1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 血管の病気・症状 >
  4. 高血圧 >
  5. 高血圧は放っておいてはいけない!高血圧が「沈黙の殺人者」と呼ばれるわけ

高血圧は放っておいてはいけない!高血圧が「沈黙の殺人者」と呼ばれるわけ

高血圧には別名があることをご存知ですか? それは、サイレントキラー「沈黙の殺人者」です。 ここではどうして高血圧にこのような別名がついているのかご説明します。

高血圧には症状がないことが一般的

高血圧というと「頭がガンガンするんじゃないの?」と思うかもしれませんが、それは急激に血圧が上がった場合です。

一般的には高血圧といっても症状がないことがほとんどなのです。
血圧は年齢を重ねるごとにジワジワと上がってくることが多く、症状が出にくいので気が付かないことがあります。
また、症状がないので放っておいても大丈夫と思っている人も少なくないようです。

しかし高血圧の放置はとても危険です。

高血圧を放置したら、どうしていけないの?

高血圧 高血圧を放置したら、どうしていけないの?

高血圧は上が140mmHg、下が90mmHgを超える血圧のことを言います。
その値を超えると、血管に負担がかかります。
負担がかかったまま放置していると、血管の内膜に傷がついてしまうのです。

血管は内側から内膜、中膜、外膜で構成されていて、内膜のさらに内側に内皮細胞が存在します。
この内皮細胞はフィルターの役割をしていて、必要な栄養素だけを送り込むようになっています。

しかし高血圧でこの内皮細胞に傷がついてしまうと、内皮細胞の内側にコレステロールなどが入り込んでしまいます。
そうして血管内が盛り上がった状態を「動脈硬化」とよんでいます。

高血圧を放置していると動脈硬化を起こしてしまうので、非常に危険なわけです。

動脈硬化がどうして危険なの?

高血圧 動脈硬化がどうして危険なの?

ではどうして動脈硬化が危険なのでしょう?

まず動脈硬化によるふくらみで、血流が悪くなってしまいます。
心臓の血管に動脈硬化が起こっていると想像してみましょう。
その血管の先にはあまり酸素が届かなくなってしまいます。

動いたときにに酸素が足りなくなって胸の痛みが出る狭心症にはそういった原因があるのです。

動脈硬化が突然破れてしまうこともあります。
体は止血をしようと血小板が集まってきて血を止めます。
でもその結果、血管を塞いでしまうことがあるのです。
心臓の血管で起こると心筋梗塞、脳の血管で起こると脳梗塞です。

血小板が集まって出血が運よく止まったとしましょう。
なんとか血流も保てました。
しかし、そのかさぶたが剥がれて血流で流されて小さい血管で詰まってしまうということもあるのです。

心臓血管や脳血管だけでなく、腎臓の血管も高血圧の影響を受けやすいと言われています。
腎不全などの深刻な問題を起こすことがわかっています。

35歳を過ぎたら血圧を測る習慣をつけよう

以上のように高血圧そのものには症状がないことが多いです。
だからといって放置していると動脈硬化という怖い血管の病気を引き起こし、それが心臓疾患、脳血管障害、腎臓障害などの深刻な合併症を引き起こします。

その合併症が時に致命傷となることから、高血圧には「沈黙の殺人者」サイレントキラーという別名があるのです。

血圧は加齢とともに上昇していきます。
年1回の健診での血圧測定で安心をするのでなく、できれば家庭血圧計を購入して毎朝測定する習慣をつけることが理想でしょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
高血圧 動脈硬化

記事に関するお問い合わせ

「血管の病気・症状」に関する記事

血管の病気・症状の記事は他にも多数!

めまい、立ちくらみを感じる起立性低血圧とは?原因、症状、治療法まとめ
めまい、立ちくらみを感じる起立性低血圧とは?原因、症状、治療法まとめ
冷え性の原因とは?気をつけたい症状とおすすめの対策法まとめ
冷え性の原因とは?気をつけたい症状とおすすめの対策法まとめ
深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)とは?症状や原因、予防法のまとめ
深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)とは?症状や原因、予防法のまとめ
貧血の検査に重要な4つの数値。原因や症状、Hb(ヘモグロビン)について。入院は?
貧血の検査に重要な4つの数値。原因や症状、Hb(ヘモグロビン)について。入院は?
【写真・画像付き】川崎病ってどんな病気?原因、症状、治療法を徹底解説!
【写真・画像付き】川崎病ってどんな病気?原因、症状、治療法を徹底解説!

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。