1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 口内炎 >
  5. 口内炎で病院に行くべき!?

口内炎で病院に行くべき!?

口内炎って病院行くほどの病気なの?その判断についてやセルフケアの対処や予防について説明します。

口内炎になったらどうしてますか?

口内炎になったら病院へ行く人もいれば、自然に治るのを待つ人、市販の薬を買って治療する人とそれぞれだと思います。

症状が軽い場合は、食生活の改善やストレスの軽減などで様子をみるのも市販の薬を使い、早期に症状を軽減するのもよいです。
もちろんすぐに病院を受診するのもよいです。
症状が長引く場合や、普段とは何か異なる症状を感じた場合は、すぐに専門医を受診してください。

病院への受診を考えるべき状態とは?

口内炎 病院への受診を考えるべき状態とは?

・症状が口の中全体もしくは唇や口周辺へも広がっている場合
・発熱や全身倦怠感を伴う場合
・症状が10日以上続く場合

上記にあてはまる場合には、感染症やほかの病気の一症状である可能性があるので、歯科・口腔外科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。

セルフケアできる状態とは?

口内炎 セルフケアできる状態とは?

他に持病がなく、口内炎が1カ所に限定してできている場合は、セルフケアで様子をみてもよいです。
自然に治るのを待つ人も多いようですが、生活環境の改善を行い、ビタミン剤(特にビタミンB2やB6、Cは病院でも処方されるケースが多い)を活用して栄養バランスを整えるほか、つらい症状には内服薬・塗り薬・貼り薬・うがい薬などのOTC医薬品を薬局で購入して使用してください。
薬剤師さんに相談すればどういった薬を選べばよいか教えてくれます。

口内炎の予防に大事なことは?

①バランスのよい食事
食生活が乱れているとビタミン不足で、口内炎が発生することがあります。
緑黄色野菜たっぷりのバランスのとれた食生活が大事です。
また、サプリメントなどでビタミンB2・B6・Cを積極的に補って、免疫力を高めることも大事です。

②免疫力を上げよう
風邪や疲れなどで免疫力が落ちていると口内炎ができやすくなります。
ストレスや疲れを感じたら十分な休息、夜更かしや不規則な生活を送らないようにすることが大事です。
生活環境の変化もストレスになる場合があります。
気持ちも体もリフレッシュさせることが有効です。

③口の中を清潔に保とう
食後には、歯磨きやうがいをして、できるだけ口内を清潔に保ち、歯磨きの際は、口の中の粘膜を傷つけないように注意が必要です。
口の中が乾いていると粘膜の免疫力が低下し、口内炎になりやすいと言われています。
水やお茶で口の中を潤わせたり、あめやガムなどで唾液を分泌させることも有効です。

基本は何事も予防することが大事ですが、それでも口内炎ができたときは市販薬を使用してみてください。
今では、市販薬もお医者さんが処方してくれる薬と同じ成分の薬があるので、薬局で薬剤師に相談するとよいでしょう。
そこで、受診を勧められるようなら病院へ行きましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
口内炎 ストレス

記事に関するお問い合わせ

「口内炎」に関する記事

口内炎についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

白い口内炎が治らない...  これって危険?
白い口内炎が治らない... これって危険?

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「口内炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。