1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 鼻の病気・症状 >
  4. 鼻炎 >
  5. 辛い鼻炎の症状。鼻炎の鼻水には特徴があった!

辛い鼻炎の症状。鼻炎の鼻水には特徴があった!

鼻水が止まらない!辛い症状ですよね。もしかしたら鼻炎になっているかもしれません。鼻炎と一言で言えますが、鼻炎の中にはアレルギー性鼻炎、慢性鼻炎など色々な種類があります。また、鼻炎の場合と風邪などの上気道炎などの症状での鼻水では違いがあるのです。そこで、鼻炎の症状、や鼻水の特徴を分かりやすく解説していきたいと思います。

鼻炎の症状ってどんなもの?

アレルギー性鼻炎

鼻炎 アレルギー性鼻炎
出典:umeoka-cl.com

代表的な症状としてはくしゃみ、鼻水、鼻づまりです。

その他にも鼻で息ができなくなってしまい息苦しく感じたり、臭いが分からなくなってしまいます。

空気中にある花粉や、ハウスダストといったアレルゲン物質(原因物質)を鼻から吸い込むことで、アレルギー反応がおこります。
このアレルギー反応こそが、鼻水やくしゃみや鼻づまりなのです。

慢性鼻炎

鼻炎 慢性鼻炎

主な症状は鼻づまりになります。

そこから、鼻水、鼻水が喉に落ちてくる後鼻漏、痰、嗅覚障害、頭痛や鼻血などが現れます。

また慢性鼻炎は、単純性鼻炎と肥厚性鼻炎の2つのタイプに分けられます。

単純性鼻炎は片方の鼻づまりが生じたり、交互に鼻づまりが生じたりするタイプです。
一方の肥厚性鼻炎では常に両方の鼻づまりが生じます。

慢性鼻炎の原因は急性鼻炎が慢性化したり、市販の点鼻薬の長期使用などがあげられます。

症状は夜に酷くなる

鼻炎 症状は夜に酷くなる
出典:matome.naver.jp

症状は夜に強く現れます。

人間の体というのは、日中は交感神経、夜に副交感神経が身体を支配する仕組みになっています。

交感神経は動くための神経であり、副交感神経というのは休むための神経で、リラックスした時に働く神経です。
活発に動くときに鼻水がたくさん出ては動きにくいですし、交感神経は、鼻水の分泌を抑制する働きがあります。

そのため、副交感神経が優位になると鼻水の量は増え、鼻詰まりも強くなるということです。

また鼻の神経は、交感神経と副交感神経が切り替わる時に敏感になるという特徴があるため、夜間のほかに起床時に症状が強く表れます(モーニングアタック)。

重症化すると頭痛や頭重感そして鼻炎が原因で発熱が起こることもあります。
耳と鼻と口は繋がっているため、鼻炎が原因で子供は中耳炎になってしまったり、大人でも耳管狭窄や耳管炎を発症してしまうこともあるのです。

鼻炎を鼻だけの病気だと思って侮ってはいけません。

代表的な症状の鼻水!鼻水に特徴ってあるの?

鼻炎 代表的な症状の鼻水!鼻水に特徴ってあるの?
出典:meikaij.com

鼻水にも色々な状態があります。
風邪をひくと鼻水が症状として現れることも多いですが、鼻炎の鼻水と風邪の鼻水とでは違いがあります。

鼻炎の鼻水

鼻炎の鼻水というのは、透明でサラサラしている鼻水です。

アレルギー物質を体に入れないために、鼻水をサラサラにして流しだそうとするためです。

風邪の鼻水

風邪の鼻水というのは、回復段階によって性状が変わってきます。

はじめはサラサラしていても、身体の回復と比例して粘度が増し、黄色や黄緑など透明ではなくなってきます。

黄色や緑となってしまうのは、身体の中で白血球という細胞がウィルスと戦って死んだ死骸が鼻水として出てくるためです。

どうして鼻炎になってしまうの?鼻炎の原因は?

鼻炎の原因には様々なものがあります。

中でもアレルギー性鼻炎では人によってアレルギー反応を示す物質は違いますので、原因は数えきれません。
アレルギー以外の原因としては、以下のものが考えられます。

加齢

鼻炎 加齢

老人性鼻炎、老人性鼻漏ともいわれます。
加齢により、鼻粘膜の機能が低下したことで鼻水が止まらなくなります。

加齢による鼻炎は薬物治療の効果が効きにくく、長期的に使用する際には副作用に対する心配も出てきます。
重症な場合には、鼻水の分泌に関わる副交感神経を遮断する後鼻神経切断術手術が可能ですが、高齢者ということもあって手術は慎重に検討されます。

妊娠

鼻炎 妊娠

妊娠によるホルモンバランスの変化や免疫力の低下などから、妊娠性の鼻炎になることがあります。

妊娠によるものなので、出産とともに症状はなくなります。
妊娠中は飲めない薬も多く、点鼻薬の使用も子宮の収縮を促すこともあるため、自己判断で薬剤を使用するのは避けましょう。

空気

鼻炎 空気
出典:ganref.jp

冷気が原因の場合の鼻炎は、寒冷性鼻炎というものです。
専門用語では血管運動性鼻炎と言われています。
冷気が刺激となって、鼻水、くしゃみ、鼻詰まりが生じます。

また、乾燥した空気が原因となる、乾燥性鼻炎、ドライノーズもあります。
鼻汁が乾燥し、かさぶた状になったものが空気の通り道を塞いで鼻が詰まります。
ひどくなると鼻血が出ることもあります。

冷気や乾燥による鼻炎の場合には、アレルギー性鼻炎とは異なり、血液検査をすると何に対してもアレルギー反応が出ないのが特徴です。
これらには冷気や乾燥した空気に直接に触れないよう、マスクが多く使用されます。

さいごに

いかがでしたか?
鼻炎の症状、鼻水の特徴について解説してきました。

知り合いの医師が以前言っていたことがあります。
「どんな病気でも急に悪くなったものは治せる見込みがあるがずっと悪い状態だと治すのが難しくなる」まさに鼻炎もこれにあてはまります。

鼻炎も早期発見・早期治療!まずは鼻炎にならないための予防をしましょう。

最終更新日: 2016-09-12

タグ:
鼻炎 アレルギー性鼻炎

記事に関するお問い合わせ

「鼻の病気・症状」に関する記事

鼻の病気・症状の記事は他にも多数!

【新宿・渋谷近郊のクリニック5選】花粉症の季節到来!早めの対策ならココ!
【新宿・渋谷近郊のクリニック5選】花粉症の季節到来!早めの対策ならココ!
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
後鼻漏を改善できる?後鼻神経切断術とは
後鼻漏を改善できる?後鼻神経切断術とは
後鼻神経切断術で本当に鼻炎が止まるの?手術後の効果を徹底検証!
後鼻神経切断術で本当に鼻炎が止まるの?手術後の効果を徹底検証!

「鼻炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。