1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. スキンケア >
  4. にきび(尋常性痤瘡) >
  5. 煩わしい鼻ニキビ。大切なのは原因と対処法の正しい理解!

煩わしい鼻ニキビ。大切なのは原因と対処法の正しい理解!

顔の中心に位置する鼻。ニキビができるととても目立ってしまいます。しかし、できてしまったものは仕方ありません。正しく対処して、早く治すように頑張りましょう! 今回は鼻にできたニキビについて、掘り下げてみることにします。

鼻ニキビとは?

にきび(尋常性痤瘡) 鼻ニキビとは?

顔の中でも特に皮脂の分泌量が多いのが鼻。
また、皮膚の奥深くまで延びた鼻の毛穴には、皮脂や汚れが溜まりやすい場所でもあります。
そのような場所で肌のターンオーバーが乱れると、はがれずに表面に残った古い皮膚は簡単に毛穴に詰まってしまいます。

毛穴が詰まって皮脂をエサにするアクネ菌が増殖、炎症を引き起こすことでニキビはできます。
皮脂の分泌量が特に多い鼻はニキビができやすい場所なのです。

鼻ニキビにも種類がある

鼻にできるニキビには主に4つの種類があり、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの順で症状が悪化していきます。

にきび(尋常性痤瘡) 鼻ニキビにも種類がある
出典:olivechannel.jp

白ニキビ

古くなった角質と皮脂が混じり合った角栓によって毛穴が塞がり、その内部に皮脂が溜まり始めたニキビの初期段階です。

黒ニキビ

毛穴に詰まった皮脂が毛穴の表面から顔をのぞかせている状態です。
空気に触れた皮脂が酸化すると黒くなることから、黒ニキビと呼ばれます。

赤ニキビ

溜まった皮脂をエサとするアクネ菌が増殖し、炎症を起こした状態です。
この段階まで進行すると、腫れ、痛み、発赤などの症状が現れ始めます。
炎症を起こしたニキビを潰すと痕が残ることがあるので潰さないようにしましょう。

黄ニキビ

炎症が悪化して膿を持った状態が黄ニキビです。
潰すと痕が残る可能性が非常に高いので、絶対に潰さないようにしましょう。
この段階になってしまったら皮膚科を受診することをお勧めします。

鼻ニキビの原因

にきび(尋常性痤瘡) 鼻ニキビの原因
出典:www.yoihada.jp

毛穴の汚れ

毛穴の数が多い鼻には、毛穴が深いという特徴もあります。
そのため毛穴に汚れが溜まりやすい場所でもあるのです。

さらに皮脂の分泌が非常に多い場所でもあるので、皮脂をエサとするアクネ菌も繁殖しやすくなります。
そのため鼻を不衛生にしていると毛穴に汚れが溜まり、それがニキビの原因となります。

紫外線による刺激

顔の中でも鼻は、紫外線にもっともさらされる場所にあります。
紫外線の刺激によって皮膚が硬くなると、肌のターンオーバーが乱れ、古くなった皮膚がはがれずに表面に残ってしまいます。
その結果残った古い皮膚が毛穴に詰まってしまいます。

紫外線によって酸化した皮脂はアクネ菌の好物です。
したがってアクネ菌の増殖にもつながります。

ホルモンバランスの乱れ

大人のニキビはホルモンバランスの乱れが原因であることが多く、女性の場合生理前・整理中にできやすい傾向にあります。

この他にも、日常生活の乱れから来るストレスや疲れ油分の多いファンデーションが原因になることもあります。

出来てしまったら適切な対策を!

清潔に保つことがイチバン

洗顔は1日2回、しっかりすすぐことも忘れないようにしましょう。

これから、肌にやさしくしっかり汚れを落とす洗顔方法をご紹介します。

  • 洗顔前にしっかり手を洗う
    洗顔は清潔な手で行うことも重要です。
    汚れた手での洗顔は、返って逆効果の場合もあります。

  • 蒸しタオルを用意する
    蒸しタオルを顔にあてると肌が温まり柔らかくなります。
    力を入れずに肌や毛穴の不要な皮脂を落とすことができます。
    蒸しタオルは1分間を目安に、顔全体にあてるようにすると良いでしょう。

  • クレンジングでメイクを落とす
    メイクをしている場合のみ行ってください。

  • 洗顔料を良く泡立てる
    洗顔料はきちんと泡立てることが大事です。
    しっかり泡立てることで肌への負担を減らし、細かい部分の汚れを落とすこともできます。

  • TゾーンからUゾーンの順でなじませる
    皮脂の多いTゾーンから洗い、次にUゾーンを洗います。
    強くこするのではなく、くるくると指でマッサージするように泡と汚れをなじませます。

  • ぬるま湯ですすぐ
    お湯が熱過ぎると肌に必要な油分まで落としてしまい、乾燥肌の原因にもなります。
    「少しぬるいかな」と思うくらいの温度で大丈夫です。

  • タオルで拭く
    肌に刺激を与えることになりますので、ゴワゴワした肌触りの悪いタオルを使ったりゴシゴシこすったりするのはやめましょう。
    また清潔なタオルを使うことも大切です。

8.化粧水などで肌ケアを忘れずに
洗顔によって奪われた水分を補ってあげる必要があります。

紫外線対策

ニキビができてしまった後の紫外線対策も重要です。
しかし日焼け止めクリームはニキビを悪化させてしまうことも。

そこでお勧めしたいのが、油分が少なくニキビに優しいパウダータイプの日焼け止めです。
また、ニキビを考慮した肌にやさしいUVケア商品も販売されていますので、こうしたグッズを使用するのも効果的です。

ポイントとしては、皮膚障害を引き起こす恐れのある紫外線吸着剤や、ニキビの原因となる油分の入っていない商品を選ぶこと。
無香料・無着色のUVケア商品も肌への刺激を減らせるのでオススメです。

まとめ

鼻ニキビ予防・対策で最も重要なのは、鼻を清潔に保つこと。
日頃のケアで鼻ニキビの煩わしさから解放されることを願っています。

もしできてしまったら潰さずに早く治すことを心がけるようにしてください。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
にきび(尋常性痤瘡) 日焼け(日光皮膚炎) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「スキンケア」に関する記事

スキンケアの記事は他にも多数!

肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜
肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜

「にきび(尋常性痤瘡)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。