1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 食事療法・栄養管理 >
  4. 妊娠 >
  5. 妊娠悪阻(つわり) >
  6. 知っておきたいつわり対策! 食事の摂り方とポイント

知っておきたいつわり対策! 食事の摂り方とポイント

食欲の減退、吐き気などに悩まされるつわりの時期。 「食べるのは苦痛だけど、お腹の赤ちゃんが心配で…。」と無理していませんか? ここではつわりを乗り越える食事メニュー、食事の摂り方をまとめてみました。

「食べられる時に食べられる物を、食べられる量だけ」

つわりが辛く食欲がないのに「何とかして食べなくちゃ」と思っていませんか?

周囲の人からも食べることを強く促される妊娠初期。
でも実はつわり時に無理して食べる必要はないのです。

つわりがある時は無理しない

妊娠悪阻(つわり) つわりがある時は無理しない

妊娠中は赤ちゃんに栄養を行き渡らせるために、しっかり食べなくちゃと思いがちですが、つわりがある時は無理する必要はありません。

「食べられる時に食べられる物を、食べられる量だけ」
で構わないのです。

妊娠初期のお腹の中の赤ちゃんは、ママの体内に蓄積されていた栄養素を摂取するので、栄養面に関しては神経質にならなくても大丈夫です。

無理して食べると逆効果になる可能性も…

お腹の赤ちゃんのために、と頑張り過ぎてしまうのはNG。
無理して食べることでストレスを感じたり、実際に吐いてしまうことの方が妊娠中の心身に良くありません。

食べたい時に食べられる物を摂るように心がけましょう。
但し水分だけは意識して摂ることが大切。
脱水症状を起こすと母子ともに危険な状態に陥る可能性があるからです。

どうしてる!?つわりの時の食事対策

吐きつわりと食べつわり

つわりには「吐きつわり」と「食べつわり」があります。

「吐きつわり」はずっと吐き気が続く症状。
食事の内容や時間、回数などは気にせず、食べられる物を食べられる時に少しずつでも食べるようにしましょう。

「食べつわり」は空腹時に気持ち悪くなる症状。
しかし食べ続けると体重の増加も気になるところです。
このつわりの場合は、1回に摂る食事の量を減らして回数を増やすこと。
空腹にならないよう、低カロリーの飴などを持ち歩いておくと良いでしょう。

つわりがひどい時の食事対策

つわりの時はニオイの強い物は避けた方が無難です。
ニンニクやネギ、生の魚介類、油っこい物などは吐き気を誘発しやすくなります。

また、白米も炊飯中や温かい時はニオイが強いですが、冷めると食べやすくなります。
白米が無理でも玄米なら食べられるという妊婦さんが意外と多くいるので、玄米や雑穀ご飯にチャレンジしてみるのも良いかも知れません。

吐き気が強い場合はうどんや素麺、冷たい果物類、プリンやゼリーなど、栄養価よりも「食べられる物優先」で乗り切りましょう。

但し体重が著しく減ったり、全く食べることが出来ない場合は産婦人科で診察してもらうようにして下さい。

つわり対策におススメ!食べ方いろいろ豆腐のメニュー

つわりに効果のある栄養素のひとつにタンパク質が挙げられます。
タンパク質は胃のむかつきなどを解消してくれる働きがあります。

つわりの時におススメなのが、質の良いタンパク質を摂れる豆腐。
さっぱりしていて、食べ方もいろいろあります。

妊娠悪阻(つわり) つわり対策におススメ!食べ方いろいろ豆腐のメニュー

食欲に合わせてメニューをアレンジ~栄養価の高い豆腐を常備しておこう

豆腐は消化吸収に優れ、良質なタンパク質や脂質の含有量が多くビタミンやミネラルも摂取出来ます。

食べ方も、冷奴、サラダ、味噌汁、湯豆腐、麻婆豆腐や揚げ出し豆腐など、煮て良し揚げて良し炒めて良し。

いろいろな方法があるので、冷蔵庫に常備しておくと何かと便利な食品と言えるでしょう。

冷奴だって、いろいろアレンジ出来るんです

簡単さっぱりの冷奴メニュー、ちょっとの工夫で様々な味を楽しめます。
定番の生姜も外せませんが、生姜の代わりに梅肉を乗せてみたり、キムチと頂くのも良いでしょう。

また大根おろしとしらす、トマトとオクラといった組み合わせも冷奴のアレンジメニューとしておススメです。

バナナで解決!つわりの時の栄養補給に手軽な1本

マラソンランナーが走る前に食べる食品としても知られるバナナ。
腹持ちが良く、栄養価の高いバナナは食欲のない時やつわりの時に役立つ食品です。

妊娠悪阻(つわり) バナナで解決!つわりの時の栄養補給に手軽な1本

つわりで食事が摂れない人の解決策~バナナは理想的な食品です

バナナは低カロリーな上に栄養バランスが抜群の理想的な食品。
そのエネルギーはご飯1/2杯分、食パン1/2枚(6枚切り)分に相当します。

タンパク質やカリウム、各種ビタミン、マグネシウム、食物繊維、葉酸、オリゴ糖などが含まれているので、体に欠かせない栄養分をしっかり補給出来ます。

バナナを使ったメニューでつわりを健康的に乗り越える

ヨーグルトと合わせたり、牛乳とミキサーにかけてバナナシェイクにするのも定番メニュー。

つわりの時は冷たい物が食べたくなる人も多いので、冷凍バナナもおススメです。
皮を剥いてラップして冷凍庫に入れておけば、食べたい時にサッと取り出すことが出来ますよ。

また食パンの上にスライスしたバナナを並べ、シナモンシュガーを振りかけてトーストするのも絶品。

手軽に食べられて腹持ちも良いバナナ。
つわり対策としての食事メニューに是非摂り入れたい食品です。

無理は禁物!つわり時の食事の基本

つわりの時は無理して食べないようにすることが基本。
食べることがストレスになったり、せっかく食べた物を吐いてしまうようでは逆効果です。
どうしても栄養面で不安という場合は、かかりつけの産婦人科医に相談してみましょう。

つわりは大抵の場合、妊娠初期を越えれば落ち着いて来るもの。
あまり神経質にならずに、「食べたい時に食べられる物を食べられる量だけ摂る」ことを心がけるようにしましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
妊娠悪阻(つわり) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「妊娠悪阻(つわり)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。