1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. オーラルケア >
  4. う歯(虫歯) >
  5. 歯間ブラシの正しい使い方 歯ブラシだけでは歯垢は落としきれない!

歯間ブラシの正しい使い方 歯ブラシだけでは歯垢は落としきれない!

歯周病虫歯予防に大事なのは、歯に対する日頃のケアです。 しかし歯ブラシとフロスだけでは、歯垢を十分に取ることはできません。 そこで登場するのが歯間ブラシ。歯ブラシでは届かないプラークをしっかりと取り除きましょう。 ここでは、歯間ブラシの使い方について紹介します。

歯間ブラシはなぜおすすめ?

歯垢は食べかすの磨き残しによって発生します。
歯垢を除去するには「歯ブラシ」「デンタルフロス」「歯間ブラシ」をつかった方法があります。

歯ブラシ

歯に付いた歯垢を取ることはできるが、効果は主に歯の表面。

デンタルフロス

糸状のものを歯と歯の間に通すことで、詰った歯垢を取ることが出来る。

歯間ブラシ

歯ブラシのように毛先が束になっている小さなブラシ状のものを歯と歯肉の間にある歯垢を取ることができる。

プラークを取り除く確率がアップ

デンタルフロスは虫歯予防、歯間ブラシは歯周病予防に効果的です。
冒頭でも説明しましたが、歯ブラシとフロスだけでは歯垢をしっかりと除去することができていません。

歯の磨き方でどれくらいの差があるのでしょうか?

う歯(虫歯) プラークを取り除く確率がアップ
出典:jp.sunstar.com

それぞれの歯磨きの方法の違いによる歯垢除去の確率は日本歯科保存学会によると以下の通りとなっています。

歯ブラシだけの場合         :61%
歯ブラシとフロスの場合       :79%
歯ブラシとフロスと歯間ブラシの場合 :85%

当然のことながら丁寧に手をかけてあげればその分しっかりと歯垢を落とすことができるのです。

口臭予防

う歯(虫歯) 口臭予防

プラークにより歯ぐきに炎症が起きると、きつい口臭が発生します。
また、プラークが溜り歯石になるとさらに磨きにくくなり、より多くプラークが付きやすくなるという悪循環に陥ります。

歯間ブラシを使ってできるだけプラークを取り除いてあげることで、歯石化するのを防ぐことができます。

歯間ブラシの選び方

❶歯間の幅にあったサイズを選びましょう。

サイズは、大きい方からLL・L・M・S・SS・SSSと6つのサイズがあります。
まずはSサイズから使用して、自分の歯間にあったものを使うようにしましょう。

う歯(虫歯) 歯間ブラシの選び方
出典:www.gcdental.jp

➋歯間ブラシは3タイプ

その形から、アングル(L字型)・ストレート(I字型)・カーブの3タイプに分かれています。

前歯にも奥歯にもオールマイティに使えるのがアングルタイプになります。
ストレートタイプも使っているとだんだん上手く使えるようになるので、自分にあった方を選ぶようにしましょう。

左4つがI字型 右2つがL字型

左4つがI字型 右2つがL字型

出典:www.dent8020.net
カーブ型

カーブ型

出典:www.ayu-inc.com

歯間ブラシの使い方

❶えんぴつを持つように、やさしく握って使います。

➋鏡で歯間を見ながらブラシを挿入し、優しく前後に数回動かします。
上の歯の時には下向きに、下の歯の時には上向きに挿入し、歯肉を傷つけないようにしましょう。

う歯(虫歯) 歯間ブラシの使い方

❸歯間ブラシは外側からと、内側の両方から差し込んで磨きましょう。

❹使い終わったら、水でしっかりとプラークを洗い流して乾燥させましょう。

歯間ブラシの買い替え時期は?

歯間ブラシは使い捨てではありません。
ブラシの毛先が少なくなったり、乱れてきたりしたときに交換しましょう。

う歯(虫歯) 歯間ブラシの買い替え時期は?

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
う歯(虫歯) 歯周病 口臭

記事に関するお問い合わせ

「う歯(虫歯)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。