1. ヘルスケア情報 >
  2. コンプレックス >
  3. 円形脱毛症・薄毛・AGA >
  4. 脱毛症 >
  5. 円形脱毛症 >
  6. 男性だけじゃない!女性を悩ます脱毛症の種類別対処法

男性だけじゃない!女性を悩ます脱毛症の種類別対処法

薄毛・脱毛は男性だけでなく、多くの女性も悩む問題です。脱毛症にもさまざまな症状があり、それによって対処法も異なってきます。 今回は女性を悩ます脱毛症の種類と、その対処法について解説いたします。

女性の薄毛

ストレスやダイエット、睡眠不足、バランスの悪い食生活などによってホルモンバランスの乱れと血行不良が起きます。
これが主な原因とされています。

頭皮に張り巡らされた血管には、髪の毛に栄養を届ける役割を担っています。
ところが血管が収縮してしまうと、髪の毛には十分な栄養が行き届かなくなってしまいます。
その結果、髪の毛の成長が妨げられてしまうのです。

また年齢の経過とともに、髪の成長に必要な女性ホルモンが減少すると薄毛になることがあります。

間違ったヘアケアの習慣や、遺伝的要素が原因となっている場合も考えられます。

女性に多い脱毛症

女性が発症しやすい脱毛症を以下に挙げてみました。

女性男性型脱毛症

円形脱毛症 女性男性型脱毛症

AGA(男性型脱毛症)の女性版です。
男性ホルモンが原因で発症する脱毛症で、別名「びまん性脱毛症」といいます。

加齢による女性ホルモンの減少や生活習慣の乱れによる栄養の不足が、根本的な原因となります。

男性と女性で症状に違いが見られるため、AGAとは区別してFAGAと呼ばれることも。

「びまん」とは「全体に広がる」ことを表し、びまん性脱毛症は髪が全体的に薄くなる症状です。
薄毛で悩む女性に最も多くみられる症状がこのタイプです。

対策

症状の原因を取り除くことで改善を期待できる症状です。
そのためには、しっかりと原因を見極めることが重要です。

ストレスが過度にかかることで、ホルモンの分泌を調整する自律神経が乱れてしまい、結果ホルモンバランスの乱れを引き起こします。
ストレスを開放し、ホルモンバランスを整え、健康的な食生活を心がけるようにしましょう。

閉経後の女性はどうしても女性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。
そういったときには、女性ホルモン「エストロゲン」によく似た化学構造を持つ「イソフラボン」を摂取し補いましょう。
イソフラボンは大豆に多く含まれています。

また、過度のヘアケアも頭皮に負担を掛けるので、育毛シャンプーや育毛剤を用いた頭皮に優しい適切なヘアケアをすると効果的です。

円形脱毛症

円形脱毛症 円形脱毛症

その名の通り円形に脱毛する突発性の脱毛症です。
症状が軽い場合は、自然治癒することも期待できます。

毛周期の異常、自己免疫疾患、内分泌障害、自律神経障害などが原因として考えられてきましたが、
自己免疫疾患が原因と考えるのが一般的になっています。

自己免疫疾患(じこめんえきしっかん、英:Autoimmune disease)とは、異物を認識し排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を起こす、免疫寛容の破綻による疾患の総称。

引用元: ja.wikipedia.org

対策

日常生活ではマッサージで頭皮の血行を促進したり、発毛を促すよう毛根を刺激したりすることが効果的です。

場合によっては医療機関に相談して適切な処置を受けることを考えなくてはなりません。
軽い症状には血管を広げる作用を持つフロジン液が多く処方されますが、重い場合はステロイド外用液を塗ったり、ステロイドの注射を頭皮に行ったります。
他にも液体窒素、紫外線治療など行われ、患者に合わせた治療が行われます。

牽引性脱毛症

円形脱毛症 牽引性脱毛症

この脱毛症は、長期に渡って髪の毛を引っ張り続けることで起こります。
常に同じ部分で髪の毛を分けたり、髪に負荷のかかるポニーテールなどの髪型をしたりすると、毛根がダメージを受けます。
その結果、分け目や生え際の髪が薄くなってしまいます。

対策

定期的に分け目やヘアスタイルを変えると、髪や頭皮への負荷を分散することができ、牽引性脱毛症を防ぐことができます。

分娩性脱毛症

円形脱毛症 分娩性脱毛症

妊娠・出産によってホルモンバランスが乱れ抜け毛が増える症状が、分娩後脱毛症です。

妊娠初期などは女性ホルモンが多く分泌されていますが、出産後には分泌されていたホルモンが落ち着いてしまうため起こる脱毛とされています。

症状は一過性であることが多く、一般的には半年から1年ほどで自然に回復します。

対策

一般的には出産後しばらくたつと自然に治ります。

積極的に治療したい場合は、ホルモンバランスを整えるため、規則正しい生活、バランスの取れた食事、ストレスを溜めないことが大切です。
また、育毛に必要なカルシウムやタンパク質を積極的に摂取することも、発毛促進に効果的です。

粃糠(ひこう)性脱毛症

円形脱毛症 粃糠(ひこう)性脱毛症

直接的な原因は、頭皮に発生したフケにあります。
大量に発生したフケが毛穴を塞ぐことで頭皮に炎症を起こし、髪の成長が妨げられて発症します。

過度のシャンプーや不十分なすすぎ、ヘアカラーやパーマによる頭皮への刺激などが要因と考えられます。

対策

まずは、頭皮の炎症や痒みを抑えることが必要です。
頭皮の炎症を抑える薬を塗るようにしましょう。

頭皮の炎症や痒みが治まったら、頭皮の菌を減らす対策をします。
効果的なのが、ミコナゾール硝酸塩を配合した頭皮の菌を抑えるシャンプー。
毎日シャンプーをするだけで菌を抑制する効果があるので、皮膚科で処方される薬よりも手軽で便利です。

菌が減ってきたらアミノ酸シャンプーに変更することをお勧めします。
頭皮の環境を整えてくれるアミノ酸シャンプーには、乾燥した頭皮を保湿する働きがあります。

脂漏(しろう)性脱毛症

円形脱毛症 脂漏(しろう)性脱毛症

皮脂の分泌異常が原因の脱毛症で、過度に分泌された皮脂によって毛穴が塞がれ、頭皮が炎症を起こすことで発症します。
脂漏性皮膚炎を起こすこともあるため、医師への早めの相談が不可欠です。

対策

悪化すると化膿や痛みを伴うこともあるので、初期段階で治療することが大切です。
炎症や化膿を抑えるためには消炎症剤や抗生物質の服用が必要なので、皮膚科を受診するようにしましょう。

皮脂の分泌を抑える生活習慣を送ることも重要です。
適度な運動で代謝機能を高め、脂質の多い食事は控えるようにしましょう。

最後に

女性にとっても薄毛は深刻な問題です。
上記の症状に当てはまらなくても、早めのケアで薄毛対策をすることができます。

ストレスを溜めずホルモンバランスを良好に保つことが、いずれの症状でも予防への第一歩。
美しい髪をいつまでも保つには、毎日の食生活や生活のリズムにも気を配ることが大切です。

最終更新日: 2016-10-24

タグ:
円形脱毛症 脂漏性脱毛症(しろうせい) 瀰漫性脱毛症(びまんせい) 粃糠性脱毛症(ひこうせい) 男性型脱毛症(AGA/若ハゲ) ストレス

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。