1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 肥満 >
  5. 50代に最適なダイエット方法とは?まずは食事の仕方を見直そう

50代に最適なダイエット方法とは?まずは食事の仕方を見直そう

50代になってくると、ダイエットするのもなかなか大変です。代謝が落ちてしまっているため、若いころと同じだけ食べていると太ります。また、運動しようにも体がいうことを聞かないという人も多いことでしょう。 しかしどうしてもダイエットしたい、という人もいらっしゃると思います。そこで今回は、そんなハンディーだらけの50代でも、ダイエットできる方法を食事の面からご紹介します。

50代がダイエットしても結果が出にくい理由

ホルモンバランスが乱れている

肥満 ホルモンバランスが乱れている

50代になるとほとんどの方が閉経し、ホルモンバランスは大きく変化します。
女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、脂質の代謝などに関与するものです。

エストロゲンがしっかりと分泌されていると、脂質をきちんと代謝できるため太りにくくなります。

しかし50代以降になると閉経によりエストロゲンの分泌が低下してしまいます。
ですからダイエットの効果がなかなか現れにくく、以前より太りやすくなるのです。

基礎代謝量が低下している

肥満 基礎代謝量が低下している

また50代では、基礎代謝量が低下してしまっています。
基礎代謝量とは、内臓を動かしたり、血液を送ったりなど、意識的に身体を動かさなくても消費しているカロリーのことです。

若いころよりもたくさん食べているわけでもないのに、以前よりも太りやすくなった、と感じる方も多いかもしれません。
残念ながらそれは気のせいではなく、基礎代謝量が低下したことが原因としてあります。

基礎代謝量は筋肉量に比例します。
50代になり身体活動量の低下してしまうと筋肉量は減ってくるので、基礎代謝量が低下して太りやすい体質になってしまっています。

食事で気をつけること

食べる順番を考慮する

肥満 食べる順番を考慮する

まずものを食べる順番を考えましょう。
具体的には、食事の最初に野菜などの副菜を食べ、その後にお肉などの主菜、ご飯などの主食とつなげましょう。

食事の始めは胃が空っぽの状態で、食べ物の栄養を吸収しやすい時間帯です。
その時にまず野菜を食べましょう。

そして野菜である程度空腹の状態を緩和した後に、お肉やご飯を食べてください。
お肉やご飯に含まれる、脂肪や炭水化物などの栄養素は必要なものではありますが、過剰に摂取するべきではないものです。

そのような栄養素は、最初に野菜をしっかりと食べておくと、野菜に含まれる食物繊維の働きで体に吸収されにくくなり、排泄が促進されます。

食事の順番を変えるだけでダイエットに効果があるので、とても簡単ですね。

腹7分目くらいがちょうどいい

肥満 腹7分目くらいがちょうどいい

50代になってくると、加齢に伴って胃腸の機能が低下してきます。
その結果食べ物がいつまでも胃に残っている状態だったり、胸焼けがしたりするようになってきます。

食事のたびに満腹になるまで食べるのではなく、1回の食事では腹7分目くらいで留めておくというのが、胃腸にも優しくダイエットにも効果的です。

大豆イソフラボンを意識して摂る

肥満 大豆イソフラボンを意識して摂る

先程もご紹介しましたが、50代にもなると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減ってしまっています。
それにより脂質の代謝がうまくいかないなど、ダイエットの面でも望ましくありません。

エストロゲンと似た働きをする成分を食事から摂取しましょう。
その成分は大豆イソフラボンです。
豆乳や豆腐など大豆食品に含まれています。

これらを意識して摂取することで、エストロゲンの作用を補うことが期待されます。

おわりに

いかがでしたか?
50代のダイエットは、運動もしづらくなってきますし、非常に大変です。

今回は食事についてのみご紹介しましたが、運動も取り入れるとダイエットに効果的です。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
肥満

記事に関するお問い合わせ

「ダイエット」に関する記事

ダイエットの記事は他にも多数!

ダイエットに筋トレを取り入れてお腹やせ!効果のある筋トレ方法ご紹介!
ダイエットに筋トレを取り入れてお腹やせ!効果のある筋トレ方法ご紹介!

「肥満」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。