1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療機関・医薬品 >
  3. >
  4. 更年期障害 >
  5. 更年期障害のつらいめまい・頭痛に効果的な漢方薬!

更年期障害のつらいめまい・頭痛に効果的な漢方薬!

めまいや頭痛などの身体的な症状や、憂鬱で不安などといった精神的な症状に悩んでいませんか? もしかしたらそれは更年期障害かもしれません。 今回は、更年期障害のめまい・頭痛を改善するのに効果的な漢方薬をご紹介します。

更年期障害とは

更年期とは女性が妊娠可能な「生殖期」から妊娠不可能な「非生殖期」へと移行していく時期のことです。
閉経の前と後5年間ずつの合計10年程度のことを言い、具体的には40代後半頃から50代前半頃がこれに当てはまります。

この更年期になると卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。
すると脳は女性ホルモンを分泌させようと卵胞を刺激するホルモンを盛んに分泌するようになります。

このように、体内でホルモンのバランスが乱れることで引き起こされる様々な症状を更年期障害と言います。

更年期障害 更年期障害とは

更年期障害の症状

それでは更年期障害の症状にはどのようなものがあるでしょうか。
身体的症状と精神的症状に分けて見ていきましょう。

身体的症状

更年期障害の主な身体的症状には次のようなものがあります。

□めまい、ふらつき
頭痛
□顔ののぼせやほてり、汗が止まらない
□冷え
□動悸
□太る、または痩せる
□倦怠感
□頻尿や尿漏れ
□抜け毛

精神的症状

更年期障害の精神的症状の例は以下の通りです。

□憂鬱になる
□不安
□やる気が起きない
□イライラ

更年期障害のめまい・頭痛の改善に効果的な漢方薬

更年期障害 更年期障害のめまい頭痛の改善に効果的な漢方薬

そんなつらい更年期障害の症状を改善するためには漢方薬がおすすめです。

漢方薬とは植物や動物、鉱物などが由来の「生薬」と呼ばれる天然物を組み合わせて作る薬です。

漢方薬はそれぞれの患者の状態に合わせて処方され、その体質を改善していくことで不調を改善していきます。

では、更年期障害にはどのような漢方薬が効果的でしょうか。
今回はめまいや頭痛に効果が期待できる漢方薬を3つご紹介します。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散には血液の循環を促進する「当帰」や血液を活気づける作用のある「川芎」などの生薬が配合されています。
この漢方薬は血行を良くして全身に栄養を与え、利尿作用によって余分な水分を排出する働きがあります。

当帰芍薬散は、冷えや貧血の傾向があるタイプの人におすすめです。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散には「当帰」や利尿作用のある「茯苓」、緩和作用のある「芍薬」などの生薬が配合されています。
自律神経を調整し、興奮を鎮める働きのある漢方薬です。

加味逍遥散は、疲れやすいタイプの人におすすめです。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸には発汗や解熱作用のある「桂皮」や「茯苓」、「芍薬」などが配合されています。
これは、上半身はのぼせているのに下半身は冷えるというタイプの人におすすめの漢方薬です。

滞った血のめぐりを改善して下半身に熱をめぐらせる働きがあります。

いかがでしたでしょうか。
更年期障害の症状の一種、めまいや頭痛を改善する漢方薬だけでも様々な種類があります。
ぜひ医師に相談して、自分の体のタイプに合った漢方薬を処方してもらってください。

最終更新日: 2016-10-22

タグ:
更年期障害

記事に関するお問い合わせ

「更年期障害」に関する記事

更年期障害についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

知っておきたい!更年期障害の治療方法~ホルモン療法の基礎知識
知っておきたい!更年期障害の治療方法~ホルモン療法の基礎知識
更年期障害の治療って何科を受診すればいい?病院へ行くタイミングと費用は?
更年期障害の治療って何科を受診すればいい?病院へ行くタイミングと費用は?
更年期障害のめまい、動悸、ふらつきに対する治療は?
更年期障害のめまい、動悸、ふらつきに対する治療は?

「薬」に関する記事

薬の記事は他にも多数!

うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「更年期障害」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。