1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. 家族が原因でうつ病になるケースと対処法

家族が原因でうつ病になるケースと対処法

うつ病が発生する原因には様々ありますが、その一つに家族があげられます。家族からの言葉がプレッシャーで、うつ病が発生することもあります。今回はそんな家族が原因のうつ病における発症のケースや、発症してしまった時の対処法などについてご紹介します。

うつ病とは

うつ病とは、簡単にいうと脳のエネルギーが不足した状態です。
なんだかやる気が起きなかったり、気分が落ち込んだりします。

うつ病は心だけに症状が現れるのではなく、頭痛や疲れなど体にも症状は現れます。

このような状態にあっても、本人は心の症状にはなかなか気づかず、体の不調を訴えて病院に行って初めてうつ病と診断される、というケースが多いようです。

うつ病の原因

うつ病(大うつ病性障害) うつ病の原因
出典:e-doc.xii.jp

うつ病は何が原因になって起こるのでしょうか。
原因は大きく環境要因と身体的要因に分けることができます。

環境要因

その人を取り囲む環境が原因でうつ病になるケースです。
これに該当するケースには、幼少期に両親から暴力を受けたというトラウマ、職場や学校の人間関係のトラブル、家族との関係の悪化などがあります。

身体的要因

こちらは慢性的な疲労もうつ病を発症する原因になります。

また、産後うつや更年期うつに代表されるようにホルモンバランスの乱れもうつ病の原因になりえます。

家族が原因でうつ病になるケース

うつ病(大うつ病性障害) 家族が原因でうつ病になるケース

一般に、家族によるサポートは、うつ病の治療に非常に重要です。
例えば、学校での人間関係が原因でうつ病を発症した子どもの場合、家にいて家族とふれあう時間が休養の時間となることも多いのです。

その他の原因にしても、家族のうつ病に対する理解や、治療へのサポートが得られるかどうかが、うつ病の治療において大事になってきます。

しかしうつ病になる原因には、家族が原因になるケースもあります。

期待するあまりプレッシャーをかけてしまう

うつ病(大うつ病性障害) 期待するあまりプレッシャーをかけてしまう

例えば、受験を控えた子どもと親との関係がうつ病を引き起こすことがあります。

このようなケースでは、親が子どもに過度な期待をしてしまうことが目立ちます。

親が子どもを良い学校に入学させたいという気持ちから、子どもの気持ちを無視して、一方的な期待を子どもに向けます。
その結果、子どもは親からの過度なプレッシャーに耐え切れず、精神的に不安定になってしまうケースがあります。

本人を否定するような言動

うつ病(大うつ病性障害) 本人を否定するような言動
出典:haha.tokyo

ま家族からの不用意な言動が、うつ病を発症する原因になることもあります。

例えば、親にそのつもりはなくても、フリーターをしている子どもに対して、「早く働かないの?」などと、当人の現状を否定してしまうような言動です。

当人は現状でも頑張っているつもりでも、まだ頑張らなければならないという気持ちになります。
しかしうつ病になるような人は、元々頑張り屋さんが多いので、これ以上どう頑張っていいかわからない、というように気持ちがいっぱいいっぱいになり、うつ病を発症してしまいます。

対処法

家族が原因でうつ病になってしまった場合、家族にできるのはうつ病を知り、受け入れることです。

他には当人が必要としていること、例えば病院への通院の際の費用面などを工面してあげましょう。
ただし、過度な干渉は禁物です。

環境が改善できない場合は、入院も考慮しましょう。
最近では、2週間程度の短期間の入院も可能です。

その間に環境を整える努力をするようにしてください。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) 双極性障害(躁うつ病)

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。