1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 手の病気・症状 >
  4. 胸郭出口症候群 >
  5. 首・肩・手が痛痺れる人必見! 胸郭出口症候群に効果的な運動

首・肩・手が痛痺れる人必見! 胸郭出口症候群に効果的な運動

胸郭出口症候群とは、首~手にかけての痛みや痺れを主症状とする疾患です。 これは腕神経叢という神経が筋肉などの影響で圧迫・牽引されるために生じます。 そのため適切な運動を行い筋肉のバランスを整えれば症状を改善させることができます。 運動をして、辛い痛みや痺れを改善させましょう!

胸郭出口症候群とは

胸郭出口症候群 胸郭出口症候群とは
出典:www.joa.or.jp

胸郭出口症候群とは腕神経叢(上の図では黄色)という首から手に向かって走っていく神経が、圧迫もしくは牽引されることによって生じる疾患です。
症状は首から腕・手にかけての痛みや痺れ、脱力などの神経症状が現れます。

胸郭出口症候群となる原因の多くは“なで肩”です。
なで肩は荷物を持つと肩甲骨全体が引き下げられます。
これに伴い頸部~肩にかけて走っている腕神経叢は下方向への牽引されてしまい、そのストレスが神経症状として現れます。

またストレスや、咳、鼻炎などによる鼻すすりなども胸郭出口症候群の原因となりえます。
ストレスや、咳、鼻すすりは首の筋肉(斜角筋群)を緊張させます。
上の図を見て分かるように、腕神経叢は首の筋肉の隙間をかいくぐりながら通っていきます。
首の筋肉の緊張はこの隙間を狭くしてしまい、腕神経叢を圧迫するのです。

他には猫背などによる胸の筋肉(小胸筋)の緊張や、先天的に肋骨が太いなどの奇形も腕神経叢を圧迫する原因となります。

調べてみよう!

胸郭出口症候群かどうかを調べるスクリーニングテストがあります。
以下、簡単なものを2つ紹介します。

1つは下の写真のように肩を90°ひらき、肘を90°曲げて両手を挙上した姿勢をとります。
この姿勢で3分間グーパーを繰り返し首~手のどこかに痛みや痺れが生じるようであれば胸郭出口症候群の可能性があります。

胸郭出口症候群 調べてみよう!
出典:kyoukaku.noor.jp

もう1つは、図のように肘を曲げて肩の高さに挙げます。
挙げてしばらくすると手のひらの血行が悪くなって、白くなると胸郭出口症候群の可能性があります。

胸郭出口症候群 調べてみよう!

胸郭出口症候群に効果的な運動

胸郭出口症候群に効果的な運動は肩甲骨を正しい位置へと導くような筋肉を刺激する運動と、首~肩にかけてのこわばりやすい筋肉をほぐす運動です。
以下、家でもできる運動を紹介するので是非ためしてみてください。

運動①首の姿勢を正す

胸郭出口症候群 運動①首の姿勢を正す
出典:saita.net

【方法】上を向いて耳の後ろにある骨の窪みに人差し指をさします。
息を吐きながら顎を引き正面を向きます。
回数:10回
腕神経叢を圧迫する原因となる斜角筋という首の筋肉をリラックスかつ筋肉運動を促すことができます。

運動②肩の挙上

胸郭出口症候群 運動②肩の挙上
出典:health.goo.ne.jp

【方法】肩を90°ひらき、肘を90°曲げた状態をキープしたまま肩をすくめます。
回数:5秒キープ×10回
肩甲骨を持ち上げる僧帽筋という筋肉を鍛えることができます。

胸郭出口症候群 運動②肩の挙上
出典:health.goo.ne.jp

【方法】下を向き両手を前方へ突き出します。
顎を引きながら徐々に顔を正面に向け、それに伴い胸を開き手のひらを正面に向けます。
回数:最初の姿勢ならびに最後の姿勢を各20秒キープ×3往復
胸から鎖骨にかけてついている小胸筋という筋肉をストレッチ、運動することができます。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
胸郭出口症候群 ストレス 鼻炎

記事に関するお問い合わせ

「手の病気・症状」に関する記事

手の病気・症状の記事は他にも多数!

腕が上がらない!四十肩五十肩の原因、症状、治療を徹底解説
腕が上がらない!四十肩五十肩の原因、症状、治療を徹底解説
【画像付き】ばね指におすすめのサポーターと正しいテーピングの巻き方まとめ
【画像付き】ばね指におすすめのサポーターと正しいテーピングの巻き方まとめ
ばね指はどうしたら治るの?原因・症状・治療方法まとめ
ばね指はどうしたら治るの?原因・症状・治療方法まとめ
知っておきたい!突き指になった時の正しい応急処置と治療法
知っておきたい!突き指になった時の正しい応急処置と治療法
腱鞘炎の原因や症状と対処法|サポーターや市販薬、治療法を詳しく紹介
腱鞘炎の原因や症状と対処法|サポーターや市販薬、治療法を詳しく紹介

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。