1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 頭の病気・症状 >
  4. 認知症 >
  5. 「認知症」は病名じゃないって知っていましたか?

「認知症」は病名じゃないって知っていましたか?

最近は多くのメディアで認知症という言葉を耳にするようになりました。 しかし、実は認知症は病名ではありません。 ここでは意外と知られていない認知症の事を解説していきます。

認知症とは

厚生労働省によると、認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」とされています。

つまり認知症は物忘れや理解・判断力が低下した状態のことであり、これらは症候群と言われています。

症候群と言っても耳慣れない言葉かもしれません。
簡単に説明すると、例えば風邪は感冒症候群と呼ばれるものであり、咳や発熱などの一般的に風邪と言われて想像する状態をまとめて表す言葉です。

それと同じように認知症も物忘れなどの症状が合わさった状態のことで、その原因として様々な病気があるのです。

認知症の原因となる病気

1.認知症の原因疾患として最も多い中枢神経変性疾患

認知症を引き起こす病気は、脳以外に原因があるものを合わせると100種類以上あると言われています。

その中でも知られているアルツハイマー型認知症や、最近CMなどでも耳にするレビー小体型認知症は変性疾患と言われる脳の神経が変化することで起こる病気です。

1)アルツハイマー型認知症
2)レビー小体型認知症
3)前頭側頭葉型認知症

2.変性疾患に次ぐ原因である血管性認知症

脳の血管が詰まったり、逆に破裂して出血などをした場合、脳に損傷が現れ認知症を引き起こすことがあります。
これらは血管性認知症と呼ばれます。

1)脳梗塞
2)脳出血
3)慢性硬膜下血腫

3.それ以外に認知症を引き起こす病気

上記以外にも様々なことが原因で認知症は引き起こされます。
中には一時的な認知症を生じているだけで、原因を取り除けば症状が改善するものもあります。

1.正常圧水頭症
脳と脊髄を流れる脳脊髄液が滞ることで認知症が生じる病気です。
これは、流れを正常にすることで認知症の改善が期待できます。

2.欠乏症や中毒症
ビタミンB12が欠乏したり、慢性のアルコール中毒や薬物中毒での認知症が出現することがあります。

3.その他のもの
さらには神経感染症、自己免疫疾患、内分泌の異常など、数え上げるときりがないほど認知症の原因となる病気は存在します。

意外に知らない認知症

名前はよく耳にするが「認知症」ついて知らないことは意外に多いのが現状です。
これから認知症の人たちを支える社会を作るために、まずは認知症を知ることが第一歩であり大切なことではないでしょうか。

最終更新日: 2016-09-10

タグ:
認知症

記事に関するお問い合わせ

「認知症」に関する記事

認知症についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

悩まないで相談!こんなにあった認知症の飲みやすい薬
悩まないで相談!こんなにあった認知症の飲みやすい薬

「頭の病気・症状」に関する記事

頭の病気・症状の記事は他にも多数!

頭痛と熱や吐き気・嘔吐が一緒に出ると危ない?考えられる病気とは?
頭痛と熱や吐き気・嘔吐が一緒に出ると危ない?考えられる病気とは?
レビー小体型認知症に治療法とは?どんな診断基準があるの?
レビー小体型認知症に治療法とは?どんな診断基準があるの?
ナルコレプシーと診断されたら…治療費はどのくらい?薬や治療法まとめ
ナルコレプシーと診断されたら…治療費はどのくらい?薬や治療法まとめ
ムズムズして眠れないむずむず脚症候群!原因や治療、自宅でのチェックや対処を紹介
ムズムズして眠れないむずむず脚症候群!原因や治療、自宅でのチェックや対処を紹介
ダウン症の患者さんは同じ顔?特徴的な顔つきを写真で紹介!
ダウン症の患者さんは同じ顔?特徴的な顔つきを写真で紹介!

「認知症」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。