1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. スキンケア >
  4. にきび(尋常性痤瘡) >
  5. あなたは間違っていませんか?ニキビの正しい予防法!

あなたは間違っていませんか?ニキビの正しい予防法!

ニキビの予防には洗顔が効果的です。でもゴシゴシ洗っているだけでは、かえって逆効果になってしまうことも!正しい知識を身に付けてニキビをしっかり予防しましょう!

ニキビはこうしてできる!

にきび(尋常性痤瘡) ニキビはこうしてできる!

1 毛穴が詰まる

毛穴には皮脂腺という組織があり、そこから分泌される皮脂によって皮膚や毛髪が保護・保湿されています。
しかし、その皮脂が毛穴に詰まってしまうことからニキビは始まります。

なぜ毛穴が詰まるのか、後ほど解説します。

2 毛穴に皮脂や角質がたまる

詰まった毛穴には、さらに分泌された皮脂や古くなった皮膚の細胞である角質がたまっていき、白ニキビと言われる状態になります。
そして、それがさらに進むと毛穴に収まりきらなくなり、表面から顔を出し黒ニキビと言われる状態になってしまいます。

3 炎症を起こす

皮脂腺にはもともと、皮脂を好むアクネ菌という常在菌が生息しています。
しかし、毛穴の中に皮脂が充満することによってアクネ菌が毛穴内部で過剰に増殖し、炎症を起こしてしまいます。
この状態が赤ニキビと言われる状態で、さらに膿が溜まると黄色ニキビ、血と膿が溜まると紫ニキビへと進行します。

どうして毛穴が詰まるの?

にきび(尋常性痤瘡) どうして毛穴が詰まるの?

1 皮脂の過剰分泌

皮脂は本来、皮膚や毛髪の保護・保湿の役割を担っていて必要なものですが、過剰に分泌されることで排出しきれなくなり、毛穴を詰まらせてしまいます。

その原因となっているのが男性ホルモンの過剰分泌です。
男性ホルモンの中でも分泌量が一番豊富なのがテストステロンであり、「皮脂腺を刺激する」という作用もあります。
そのため、男性ホルモンが増えている時には角質が厚くなり毛穴が狭くなるため、皮脂の過剰分泌により毛穴は塞がってしまいます。

ちなみに男性ホルモンは女性の体内でも分泌されますので、女性の方も無関係ではありません。

2 角化異常

私たちの皮膚は新陳代謝を繰り返し、古くなった角質細胞は剥がれ落ちていきますが、この角化異常が起こると剥がれ落ちずに厚く堆積してしまうため、毛穴をふさいでしまう原因となってしまいます。

正しい予防法は?

にきび(尋常性痤瘡) 正しい予防法は?

1 ストレスをためない

ストレスは、自律神経のうちの交感神経を優位に働かせてしまいます。
交感神経が働くのは、激しい運動をしている時、緊張している時、恐怖や危機を感じている時などです。

すると男性ホルモンの分泌が促されて、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
普段から自分なりのストレス解消法を生活の中に取り入れることが大切です。

2 睡眠不足にならない

睡眠不足もストレスと同じように交感神経を優位にしてしまいます。
また睡眠中には皮膚の新陳代謝を促すホルモンの分泌が促されるため、これが不足すると角化異常をもたらします。
規則正しい良質の睡眠を心がけてください。

3 保湿ケア

肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、それを補うために角質を厚くしようとするため、角質異常が起こりやすくなります。
洗顔後は化粧水や乳液でしっかり保湿ケアをするようにしましょう。

4 皮脂を落としすぎない

皮脂はベタつきの原因になるので、ついゴシゴシ洗うなどして全部落としたくなりますが、皮脂はもともと皮膚を守るために必要なものであり、完全に落としてしまうとバリア機能が低下するだけでなく乾燥肌の原因にもなるので、角質異常が起こりやすくなってしまいます。

5 バランスのとれた食事

動物性脂肪や糖質の摂り過ぎは、皮脂分泌を促してしまうので注意しましょう。
ビタミンBは新陳代謝の促進、肌の潤い、余分な脂を抑えてくれるなどの効果があるので、不足しないようにしっかり摂ることを心がけてください。

ビタミンBが多く含まれている食材は、うなぎ、レバー、のり、大豆、昆布などがあります。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
にきび(尋常性痤瘡) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「スキンケア」に関する記事

スキンケアの記事は他にも多数!

肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜
肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜

「にきび(尋常性痤瘡)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。