1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. うつ病はどんな治療をするの?自力で治せる?

うつ病はどんな治療をするの?自力で治せる?

うつ病は日本人15人に1人は一生のうち1度は掛かると言われています。もしかしたら自分や身近な人がうつ病と診断されることがあるかもしれません。果たしてうつ病は自力で治せるものなのか、どんな治療を行うか見ていきましょう。

うつ病は自力で治せるものなのか?

例えば風邪ですと、熱がある、咳が出るといったわかりやすい症状から、ある程度自分がどんな状態かということが判断できますが、うつ病など心の病気の場合は、自分の今がわかりづらい、見えづらいことがあります。

うつ状態を起こす原因が、例えば環境の変化や仕事による過労・ストレスなどはっきりしている場合は、その原因を取り除くことが治療に必要なことになります。

また軽度のうつ病ですと、お薬よりも環境を変える、しっかりと休養を取るなどといった事が有効な場合もあります。
しかし、夜眠れない、気分の落ち込みがひどく動く気になれないなどといった重い症状がありますと、一旦お薬で症状を改善させる必要があります。

うつ病を自力で治した!という報告もありますが、その症状や、どういった治療や対応の仕方が正しいのかは人によってさまざまです。
自力で治すという安易な判断は避け、一度病院を受診して医師と治療方針について話し合うことが望ましいです。

うつ病の治療方法について

うつ病の治療は病院に通いながら行うことが多いです。
主に薬物療法や心理療法、認知療法・認知行動療法があります。

(1)薬物療法と注意点

うつ病(大うつ病性障害) (1)薬物療法と注意点

うつ病の治療には主に抗うつ薬によって、落ち込んだ気分を和らげ睡眠リズムを改善していきます。

抗うつ薬の代表的なところで、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、三環系抗うつ薬などがあり、不安に対する効果が強い薬や、即効性のあるもの、お口の中でとけるため水なしでも大丈夫なものなど種類が多くあります。

その一方で便秘がちになったり口が渇くといった副作用が現れることがあります。

近年では副作用を起こしにくいお薬が開発されていますが、まれに起こることがありますので、少しでも異変を感じたら医師に相談しましょう。

また高齢者になりますと副作用が出やすいことがあり、お薬によってはおしっこが出なくなったり脱水症状などを起こす可能性があります。
医師から指示された用法用量を守ってお薬を飲みましょう。

「楽になりたい」「死にたい」などといった気持ちが強い時や、精神的に不安定になってしまった時に、お薬を大量に服薬するオーバードーズ(OD:Over Dose)を衝動的に起こしてしまうことがあります。

一度に大量のお薬を飲んでしまうことによって、最悪の場合死亡に至ることもあります。

特に「死にたい」という気持ちが強く出てしまう時などは、お薬を手元にないところに置く、家族が管理するなどして未然に防ぎましょう。

(2)心理療法、認知療法・認知行動療法について

うつ病(大うつ病性障害) (2)心理療法、認知療法認知行動療法について

お薬の治療とともに重要なのが、うつ病の初期段階での心理療法や認知療法・認知行動療法となります。

うつ状態になると、何もしたくない、動きたくない、自分は無価値だなどという症状がありますが、それに対してカウンセリングなど心理的アプローチを行っていきます。

発病初期の心理療法の例

・心身の疲れを感じているため休息をとらせる
・いたずらに叱咤激励せず頑張らせない
・必ず良くなることを告げる。
本人の苦痛を静かに聴く
・死にたいという気持ちがあるので、早まった行為をしないよう約束させる

など

また認知療法・認知行動療法といって、なにか困ったことにぶつかったときに、本来持っていた心の力を取り戻し、更に強くすることで困難を乗り越えていけるような心を育てるためのアプローチも注目されています。

自分に否定的な考え方をしてしまう人は、その考え方が自然に影響して、否定的な物事の捉え方や解釈をしやすく、そのために自ら不快な感情を増大させてしまいます。

そうした考え方をしてしまうということを自ら気づかせ、修正をしていくことで不快な感情の改善を図っていきます。

自分でできることはないのか?

先ほどもお伝えした通り、自分の力のみで治そうとするのは難しいです。

ただ、病院の治療と併せて自分で何か前向きに動くこともできます。
そこで、自分自身でうつ病のためにできることを2点ご紹介します。

1.環境を変える

うつ病(大うつ病性障害) 1.環境を変える

そもそもうつ病になる原因として、環境によるものも考えられます。

例えば残業続きで仕事が自分で処理できない量がある、日々の業務でストレスを抱えているといったこともあります。

学生ですと学校を辞めるといったことも可能かもしれません。

ですが社会人の場合ある程度年齢を重ねると、環境を変えるということに抵抗があるかもしれません。

特に働き盛りの方や家庭を持っている方ですと、仕事を辞めることは経済的な面から難しいところがあります。
しかし、例えば部署異動の申し出や、仕事量をセーブしてもらうなど、かけあうことは可能な場合があります。

環境を変えたいと誰かに相談することも、立派な環境を変える行動の1つです。

2.自分自身の性格を見つめなおす

うつ病になりやすいのは真面目な性格、物事を深く考えやすいなどといった要素もあります。

うつ病の治療の第一歩は自覚するところから始まります。
もし落ち込むことがずっと続いてたりしたら、一度自分の性格はどうなのか改めて考えてみてください。

まわりの人のサポートも重要

うつ病になってしまった時、家族のサポートが重要な事があります。

辛い気持ちを理解して欲しくて、「怒り」が出てくることもあるかもしれません。
ですが、時間を掛けてゆっくりと本人の「辛い気持ち」を聴いてあげることがとても大切になります。

いたずらに頑張らせたり、気分転換として無理やり外に連れ回したりさせず、「死にたい」「消えてしまいたい」という気持ちを強く受け止めながら、「あなたはとても大切な人」「治療できっとよくなる」ということを繰り返し伝え、支えていくことがとても大切です。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。