1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. お腹の病気・症状 >
  4. 急性虫垂炎 >
  5. 虫垂炎(盲腸)って大人でもなるの?原因・症状・治療・入院期間は?

虫垂炎(盲腸)って大人でもなるの?原因・症状・治療・入院期間は?

虫垂炎は子どものころだけ起こる病気だと思っていませんか? 虫垂炎の好発年齢は6歳~30歳と幅広く、子供でも大人でもかかる病気です。ただし、子供が虫垂炎になった時は大人以上の注意が必要です! ここでは虫垂炎とはどんな病気なのか、原因・症状・治療・入院期間などについて紹介します。

なぜ虫垂炎を盲腸と呼ぶの?

急性虫垂炎 なぜ虫垂炎を盲腸と呼ぶの?
出典:www.med.or.jp

一般的には盲腸と呼ばれていますが、正式な名称は「虫垂炎(ちゅうすいえん)」と言います。
そもそも盲腸とは、腸の一部の名前のことで、虫垂はそこに「虫のような形で垂れ下がっている」部分のことを指します。

以前は虫垂炎のことを「盲腸炎」とよんでいたこともあり、その名残で「盲腸」と呼ばれることがあります。

虫垂炎の原因は?

急性虫垂炎 虫垂炎の原因は?

原因不明の病気です。

いろいろな説はありますが、一説によると糞石(ふんせき)と呼ばれる硬い石のような便や異物などによって虫垂の入り口部分が閉鎖されたり、狭くなってしまったりすることによって起こるとされています。

その結果虫垂の中の細菌が感染を起こして、炎症が起こるというわけです。

虫垂炎は、右下腹部に痛みが起きると一番初めに疑われる病気になります。

虫垂炎の症状は?

急性虫垂炎 虫垂炎の症状は?

主に「嘔吐・腹痛・発熱」と言った症状が見られます。

吐き気や嘔吐、胃の辺りやお腹の痛みから始まり、発熱や右側の下腹部分の痛みといった症状が見られます。
この右下腹部の痛みには、押さえるときよりも、押さえて離した時の方の痛みが強いという特徴があります。

幼児期以下の子どもに起こる虫垂炎は、診断の時にすでに炎症を起こしている部分に穴が空き、お腹の中に炎症を起こす「穿孔性腹膜炎」になっていることがあるのです。

さらに自分の症状を相手に上手く伝えることができないため、さらに重症化することがあります。

早めに病院へ連れていきましょう。

虫垂炎の治療は?

症状から脱水を起こしている可能性が高いため点滴などの全身管理をします。
症状が軽い場合は手術をせずに抗生剤の点滴で治ることもありますが、原則として虫垂を切る手術を行います。

手術の方法としては2種類あります。
「開腹手術」といってお腹を切って手術をする方法と、「腹腔鏡手術」といって、お腹に小さな傷を作ってそこから器具を入れて手術する方法があります。

急性虫垂炎 虫垂炎の治療は?

手術の後はベッドで安静にし、いつから水が飲めるのか?食事をとることができるのか?動いていいのか?お風呂はいつから入れるのか?など、いくつか守ってほしいことを看護師が説明してくれます。

腹腔鏡手術の場合は、3日ほどで退院できます。
開腹手術でも1週間ほどで退院できますが、腹膜炎を起こしている場合などは長く治療が続きます。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
急性虫垂炎

記事に関するお問い合わせ

「お腹の病気・症状」に関する記事

お腹の病気・症状の記事は他にも多数!

胃酸過多の原因と症状とは?効果的な薬とツボを使った治し方についても解説!
胃酸過多の原因と症状とは?効果的な薬とツボを使った治し方についても解説!
生理がこない!?無月経の原因や症状とは?治療法や検査方法まとめ
生理がこない!?無月経の原因や症状とは?治療法や検査方法まとめ
子宮内膜症の治療や検査方法とは?手術の費用や入院期間はどのくらい?
子宮内膜症の治療や検査方法とは?手術の費用や入院期間はどのくらい?
もしかしたら妊娠のサインかも?不正出血と着床出血の違いとは
もしかしたら妊娠のサインかも?不正出血と着床出血の違いとは
【子宮外妊娠】つわり・痛み・出血の症状を解説!異常妊娠時のhCG値はどのくらい?
【子宮外妊娠】つわり・痛み・出血の症状を解説!異常妊娠時のhCG値はどのくらい?

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。