1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 歯周炎 >
  5. 気になる歯周炎の治療とその期間は?

気になる歯周炎の治療とその期間は?

ひとことで「歯周炎」と言っても、症状によって段階があります。 今回は、勘違いしがちな「歯肉炎」との違いや、歯周炎の治療法と治療期間を見てみましょう。

歯周炎て何?

歯周炎 歯周炎て何?

皆さんが良くお聞きする歯周病は、「歯肉炎」「歯周炎」の2つの状態の総称です。

歯肉炎とは、プラークにより歯茎に炎症が起きている状態のことを言います。
この歯肉炎が進行すると、歯茎の炎症だけではなく歯の骨まで解けてしまう状態、歯周炎になります。

歯周炎は、ある日突然症状が現われるものでは無く段階を踏んで少しずつ歯と歯茎を蝕んで行き、「痛い!」と思った時にはかなり症状が進んでいる怖い病気です。

病気の進行状況

健康な歯

歯肉炎(歯茎に歯垢がたまり、炎症が起こる。
2~3ミリの隙間が出来る)

歯周炎(歯肉炎が進んで、歯を形成する骨が破壊され強い腫れや痛みを感じる)

さらに歯周炎には、軽度・中度・重度と症状にも段階があり、重度になると歯茎の隙間は6ミリにもなって、歯がグラグラし始めます。

歯周炎の症状

・歯茎の腫れ
・痛み
・出血や膿み
・歯のぐらつき
口臭

症状が悪化し、いよいよ歯槽骨(歯を支える骨)が破壊されると、歯が抜けてしまい、日常生活に大きな支障をきたします。
そうなる前に、軽度のうちに歯周炎を見極め治療していくことが大切になってきます。

歯周炎の治療方法

歯周炎 歯周炎の治療方法

「あれ?何か歯の調子がおかしい」と感じたら、まずは歯科医院に行きましょう。
前述の通り歯周炎には段階があり、段階によって自分で出来ることもあるため、歯科医ときちんとした判断をしなければなりません。

自分の状態を知る!これが歯周炎の治療の第一歩です。

軽度の歯周病の場合

歯周炎 軽度の歯周病の場合

歯肉炎が進んだ状態。
「歯周ポケット」が3~4mm程度深くなっています。

歯磨きをしていると歯茎から出血も見られます。
まだ軽度なのであまり自覚は無い段階ですが、この時点で治療を行うと回復も早いです。

プラークコントロール

歯周炎 プラークコントロール

簡単に言うと、「歯磨きをきちんとする」です。
歯周病の原因が歯垢(プラーク)が溜まる事なので、まずはしっかりとプラークを除去する事が大切。

多くの人はちゃんと磨けているようでも、実は磨き残しがあるようです。

プラーク除去のためには、毛先の細い歯ブラシがおすすめです。

歯ブラシは歯と歯茎の間に45度の角度で当て、細かく動かしながら磨くように心がけて下さい。
この時あまり強い力で磨くと歯茎を傷めてしまうので、歯ブラシを軽く持ってブラッシングして下さい。

歯の間などは、デンタルフロスという細い糸を使って歯垢を除去します。

以上のことを気をつけても上手に除去できないという人は、自分で意識出来ていない部分があるかもしれないため、歯医者さんなどで歯磨き指導を受けるのも良いでしょう。

歯石の除去

歯周炎 歯石の除去

歯石は、プラークが石灰化したもので、より細菌が溜まりやすくなってしまいます。

この歯石は歯磨きでは除去出来ないので、歯科医院に行って『スケーラー』という先の尖った器具で、歯石を削るように除去していきます。

通常の歯石除去には超音波スケーラーという電動スケーラーが使われますが、細かい部分やしつこい歯石等には手動でハンドスケーラーが使用されます。

定期的に歯科医院で歯石を取ることも、歯周炎の予防になりますね。

中度~重度の歯周病の場合

歯周炎 中度~重度の歯周病の場合

中度になると、歯茎は更に赤く腫れてきます。

歯槽骨の破壊が進み、歯周ポケットは4~5mm程度まで深まります。
その歯周ポケットに歯石が溜まることで、さらに症状が悪化していきます。

重度の歯周炎は、歯と歯の間の隙間が広がっている状態です。
こうなってくると歯茎の痛みをかなり感じるようになります。

歯はぐらつき、歯茎から膿が出ることも。
そのままにしておくと、歯が抜けてしまうのですぐに処置しなければなりません。
中度~重度になってくると、プラークコントロールなどのセルフケアや歯石の除去だけでは症状の改善は出来ません。

歯周外科治療を行う必要があります。

歯周外科手術

フラップ手術

フラップ手術

出典:www.ne.jp

a)フラップ手術
歯茎の奥で治りきらない患部を麻酔をかけて切り開き、汚れを除去します。
除去後は患部を縫合します。

一週間ほどで抜歯するので、その間痛み止めや抗生物質を服用することになります。

b)歯周組織再生法(エムドゲイン療法)
エムドゲインというダンパク質の一種である再生組織を歯根に添付して、歯周組織の再生を促します。

歯周炎の治療期間は?

歯周炎 歯周炎の治療期間は?

軽度

歯周炎初期の治療では、プラークコントロールや歯石の除去が主だった治療です。

治療期間は約2ヶ月

セルフケアをまめに行えば、回復も早いでしょう。

中度

外科的治療も併用してくる中度では、歯の骨も溶けてきています。

治療期間は約3ヶ月~1年程

中期でも根気良く治療を続けることで、自分の歯を残すことが出来ます。

重度

重度の歯周炎は歯槽骨が半分ほど溶けてしまっています。
症状によっては外科治療の他に、抜歯などの処置も必要になってきます。

治療期間は1年~

治療期間も長期化してきますが、気を抜かずしっかりと治療に専念しましょう。

歯周炎 重度

歯科医院での一時的な治療が終了した後でも、引き続きメンテナンス治療を行いましょう。
自己管理を怠っていると、歯肉炎や歯周炎などの歯周病が再発する恐れがあります。

プラークコントロールをしっかり行い、定期的に歯科医院でメンテナンスをして、大切な歯の寿命を延ばしてあげましょう。

最終更新日: 2016-10-24

タグ:
歯周炎 歯周病 口臭

記事に関するお問い合わせ

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「歯周炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。