1点) いいえ(0点)

それでは、点数を足してみてください。

判定

❖合計点が3 点以上:アルコール依存症の疑いあり
❖合計点が1~2 点:要注意(質問項目6 番による1 点のみの場合は正常)
❖合計点が0 点:正常

3点以上ある方は、一度外来へ相談に行ってみることをおすすめします。

女性版:新久里浜式アルコールスクリーニングテスト

アルコール依存症 女性版:新久里浜式アルコールスクリーニングテスト

以下の8の項目について質問します。
チェックしたところに記載されている点数を合計してください。

質問項目

最近6か月の間に以下のようなことがありましたか?

❶お酒を飲まないと寝付けないことが多いですか?
はい(1点) いいえ(0点)

➋医師からアルコールを控えるようにと言われたことがありますか?
はい(1点) いいえ(0点)

❸せめて今日だけはお酒を飲むまいと思っていても、つい飲んでしまうことが多いですか?
はい(1点) いいえ(0点)

❹お酒の量を減らそうとしたり、お酒を止めようと試みたことがありますか?
はい(1点) いいえ(0点)

❺飲酒しながら、仕事、家事、育児をすることがありますか?
はい(1点) いいえ(0点)

❻あなたがしていた仕事を周りの人がするようになりましたか?
はい(1点) いいえ(0点)

❼お酒を飲まなければいい人だとよく言われますか?
はい(1点) いいえ(0点)

❽自分の飲酒についてうしろめたさを感じたことがありますか?
はい(1点) いいえ(0点)

それでは、点数を合計してみてください。

判定

❖合計点が3 点以上:アルコール依存症の疑いあり
❖合計点が1~2 点:要注意(質問項目6 番による1 点のみの場合は正常)
❖合計点が0 点:正常

合計点が3点以上の方は、外来に相談へ行ってみることをおすすめします。

CAGEテスト

他にも簡単に、アルコール依存症かどうか確認する方法があります。

質問項目

①飲酒量を減らさなければならないと感じたことがあるか

②他人があなたの飲酒を非難するので気にさわったことがあるか

③自分の飲酒について悪いとか申し訳ないと感じたことがあるか

④神経を落ち着かせたり二日酔いを治すために、「迎え酒」をしたことがあるか

判定

2項目以上当てはまるときには、アルコール依存症の可能性があると言われています。

アルコール依存症の治療内容

アルコール依存症 アルコール依存症の治療内容

アルコール依存症の治療には入院治療が行われます。
しかし全てがすべて入院治療になるわけではありません。

何かアルコールに関係する問題をかかえてはいるけれど、依存症にまではなっていないとされるプレアルコホリズムと呼ばれる状態の方や、医師の指示に従って生活改善をしていくことができる場合には外来で治療が行われます。

入院の場合は、3段階の治療がすすめられます。

1) 解毒治療:
体とこころに起きている合併症の治療と、離脱症状の治療。

2) リハビリ治療:
個人精神療法や集団精神療法で、本人に飲酒問題の現実を認識して断酒の決断へと導く。
退院後のリハビリ治療を視野にいれて自助グループへの参加なども始める。
本人や家族に十分な説明をしたうえで抗酒薬の投与も開始する。

3) 退院後のアフターケア:
a) 病院・クリニックへの通院、b) 抗酒薬の服用、c) 自助グループへの参加、という「アフターケアの三本柱」を継続する。

1) の解毒治療は一般病院で行うことも充分可能ですが、2) リハビリ治療と3) 退院後のアフターケアはアルコール依存症の治療のノウハウをもつ専門施設にゆだねるのがよいでしょう。

また、プレアルコホリズムの場合には、症状や本人の生活環境などを考慮して外来治療が可能な場合もあります。

引用元: www.mhlw.go.jp

最終更新日: 2016-09-05

タグ:
アルコール依存症 ストレス 糖尿病

記事に関するお問い合わせ

「アルコール依存症」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。