1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 妊娠・出産 >
  4. 歯周病 >
  5. 歯周病が早産の原因に!?妊娠中の歯科受診の必要性とは

歯周病が早産の原因に!?妊娠中の歯科受診の必要性とは

妊娠中は、口腔内が酸性に傾くことや偏食になること、ホルモンバランスなどの影響により、通常時と比べて虫歯歯周病などの口腔内のトラブルを起こしやすいです。 その理由と、妊婦さんが歯科を受診することの必要性についてご説明致します。

妊婦の歯周病と、早産のリスク

歯周病 妊婦の歯周病と、早産のリスク

妊娠中は歯周病になりやすい

歯周病 妊娠中は歯周病になりやすい

歯周病とは、歯を支えている歯茎や歯槽根といわれる、歯の周りにある骨の部分が壊されていく病気のことです。

・歯肉の腫れ
・歯肉からの出血
口臭
・歯がグラつき
などの症状があります。

妊娠すると、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が増加します。
エストロゲンは口腔内にも分泌されます。
すると、エストロゲンを好む歯周病の原因菌が通常時よりも増殖しやすくなります。

また、妊娠時はつわりの影響で歯磨きを十分に出来なかったり、胃酸や偏食の影響で口腔内が酸性に傾いたりします。
その結果、口腔内は歯周病菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。

なぜ妊婦さんが歯周病になると、早産のリスクが高くなるの?

歯周病 なぜ妊婦さんが歯周病になると、早産のリスクが高くなるの?
出典:www.nishidc.com

妊娠によって引き起こされる歯周病のことを「妊娠性歯肉炎」と言います。

歯周病になると、歯を支えている歯茎に炎症がおきます。
炎症が起きた部分にはサイトカインといわれる炎症性の細胞間物質が出されます。

歯周病菌やサイトカインが血管内に入り込み、子宮まで到達すると、子宮収縮作用のあるプロスタグランディンと言われる生理活性物質の分泌を促進させてしまいます。
子宮収縮が促進されることで、早産のリスクが高まってしまうのです。

●歯周病と早産の関係
アメリカの研究結果では、早産、低出生体重児のリスクは、タバコや年齢などの要因よりも歯周病の方が高く、7.5倍も! 初産になると8倍近くになる。

(Offenbacherら:J Periodontol,67:1103-1113,1996改変引用)

引用元: www.premama.jp

妊婦さんは歯科受診を受けましょう!

歯周病 妊婦さんは歯科受診を受けましょう!
出典:doclabo.jp

早産のリスクを回避するためにも、産後赤ちゃんに歯周病菌を移さないためにも、妊婦さんは歯科受診をすることをお勧めします。

妊婦さんの歯科受診の時期

妊娠中、歯科受診を受けてはいけない時期というのはありません。

しかし妊娠初期は安定期に入っていないことや、つわりなどの影響で口腔内に器具が入ることはとても苦痛に感じてしまいます。
出産間近の時期は治療の間も、同一姿勢でいることが負担になることも考えられます。

そのため受診する時期としては妊娠が安定する妊娠中期である、5~7カ月頃をお勧めします。

さいごに

歯周病は自分では気付かないうちに進行している可能性もあるため、中期に入ったらまず一度プロの目で診てもらうことで、安心できますね。
的確なブラッシングの指導も受け、歯周病を予防するようにしましょう。

妊娠を望んでいる方も、妊娠前の準備としてまず歯科受診をされてみてはいかがでしょうか?

最終更新日: 2016-11-06

タグ:
歯周病 妊娠悪阻(つわり) う歯(虫歯) 口臭

記事に関するお問い合わせ

「妊娠・出産」に関する記事

妊娠・出産の記事は他にも多数!

【胞状奇胎の手術・治療法まとめ】治療後は妊娠可能?診断で見られるhCG値とは?
【胞状奇胎の手術・治療法まとめ】治療後は妊娠可能?診断で見られるhCG値とは?
妊娠高血圧症候群ってどんな症状なの?原因や症状、予防法を知ろう!!
妊娠高血圧症候群ってどんな症状なの?原因や症状、予防法を知ろう!!
完全母乳はいつからできる?割合や完母のメリット・デメリット、オッパイトラブルなど
完全母乳はいつからできる?割合や完母のメリット・デメリット、オッパイトラブルなど
とにかく安静にすることが大切!「切迫早産」での過ごし方。自宅安静のススメ。
とにかく安静にすることが大切!「切迫早産」での過ごし方。自宅安静のススメ。
陣痛促進剤はいつから使う?副作用など自然分娩との違いを検証!
陣痛促進剤はいつから使う?副作用など自然分娩との違いを検証!

「歯周病」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。