1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 歯科矯正 >
  5. マウスピースで歯科矯正!その費用は?

マウスピースで歯科矯正!その費用は?

綺麗な歯並びが人に与える印象は、いつだって良いものですよね。 そこで、歯科矯正の中でも今人気のマウスピースについて、気になる価格事情もしっかりと紹介します。

矯正方法はさまざま!

歯科矯正 矯正方法はさまざま!

笑ったときの歯並びが気になる!噛み合わせが悪くて嫌!そんな時頭を過ぎるのが『歯科矯正』ですよね。

その方法は様々あり、ワイヤーをつける有名なブラケットを使う方法、矯正用インプラントを顎の骨に埋め込み、そこを支点に歯を動かすことによって矯正するインプラント矯正など、他にもそれぞれの症状に合わせた矯正が行われます。

その中で、取り外しができて比較的安価なマウスピース矯正を一番手軽と思い、検討する方が多いです。

今回はそんなマウスピース矯正についてご紹介します!

マウスピース矯正

歯科矯正 マウスピース矯正

ワイヤーが見えてしまうブラケット矯正方法に抵抗がある人に人気なのが、『マウスピース矯正』です。

この矯正方法は、透明のマウスピース型の矯正器具を使い、段階を追って歯の状態にあったマウスピースを交換しながら治療を進める方法です。

食事の際は自分で装置を外します。

前歯だけ矯正したい!などのいわゆるプチ矯正にも用いられます。

また、矯正マウスピース装置もインビザライン、アソアライナー、イークライナー等、多種あるので、受診する歯科医院が扱う物の中で自分に合ったものを選ぶことが出来ます。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

メリット

歯科矯正 メリット

目立たない

歯科矯正を躊躇してしまう理由の一つが、矯正装置の存在感があります。

分からないというわけではなりませんが、マウスピースはブラケットと比べると無色であるために目立つ心配が軽減されます。

歯の手入れが簡単

従来のブラケット矯正だと、自分で取り外しが不可能なので、歯磨きの際の研きづらさや研き残しが気になりました。

マウスピースは自分で簡単に着脱出来るので、歯のお手入れを楽に行うことが可能です。

痛みが少ない

個人差がありますが、マウスピース矯正はブランケット矯正より歯の移動時による痛みが少ないようです。

またブランケット矯正の場合、口の中を器具が傷つけてしまい口内炎の原因になったりしますが、マウスピースにはその心配はありません。

マウスピースを着脱する際、歯が動こうとする痛みは少し感じるようです。

金属アレルギーの心配が無い

マウスピースの素材は厚生労働省きちんと認可したプラスチック素材をしているので、金属アレルギーを持っている方も安心して使用出来ます。

デメリット

歯科矯正 デメリット
出典:kouso-yase.com

使用時間遵守の必要がある

マウスピースは本人が自由に外す事が出来ますが、1日に20時間以上は着けておく必要があり、約2週間に1度は歯科医院で付け替えてもらわなければなりません。

必要時間通りに装着が出来ない場合は歯並びが戻ってしまいます。

重度の矯正には向かない

抜歯が必要だったり、顎の位置が上下左右に大きくズレている場合は、治療時間が不用意に長引いたり費用がかかったりするので、マウスピース矯正は向きません。

マウスピースの種類と費用

マウスピースは種類が様々で、その値段も幅がありますが、基本的なマウスピース矯正の治療費は期間が1年程で40万円~80万円ほどの費用が必要です。

部分矯正などだと、もっと安くなります。

使用するマウスピースは歯科医師と相談の上、治療を始めましょう。
代表的なマウスピースは以下になります。

インビザライン

歯科矯正 インビザライン

費用は約70万円~

米国アライン・テクノロジー社によって作られた、世界中で使われている最も実績のあるマウスピースです。

コンピュータで歯の移動を三次元的にシュミレートし、状況に応じた精度の高いマウスピースを治療終了まで使える治療法です。

アソアライナー

歯科矯正 アソアライナー

費用は約40万円~

日本製のマウスピースになります。
適用症例は狭まりますが、インビザライナーに比べて安価なのが特徴です。

最短10日で作製出来るのですぐに治療が始められますが、1ヶ月に1度ほど通院して歯形を取る必要が有ります。

イークライナー

歯科矯正 イークライナー

費用は約40万円~

イークライナーは、最新のコンピュータシステム(CAD/CAM技術)を使って最初に採った歯形を元にマウスピースを作成し、矯正過程をシュミレートするので、毎回歯型を採る必要が無く、患者さんの負担を減らすことが出来ます。

また従来のマウスピースより薄く出来ているので、喋りにくさや食事のし辛さが軽減されます。

全過程のマウスピースの完成までは、3週間程度を要します。

歯科矯正 イークライナー

上記のマウスピースの他にも、様々な特徴を持ったマウスピースがあります。

見た目に変わりはあまり見られませんが、その特徴や適した状況はありますので、使用を検討する際は、医師と十分に相談することをおすすめします。

最終更新日: 2016-09-07

タグ:
口内炎

記事に関するお問い合わせ

「歯科矯正」に関する記事

歯科矯正についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

どのくらい痛い?歯列矯正ゴムかけの体験談
どのくらい痛い?歯列矯正ゴムかけの体験談

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「歯科矯正」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。