1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 生活習慣病 >
  4. 高血圧 >
  5. 高血圧のガイドラインて何でしょう?

高血圧のガイドラインて何でしょう?

高血圧と診断されている人は多いのに意外と知らないことが多いのが現状です。日本高血圧学会から出されている高血圧のガイドラインとはどのようなものかを知り、高血圧をもっと身近に感じてみませんか?ここでは、高血圧治療ガイドラインとはどのようなものかを紹介します。高血圧の事を知れば自分の血圧対策が立てやすくなるとともに合併症の予防にもつながります。

高血圧ガイドラインとは?

高血圧 高血圧ガイドラインとは?

日本医学高血圧学会が出している、高血圧についての診断や診察のマニュアルが示されているものです。
このガイドラインは高血圧が及ぼすリスクを最小限に抑え、高血圧によって起こりうる合併症をできるかぎり無くすことが目的です。

■高血圧ガイドライン2014
https://www.jpnsh.jp/data/jsh2014/jsh2014v1_1.pdf

このガイドラインに沿って、医師は患者さんの治療法を決定していきます。
なぜならば、このガイドラインは患者さんにとって最適な治療マニュアルの集大成だからです。

そのため、ここではそのガイドラインがどのようなものなのかを知り、私たちも高血圧を身近なものとして感じられるよう紹介していきたいと思います。

降圧理想血圧の分類

降圧とは、高血圧の患者さんが目安に設定する理想血圧です。
この血圧を維持していけば合併症のリスクを最小限に抑えられることを目的に各自の血圧数値が設定されています。

ガイドラインでは、血圧の高さで分類するのではなく、持病や年齢などにより分類されています。
なぜなら、高齢の方や病気の方では一般的に高血圧ではないとされている数値でも危険な場合があるからです。

特に腎臓病の持病がある方は普通血圧でさえもかなり腎臓に負担がかかっている場合が多いため血圧の数値も低めに設定されています。
また、市販されている血圧計と病院で使用されている血圧計ではその精度が違います。
そのため、家庭血圧計と病院血圧計も分けられています。

高血圧 降圧理想血圧の分類

高血圧リスクの段階

高血圧は高血圧自体が怖いわけではありません。
本当に怖いのは高血圧により引き起こされる合併症が怖いのです。
そのため高血圧ガイドラインでは、合併症が起こりやすい度合いにより3段階のレベルが設定されています。

それでは、一般的に高血圧と共にどのような要素が合併症リスクになりやすいのでしょうか?もっともなりやすいリスク5つをご紹介します。

1.高齢:65歳以上の男女
2.高コレステロール値
3.肥満
4.喫煙
5.糖尿病や腎臓病などの持病

この5つが高血圧に重なると合併症の起きやすくなる確率が何倍にもなると言われています。
しかし、逆に言えばこれらを気を付ければリスクは下がるので対策も立てやすくなりますよね。

高血圧 高血圧リスクの段階

具体的には合併症ってどんなもの?

合併症には多くの種類がありますが、高血圧では、血管に関する疾患が主なので体中の至る所に合併症が起きる可能性が高いです。

中でも、心臓や脳には大きな血管が通っています。
そのため、この部分に合併症が起これば命に関わる状態になってしまうかもしれません。

そのため、高血圧の患者さんは血圧コントロールが大切な合併症予防に繋がってきます。
とくに高齢の方は若い方より血管が弱くなっている場合が多いのでさらに注意が必要になってきます。

降圧剤の使い方

現在多くの血圧治療薬が処方されています。
ガイドラインによれば、最初は少量からスタートし、3か月で上記の理想降圧になるように設定されています。

また、最初の3か月では患者さんの薬に対する適応や他の臓器に負担がかかっていないかなども一緒に検査されていきます。
患者さんによっては血圧の薬によりアレルギーが出てしまったり、合わないために血圧が上手く下がらないような人もいます。

そのような人には、薬の種類を変えたり容量を変えたりして患者さん自身に合った処方がされます。

日本の高血圧の治療の成果はガイドラインの賜物です!

日本では他の諸外国に比べて、高血圧の治療も処方薬も進んでいます。
中には、「日本人は高血圧が多いからだ!」と言われる人もいますが、日本が血圧治療において最前線を行っているのは事実です。

日本の血圧治療ガイドラインは多くの医師たちが自分の患者さんのデータを持ち寄りそのデータに基づいて日本人に合うように作成されています。
そのため、ガイドライン自体はかなり精巧に作られておりそれが患者さんに反映されています。

そのため、諸外国ではまだまだ怖い病気の部類である高血圧も日本では「コントロールできる病気」としてしっかりとした治療を受ければ怖くない病気になってきました。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
高血圧

記事に関するお問い合わせ

「生活習慣病」に関する記事

生活習慣病の記事は他にも多数!

【港区近郊の整体・サロン5選】肩こり・腰痛対策におすすめのクリニックまとめ
【港区近郊の整体・サロン5選】肩こり・腰痛対策におすすめのクリニックまとめ
睡眠時無呼吸症候群とは?原因、症状、検査、治療まで徹底解説!
睡眠時無呼吸症候群とは?原因、症状、検査、治療まで徹底解説!
糖尿病神経症の症状チェック!「足の異変」は要注意!切断の場合も...
糖尿病神経症の症状チェック!「足の異変」は要注意!切断の場合も...
糖尿病で起こる「しめじ」って何?「えのき」も起こる!糖尿病の怖い合併症6つ
糖尿病で起こる「しめじ」って何?「えのき」も起こる!糖尿病の怖い合併症6つ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。