1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療機関・医薬品 >
  3. 矯正歯科 >
  4. 歯科矯正 >
  5. 歯科矯正に抜歯は必要?抜歯のメリットとデメリットとは

歯科矯正に抜歯は必要?抜歯のメリットとデメリットとは

一糸乱れず綺麗に並んだ抜歯は誰もが憧れますね。歯並びが良いと笑顔もより一層輝いて見えるものです。歯並びを治すため、矯正をお考えの方はいますが?矯正には抜歯が必要になることもあれば、抜歯を避けられることもあります。また、抜歯をするのとしないのではそれぞれメリットとデメリットが生じてきます。患者の選択が第一の時代です。これを読んであなたの希望を伝えましょう

矯正で抜歯を避けられない場合とは?

歯科矯正 矯正で抜歯を避けられない場合とは?

抜歯をしたくないと思っても、しなくては治療ができない場合があります。

まずは顎の骨の大きさに比べ、歯が大きすぎる場合です。
歯の並び方が凸凹している方は、このパターンの可能性があります。
近年の日本人の傾向では顎の骨が小さくなっているため、このような方も少なくありません。
小さな顎に歯の本数を合わせるため、抜歯します。

次に、上下の顎が出ている場合です。
抜いた歯を顎の骨に移植する治療が行われた場合、抜歯は避けられません。

ちなみに多くの方が気になる、上顎だけ下顎だけ前に出ている場合、いわゆる出っ歯や受け口の場合に関しては、抜歯が行われることもありますが、状態によってはしなくても治療が可能な場合があります。
診察の際に十分に医師と相談するようにしましょう。

抜歯、非抜歯どっちがいいの?

歯科矯正 抜歯、非抜歯どっちがいいの?

矯正時、抜歯が必要な場合について先に述べました。
もちろん抜歯をしないで矯正する場合もあり、なるべく抜歯を避ける考えをもつ医師も多くいらっしゃいます。

しかし抜歯をするにもしないにしても、それぞれにメリットとデメリットがあるのでご紹介しましょう。

抜歯をする場合のメリットとデメリット

メリットとしては抜歯によるスペースが生じるため、歯の移動がスムーズになることです。
また抜歯をすることで口元がスッキリするので、出っ歯や受け口の人は効果が絶大です。

そしてデメリットはというと、健康な歯を意図的に抜歯するという精神的な負担があります。
精神的なものになりますので、このデメリットの感じ方には大きく個人差があります。

他にも抜歯による空いた空間を埋めるため、治療期間が長くなることもあります。

抜歯をしない場合のメリットとデメリット

抜歯をしない場合、最大のメリットは健康な歯を失わないということです。
また歯の移動距離が短距離で済むため、治療期間も短期間で済むことが多いです。

一方デメリットでは、口元に大きな変化が得られないことがあります。

最後に

歯科矯正 最後に

歯科矯正というと、必ずしも抜歯をするというわけではないということがお分かり頂けたと思います。

しかし、抜歯をするしないの選択を迫られた場合、どちらの選択にもメリット、デメリットは存在しており望んだ方法で矯正できない場合もあります。
かかりつけの歯科医師とよく相談し、納得のいく矯正治療をお受けになってくださいね。

最終更新日: 2016-09-07

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「矯正歯科」に関する記事

矯正歯科の記事は他にも多数!

どのくらい痛い?歯列矯正ゴムかけの体験談
どのくらい痛い?歯列矯正ゴムかけの体験談

「歯科矯正」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。