1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 歯周炎 >
  5. 歯周炎は段階で治療方法が変わる?歯周炎治療の実際!

歯周炎は段階で治療方法が変わる?歯周炎治療の実際!

歯周病の中には歯肉炎と歯周炎があるのをご存知でしょうか。歯肉炎とは歯茎の炎症のみであり、歯周炎となると炎症が進んで骨が溶けてしまっている状態です。今回は歯肉炎よりも重症な歯肉炎について、それぞれの重症度による治療方法をご紹介したいと思います。

歯周炎とは

歯周炎 歯周炎とは

歯肉炎がさらに進行した状態です。
歯ぐきの腫れや出血だけでなく、歯と歯ぐきの境目の部分が壊れて隙間が深くなり、歯周ポケットを形成します。
プラークがさらにこの隙間に沿って侵入すると、根の先の方へとさらに破壊が進行してゆきます。
そうすると歯を支えている歯根膜線維や歯槽骨が壊されて、歯がぐらぐらと揺れるようになってきます。

症状としては、歯の揺れの他に、歯ぐきの腫れ、出血、ポケットからの排膿、口臭などがあります。
一般的に慢性歯周炎の病名で、その進み具合から軽度・中等度・重度に分けられます。
歯ぐきの炎症が急激に生じると、急性症状として高度な腫れや強い痛みを伴うことがあります。

歯周炎治療ってどんなことをするの?

歯周炎 歯周炎治療ってどんなことをするの?

まずは現状把握のために、問診や検査を行うことが始めのステップとなります。
次に、歯周炎の治療の基礎とも言えるプラークコントロールです。
歯磨き指導や、歯垢、歯石の除去を行います。
噛み合わせをみて、必要であれば歯を削ったり、抜歯したりすることもあります。

重症度が上がると外科的治療を行います。
手術の種類としては

・フラップ手術(歯茎を切開し、歯周ポケット内の取りきれない歯垢や歯石を除去してから縫合する)
・歯周組織再生療法(特殊な膜やタンパク成分を使用して歯周組織の再生を図る)
・歯周形成外科手術(歯茎の見た目を整えたり、歯周ポケットをなくしたりする手術する)
・インプラントの挿入術

などがあります。
これらの治療を行った後にも定期的な検診を行う必要があります。

症状別の治療方法をご紹介

歯周炎も、症状によって必要となる治療方法は異なってきます。
あなたの口の中は大丈夫でしょうか?治療をお考えの方は、自分の口の中と合わせて治療方法を参考にしてみてはいかがですか?

1、軽度歯周炎

歯周炎 1、軽度歯周炎
出典:www.jda.or.jp

歯に付着した歯垢や歯石を取り除くのみです。
軽度とされる歯周炎では、ポケットの深さは4mm以内です。

2、中等度歯周炎

歯周炎 2、中等度歯周炎
出典:www.jda.or.jp

取りきれなかった歯周ポケット内の歯垢や歯石を麻酔をしてから取り除きます。
必要な部分には、前項で述べたようなフラップ手術などの外科的治療を行います。
原因となる歯周病菌を除去するために、抗生物質を内服することもあります。
中等度の歯周炎とは、ポケットの深さが5〜7mmです。

重度歯周炎

歯周炎 重度歯周炎
出典:www.jda.or.jp

前項で述べたフラップ手術を行います。
また、失われた歯の部分に仮歯や詰め物を行います。
抗生物質の内服は中等度と同様です。
重度の歯周炎ではポケットは8mm以上となります。

あなたもできる!自宅でのセルフケア!

歯周炎 あなたもできる!自宅でのセルフケア!

歯周炎には原因となる歯垢を歯磨きで取り除くことが大切です。
歯石というのは歯垢が固まってしまったもので、歯垢をきちんと取り除けば歯石にはなりません。

まず、歯磨きをする前に歯ブラシはどのようなものをお使いでしょうか。
私が口腔外科での勤務経験があるのですが、ヘッドの大きい歯ブラシではダメだ!とよく医師が言っていました。
オススメは毛束が3から4列の歯ブラシです。

磨き方は丁寧にすること。
ブラシを力一杯歯に押し付けるのではなく、歯の表面に軽く当て、一本ずつ磨いていくような感じで磨きましょう。
歯周炎は口腔内の細菌除去も必須です。
自宅でのケアとしてはうがいにイソジンを使うのも良いでしょう。
最近では歯周炎対策用の歯磨き粉も市販されていますので、合わせて使用すると効果的です。

また、意外と盲点なのが呼吸法です。
今、鼻で呼吸をしていますか?口で呼吸をしていますか?口呼吸ですと、口腔内が乾燥し、唾液による自浄作用が減少するため、鼻呼吸を意識しましょう。

まとめ

歯周炎 まとめ

残念ながら、歯や歯茎は一度ダメージを受けると、自力では元に戻すことは不可能です。
そのために、いち早く症状に気づき、進行を食い止める必要があります。
セルフケアできることは積極的に行い、歯周炎の悪化を防ぎましょう。

歯周炎かもしれないと思った方は、早期に受診、治療を開始しましょう。
治療方法について不安にならないよう、今回の記事を参考にしていただければと思います。

最終更新日: 2016-10-24

タグ:
歯周炎 歯周病 口臭

記事に関するお問い合わせ

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「歯周炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。