1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ病(大うつ病性障害) >
  4. 家族がうつ病になった!接し方5つのタブーとその理由とは

家族がうつ病になった!接し方5つのタブーとその理由とは

うつ病は、心の風邪といわれるほど誰もがかかる可能性のある病気です。ある日家族がうつ病にかかったら、どう接していいのか悩んでしまいますよね。距離が近い家族だけに、さらにうつ病を悪化させてしまう恐れがある、やってはいけない接し方とその理由、どう接すればいいのかについてまとめました。

①「なぜできないの?」とつい聞いてしまう

うつ病のせいなので本人が聞かれても答えようがありません。

うつ病になる人は、もともとまじめな方が多いといわれています。
うつ病にかかると、簡単な作業や仕事に手が付かなくなることも多く、周りとしてはこんな簡単なことをしないのはなぜなのか不思議に思うかもしれません。

本人は心の中で、「なぜ自分はできないのか。
」「自分は何もできないダメな人間になってしまった。
」と悩んでいることが多いです。

こういった状態の方に、「なぜできないの?」といった質問をすることは、さらに本人を追いつめてしまう可能性が高いです。

ゆっくりでいいことを伝えましょう

うつ病が改善してくると自然に出来ることが増えてきます。
今は、何をするにもゆっくりしたらよいことを伝えましょう。

②「がんばれ。」と安易はげます

うつ病(大うつ病性障害) ②「がんばれ。」と安易はげます

うつ病になる方は、頑張りすぎる傾向の方にあります。

発症するまでのあいだ、限界になるまで頑張ってきた経緯があり、「がんばれ。
」という言葉にさらに追いつめられてしまう方が多いです。

困った時は助けるということを伝えましょう

一人で解決しようとしても、病気のせいなのでなかなか解決しません。

困った時は助けること、傍にいることを伝えて孤独に陥らないよう伝えるとよいでしょう。

③「前はこんなじゃなかったのに。」と元気なころと比べる

本人が一番そう感じてつらい思いをしています。

人はつらい時に、ほかの人や過去の自分と今の自分を比べることがあり、うつ病になる人はその傾向が強いといわれています。

家族にまで言われるとますます落ち込んでしまいます。

昨日よりできていることを伝えましょう

自分では、悲観的になってしまってできている部分が見えないものです。

昨日より少しでもできていることがあれば、伝えていきましょう。

④「これはどうするの?」と大切な選択をさせる

うつ病(大うつ病性障害) ④「これはどうするの?」と大切な選択をさせる

選択の結果、後で後悔する選択をしてしまうことが多いので避けた方がよいです。

家庭の重要な選択や、大事な契約などは悲観的になっている状態では正常に判断できず、うつ病が改善したとき後悔してしまう場合があります。

延ばせることは先延ばしに、どうしても判断が必要なら家族がフォローしましょう

重要なことでも、先送りできるのであればうつ病が改善するまで先延ばしにするほうが無難です。

どうしても判断が必要な時には、本人だけに任せず家族がフォローするようにします。

⑤「気分転換をしたら?」と新しいことや旅行を勧める

新しいことや環境が及ぼす変化は、さらなるストレスの原因になることがあります。

普段気持ちが落ち込んだ時には、新しいことをしたり出かけるのはいい気分転換になるのですが、うつ病の時は、見た目以上に心身ともに疲れ切っていることが多いので逆効果になることがあります。

ゆっくり休息ができる環境を整えましょう

時には、ひたすら眠ることも大切です。
仕事がストレスのことも多いので、仕事が休める手続きをすることが必要な時もあります。

本人ができる状態ではないことも多いので、家族が協力することが大切です。

まとめ

うつ病(大うつ病性障害) まとめ

家族がうつ病にかかった家族につい言ってしまう一言は、実は本人がとても気にしていることが多いです。
これは、家族が本人のことをとても心配していて、かつ近い距離に寄り添っていることが原因ともいえます。

家族を思う気持ちはとても大切ですが、一緒に悩んでしまうとなかなか解決方法が見えにくくなってしまいます。

いい意味で少しだけ距離を置いて、うつ病にかかった家族がどうしたら楽に過ごせるか考えてみることも大切です。

最終更新日: 2016-09-12

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) ストレス

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。