1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 口内炎 >
  5. 白い口内炎が治らない... これって危険?

白い口内炎が治らない... これって危険?

口内炎は小さく白い潰瘍が口の中にぽつんとできるのが特徴です。 普通は簡単に治るものですが、中には長引くものもあります。 治らない場合は何か他の病気によって発症している可能性があり、注意が必要です。

1人の医師・医学生がチェック済み

丸くて白いできものはアフタ性口内炎の特徴

口内炎 丸くて白いできものはアフタ性口内炎の特徴

口内炎とは、口のあらゆる場所にできる丸くて白い潰瘍が特徴です。
このタイプのものを「アフタ性口内炎」といいます。

アフタ性とは円形の潰瘍を指します。
白か黄色のタンパク質の膜で覆われており、周辺が赤いことが多いです。
強い痛みを伴いますが、治ると跡は残りません。

口内炎はなかなか治らない?

通常アフタ性口内炎は1、2週間程度で自然に治るものです。
特に治療は必要ありませんが、口腔内を清潔にしておくと治りが早くなります。

2週間以上経つのに治らないということはあまりありません。
治らない場合には、他の病気なども疑ってみることが必要です。

ただしアフタ性口内炎であっても中には複数出来る場合や、それら複数の白い潰瘍が一つに合わさって大きくなったりすることもあります。
こうなると治りは遅くなりますので、早めに対処して治りやすい環境を作ってあげましょう。

口内炎を早く治すために

口内炎 口内炎を早く治すために

口内炎を治すには、原因となる事柄に注意をして生活することが必要です。
思い当たることがあったら生活習慣を見直しましょう。

口内炎ができる・治らない悪習慣

・歯磨きのしすぎ
・硬いものを食べて口の中を傷つける
・アルコールや喫煙
・口呼吸で口の中が乾燥している
・疲労、ストレス、睡眠不足
・食事の栄養バランスの乱れ(特にビタミン不足)

治らない口内炎の怖いリスク

大抵の口内炎は生活習慣や口腔内を清潔にすることで治すことができます。
しかしそれでも治らないものに関しては、他に原因がある可能性を疑うことが必要です。

白い口内炎のようなものができる病気には、危険なものもあります。
治らない場合には医師の診断を仰ぐことも大切です。

治らない口内炎はベーチェット病かも?

原因不明の自己免疫疾患の一つであるベーチェット病は、炎症や潰瘍などが体のあちこちにできる病気です。
初期症状として、大きな白い口内炎ができることがあります。

目の症状として失明の恐れもある大変危険な病気です。

 

ベーチェット病は、上記の口内炎や眼の症状の他に、
①皮膚の症状(下肢などに好発する紅斑)
②外陰部の潰瘍
などが見られます。

男女どちらにも発症する病気ですが、男性の方が症状が強くなる傾向があります。

口内炎でベーチェット病を少しでも疑ったときは、これらの部位(眼・下肢・外陰部)などにも症状が出ていないかセルフチェックしてみると良いでしょう。

ヨクナル提携医師・医学生: 筑波大学医学群医学類卒

ガンの可能性も注意して

口内炎 ガンの可能性も注意して

口の中にできた白い口内炎のように見えるものは、口腔がんや舌がんの可能性もあります。
口内炎もガンも同じように白い潰瘍状をしているため、正しく見分けることが必要です。

ガンと口内炎の違い

・2週間以上経っても治らない
・白い潰瘍の下にしこりがある
・白い潰瘍の部分がキレイな円形をしていない(境界もはっきりしない)
・痛みが少ない

まだまだある!治らない口内炎のリスク

なかなか治らない口内炎の原因として考えられる病気には、上記以外にもあります。

自己免疫疾患としては中年以降で注意したい「尋常性天疱瘡(じんじょうせいてんぽうそう)」という病気もあります。
希なものですがやけどのような水ぶくれがたくさんできて、ひどい場合には命の危険もあるものです。

また、白血病や糖尿病などが原因でできる口内炎も治らないことや繰り返し発症する傾向があります。

 

白い口内炎のように見える病気として他にも忘れてはならないものとして、口腔カンジダ症(鵞口瘡、がこうそう)があります。
これは口内炎ではなく、口腔の粘膜に繁殖したカンジダが張り付いて、白い膜を形成したものです。

カンジダは口腔内に常在する真菌ですが、条件によっては上記のような症状がでることがあります。

原因としては
①免疫機能の低下
・ステロイドの使用
・悪性腫瘍(およびそれに対する化学療法)
・HIV感染
②抗菌薬
抗菌薬の種類によっては、口腔内の他の常在している菌がやられてしまうために、カンジダが繁殖しやすい環境となります。
③産道感染
カンジダは膣にも常在しているため、生まれてくるときにお母さんから感染することがあります。
赤ちゃんは免疫機能もまだ未熟なため、カンジダが繁殖することがあります。

このような口腔カンジダ症は無理に剥がそうとすると出血してしまいます。

必ず医療機関で見てもらいましょう。治療は主に抗真菌薬の塗り薬となっています。

ヨクナル提携医師・医学生: 筑波大学医学群医学類卒

治らない白い口内炎は慎重に対応を

普通の口内炎は簡単に治るものであり、心配する必要はありません。
痛みが強くても短期間で治ります。

ただしそれがなかなか治らない場合には恐ろしい病気の可能性が高くなります。
普通の口内炎との違いに気づいたら、早めに病院で診察を受けましょう

最終更新日: 2016-10-08

タグ:
口内炎 ストレス 糖尿病

記事に関するお問い合わせ

「口内炎」に関する記事

口内炎についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

白い口内炎が治らない...  これって危険?
白い口内炎が治らない... これって危険?

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「口内炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。