1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 歯ぎしり >
  5. 歯ぎしりを改善するための自己暗示による治療とは?

歯ぎしりを改善するための自己暗示による治療とは?

あなたは歯ぎしりをしていますか? 歯ぎしりは自分には関係ないと思っている人が多いかもしれませんが、実は80~90%の人は無意識のうちに「歯ぎしり」か「食いしばり」をしていると言われています。 今回は、そんな歯ぎしりの自己暗示による治療について解説します。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりをしてしまう原因には、まずストレスが挙げられます。
人間の体は、肉体的・身体的なストレスを歯ぎしりや食いしばりによって発散させると言われています。
また、その他にも噛み合わせやあごの関節の変化なども原因とされています。
歯の噛み合わせや顎の関節の形は年齢とともに変化しており、その変化に対応するために歯ぎしりをして無意識のうちに自分で噛み合わせを調節しようとしているのです。
特に、歯並びが悪い人は噛み合わせが変化しやすく歯ぎしりをしやすいと言われています。

歯ぎしりを放置するとどうなる?

「たかが歯ぎしり」と甘く見てしまいがちですが、実は歯ぎしりは歯にものすごく大きな負担を与えています。
では歯ぎしりを放置するとどうなるのでしょうか。
歯ぎしりは放っておくと歯や顎だけでなく身体全体にも不調が出てくるのです。

歯ぎしりの歯や顎への影響

歯ぎしりを続けると、歯や顎に以下のような障害が起こる可能性があります。
□歯が擦り減ったり割れたりする
□歯周組織の損傷
顎関節症
□歯の周りの骨が異常に出てくる

歯ぎしりの身体への影響

歯ぎしりの歯や顎以外の部分に関する影響としては以下のものが挙げられます。
□耳鳴り
□睡眠障害
自律神経失調症
□肩こり
□偏頭痛

歯ぎしり 歯ぎしりの身体への影響

自己暗示で歯ぎしりを解消

以上のように歯ぎしりは歯のみならず身体全体に悪影響を及ぼす恐れがあるため、きちんと治療して改善する必要があります。

その方法の一つとして、今回は自己暗示療法をご紹介します。
これは、夜眠る前に以下のように行います。

【1】唇を閉じ、上下の歯の間に隙間ができるようにして、体の筋肉の力を抜く。
【2】その状態で呼吸をし、吐くときにストレスを追い出すように大きく息を吐いて脱力するようにする。
するとどんどん手足やお腹が温かくなってくる。
【3】息を吐きながら「リラックス」「良い気分」など、自分がリラックスできる言葉を唱える。
【4】「噛まずに歯を開いたまま寝る」「歯を合わせない」などと自分に言い聞かせる。
【5】歯ぎしりの症状がなくなって翌朝すっきり目覚める自分の姿をイメージしながら眠る。

この自己暗示療法が上手く行けば、寝ている間に歯を噛みしめてしまったら目が覚めるようになります。
そしてさらに効果が出てくると、歯を噛みしめてしまう前に目が覚めるようになり、歯ぎしりを未然に防ぐことができるようになります。

いかがでしたでしょうか。
自己暗示療法は自分でも毎晩簡単にできて歯ぎしりの治療に非常に有効なものです。
自分の歯や顎、身体を守るために、歯ぎしりをしていると考えられる方はぜひ眠る前にこの方法を試してみてください。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
歯ぎしり ストレス 顎関節症

記事に関するお問い合わせ

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「歯ぎしり」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。