1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. うつ病の治療薬強さと副作用リスク一覧!どれが効果的?

うつ病の治療薬強さと副作用リスク一覧!どれが効果的?

うつ病の治療薬にはさまざまな種類があり、患者の症状によって医師からの処方もそれぞれ違います。 ここではうつ病の治療薬はどのような使い分けをされ、どれほどの強さなのか、一覧とともに解説していきます。

うつ病の治療薬は「心」に作用するのではない

うつ病(大うつ病性障害) うつ病の治療薬は「心」に作用するのではない
出典:www.gatag.net

うつ病の治療薬は、脳内の機能が病的になり、落ち込みが激しくなるなどの精神的な症状を発症した場合に脳内の環境を調整する役割があります。

うつ病の治療薬を服用することに抵抗を感じる方も多いと思いますが、治療薬は脳内の神経伝達系などの実態のあるものに作用する薬なので有効性に優れ、重要なものとされているのです。

うつ病の治療薬にはどんな種類がある?

うつ病の治療薬の種類は開発されてから古い順番に、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAとなっていて、化学構造や作用などによって分けられています。

新しく開発された治療薬の方が治療効果も高く、副作用も少ないとされています。

三環系

三環系の治療薬は最も古く、1950年代から使われ始めました。

強力な抗うつ作用がある反面、副作用も多い薬とされています。
重篤な副作用を起こす場合もあるので、現在では他の抗うつ剤が効かない場合や、重症の場合に限って使用される治療薬です。

四環系

三環系より安全性や即効性も高くなるように改善されたのが四環系の治療薬です。
しかし眠気が強くなるものが多く抗うつ作用は弱いので、不眠の症状が強いうつ病程度への処方となっています。

SSRI

うつ病(大うつ病性障害) SSRI

現在、うつ病の治療の第一選択となっている治療薬です。
気分に影響を与える神経伝達物質(モノアミン)にはセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどがありますが、セロトニンを選択的に作用するように開発されました。

主にセロトニンの再取り込みを阻害し、その他にはあまり作用しないのでこれまでのうつ病の治療薬に比べて副作用が少なく、重篤な副作用がほとんどなくなりました。

(商品名)
・ルボックス
・デプロメール
・パキシル
・ジェイゾロフト
・レクサプロなど

SNRI

うつ病(大うつ病性障害) SNRI
出典:pharmanet.biz

SSRIと同じく現在のうつ病治療の第一選択であり、効果と副作用のバランスが取れている治療薬とされています。

意欲低下が主体のケースや精神的な原因の痛みを感じるケースに使用されます。
こちらはセロトニンだけでなくノルアドレナリンも増やす効果があり、作用機序としてはセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することとなっています。

(商品名)
・トレドミン
・サインバルタなど

NaSSA

うつ病(大うつ病性障害) NaSSA
出典:pharmanet.biz

SSRIやSNRIと違って、セロトニンとノルアドレナリンの分泌を増やすことによって効果を発揮する治療薬です。
そのため、他の2つの治療薬が合わなかった場合にも効果が期待できるものです。

ただし抗うつ作用も強い一方で、四環系から開発された治療薬のため眠りを深くする作用が強い薬とされています。
体重の増加の副作用もやや多いので、服薬が中断されるケースもあります。

(商品名)
・リフレックス
・レメロンなど

新旧のうつ病の治療薬を比較してみると

開発された順番が新しい治療薬ほど効果が高く、副作用が少ないとされていることから、効果の高さと副作用の可能性の高さで比較した結果は次のようになります。

・効果の強さ
三環系≧SSRI=SNRI=NaSSA>四環系

・副作用が起こる可能性の高さ
三環系>四環系>SSRI=SNRI=NaSSA

このような点からも、うつ病の治療薬を使う時には新しい治療薬(SSRI、SNRI、NaSSA)から使うようにするのが原則となっています。

うつ病の治療薬の強さと副作用のランキング

新しい治療薬の強さと副作用のランキングに「MANGA study」という一覧があります。
この一覧には賛否両論ありますが、このような結果も治療薬の選択の参考とされています。

うつ病(大うつ病性障害) うつ病の治療薬の強さと副作用のランキング

この一覧は、有効性(効果)と忍容性(副作用の可能性の低さ)で治療薬を評価しています。

日本ではまだ発売されていない「フルオキセチン」という治療薬を「1」とした場合に、他の治療薬はどのくらいに値するのか評価しています。

新しい治療薬が必ずしも合うとは限らない

うつ病(大うつ病性障害) 新しい治療薬が必ずしも合うとは限らない

しかしながら新しいうつ病の治療薬が必ずしも優れているとは言い切れません。
昔から使われている薬の方が、新しい薬より医療費の負担が少なくて済むのが一般的です。

さらに治療薬の効果も人それぞれに差が見られることもあり、人によっては昔からある治療薬の方が効果が高い場合もあるのです。

うつ病の治療薬を服用している際に自己判断で服用を止めてしまうと完治が遅れる原因になり、再発を招くことにもつながります。

治療薬を止めたい場合や、自分に合っていないと思った場合などは必ず医師に相談するようにしましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害)

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。