1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療機関・医薬品 >
  3. 歯科 >
  4. 歯ぎしり >
  5. 歯医者で歯ぎしり対策、マウスピースの有効性とは?

歯医者で歯ぎしり対策、マウスピースの有効性とは?

歯ぎしりは日本人の約8割がしていて、その内9割ほどが自分では気付かず、歯医者当で明らかになる率が高いという実態があります。では、歯医者ではどのような対策を取ってくれるのでしょうか。

歯医者に行って分かる、歯ぎしりの実態

歯ぎしりの原因としては、精神的ストレスと言われています。
歯ぎしりを治す事はストレスを減らすという事になります。

かといって、ストレスフリーな社会ではありません。
その為に、歯医者が勧めるマウスピースを使用するといいでしょう。

歯ぎしりの種類

歯ぎしりには3つの種類があります。
それは、グラインディング、タッピング、クレンチングです。

グラインディング

歯ぎしり グラインディング

ギリギリと横に歯を動かすものです。
主に寝ている時に起き、一般的な歯ぎしりとして知られています。
音がするので、家族等が気付きやすいです。

タッピング

歯ぎしり タッピング

上の歯と下の歯をカチカチとさせるものです。

クレンチング

歯ぎしり クレンチング
出典:kunoshika.com

奥歯をギュッと噛みしめるものです。
主に、パソコン作業など何かに集中している時に起きます。
音はなく、本人も意識していません。

歯ぎしりの実態

歯ぎしり 歯ぎしりの実態

歯ぎしりは歯医者ですぐに分かります。
特に奥の歯が擦り減り、重症になると痛みや歯が割れたりします。
重症になる前に対応が出来るように、歯医者への定期健診は行った方が良いでしょう。

一方で、歯ぎしりとは人間の成長や加齢に伴って起こる不随意運動でもあり、100%悪いものばかりでもありません。
しかしながら、耳鳴りがしたり顎がだるくなったりと変調をきたし、体調に悪影響も与えます。

治療法の使い分けや、どういう状況での歯ぎしりなのか、また、安全に治療をする為にも、歯医者にかかった方が良いのです。

歯ぎしりの治療法とは

スプリント療法

マウスピースを作って、歯が擦り減っていく事を防ぐ方法です。
また、歯ぎしりによる顎や歯周組織等の負担を改善する事が出来ます。

薬による治療

歯ぎしり 薬による治療

歯ぎしりをつかさどる筋肉の緊張を緩めて、歯ぎしりの負担を減らします、しかし、副作用等の問題から長期使用はできません。
以下のような薬が挙げられます。

・ドーパミン系薬物
パーキンソン病の治療に使用される薬。
睡眠中の歯ぎしりが30%程度減少したとの研究報告もあります。

・降圧剤(αアゴニスト)
睡眠中の歯ぎしりが60%程度減少したとの研究報告があります。
ただし、血圧を下げる薬のため、使用にあたっては低血圧に注意する必要があります。

・制酸剤
胃酸の逆流(胃食道逆流症)が歯ぎしりを誘発させるため、このような症状のある人にはプロトンポンプ阻害剤(PPI、商品名:タケプロンほか)効果があるとされています。

歯医者が勧めるマウスピースの効果

歯ぎしり 歯医者が勧めるマウスピースの効果

透明のプラスチックタイプの、いわゆる「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースは、夜間だけでなく日中もするように勧められるケースがあります。

それは歯ぎしりの原因がストレスから来ると言われているからであり、日中、特にパソコン関係の仕事を無言でしていると、知らず知らずに歯ぎしりをしていまっているからです。
主婦にしても家事に没頭するあまり、ギュッと噛みしめていたりしている事が少なくありません。

このように日常生活から切り放す事が出来ないのが歯ぎしりですが、その多くが自覚がないという事なので、歯医者へ一度行って検診をしてもらって確認してみると良いでしょう。
万が一、歯ぎしりがあればマウスピースで歯を守り、歯ぎしりからの不安というストレスを軽減させる事が出来ます。

なぜ市販ではく歯医者のマウスピースが良いのか

hhh

hhh

その理由は、市販の物では噛み合わせが合わなかったり、厚さが合わなかったりして、かえって状態を悪くさせてしまう恐れがあるからです。

歯医者であれば、オーダーメイドで自分だけのマウスピースが作れ、マウスピースとしての役割を果たしてくれます。

また、歯医者であれば保険適用となります。

マウスピースを付けてからの歯医者との付き合い方

歯ぎしり マウスピースを付けてからの歯医者との付き合い方
出典:shika-sozai.com

マウスピースを一回作ればOK!となるわけではありません。
ストレスの状態により、擦り減り方や部位は変化します。
ここで必要となるのは、定期的な通院です。
通院時にマウスピ―スを持参し、噛み合わせ、擦り減り具合はどうか、歯科医がチェックをし、必要があれば形を修正していきます。

そうアフターケアをしていかないと、合わないマウスピースで歯が痛くなる恐れもあります。
新調しないといけない場合もあり、常に「現在の歯」に合った物にしなければなりません。

また、ストレスが歯ぎしりの原因です。
そうなるとストレスを減らす努力も必要で、リラックスすることが大切になります。
肩の力を抜く事を忘れずに物事に取り組み、ストレスの軽減をし、歯を大事にする意識をする事も大切です。

最近歯医者へ行ってないなと思ったら、一度検診をしてもらいましょう。
検診は虫歯だけでなく、歯ぎしりも見つけてくれます。
そして必要であればマウスピースで歯をガードし、健康的な歯を維持出来るように心掛けましょう。
歯の健康は「食」を楽しくさせます。
生活の豊かの為にも、歯ぎしりとストレスに関して考えてみると良いでしょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
歯ぎしり う歯(虫歯) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「歯ぎしり」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。