1. ヘルスケア情報 >
  2. コンプレックス >
  3. におい >
  4. う歯(虫歯) >
  5. 自分では気づかない!?口臭をチェックする方法と対策

自分では気づかない!?口臭をチェックする方法と対策

他人の口臭は気になるのに、自分の口臭には気づかない…もしかすると、あなたも口臭が原因で周りに気を遣わせているのかもしれません。 ここでは、口臭をチェックする方法やその対策について紹介します。

口臭をチェックする3つの方法

う歯(虫歯) 口臭をチェックする3つの方法

私たちは他人の口臭には気付くのに、自分の口臭にはなかなか気付けません。

ずっと同じ臭い所にいると鼻が慣れてしまって、臭いを感じなくなってしまう嗅覚の順応反応のせいです。

気づかない間に自分は口臭がしているんではないだろうかと不安になりますよね。
ここでは、そんな口臭を自分でチェックする方法を見ていきましょう。

舌にたくさん白いものが付いていないかチェック

う歯(虫歯) 舌にたくさん白いものが付いていないかチェック
出典:biiki.ueb-a.com

舌は淡紅色(ピンク色)をしていることが本来の色なのですが、口臭のある人は舌苔とよばれる白い苔のようなものがびっしりと付いていることがあります。

舌苔は、伸びて硬くなった舌の角質の隙間に溜まった細菌や汚れ・食べカスです。
口臭の主な成分の1つに硫化水素がありますが、これは食べカスや上皮カスが細菌によって腐敗されることによって発生します。

注意してほしいのは、うっすらと白い膜がついているくらいが健康な舌だということ。

少しでも白い舌はダメだと思い、歯ブラシなどでゴシゴシと舌磨きをすると舌を傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。

歯垢のにおいをチェック

う歯(虫歯) 歯垢のにおいをチェック

口腔内の環境から発生する口臭は、主に細菌が発生する揮発性硫黄化合物という物質が原因です。

実は歯垢は細菌のかたまりなのです。

歯間ブラシやデンタルフロスを使った後、指先で少しブラシの先を触って歯垢のにおいを嗅いでみましょう。

もしにおいがあるのであれば、口臭を発している可能性が高いと言えます。

口臭チェッカーを使ってにおいをチェック

う歯(虫歯) 口臭チェッカーを使ってにおいをチェック
出典:ha-shiritai.com

ブレスチェッカーともよばれる口臭を数値化する器械を使う方法もあります。

今や通販でも売られていて、大体2000~3000円で購入できます。

チェッカーには寿命があり、測定可能回数や期間は商品によって違います。

口臭が起こる原因と対策

気になる口臭の原因は何なのでしょうか?また、どのように対応すればよいのでしょう。

ドライマウスからくる口臭

う歯(虫歯) ドライマウスからくる口臭

ドライマウスとは、口の中の唾液が少ない状態のことを指します。

では、なぜドライマウスになると口臭が強くなるのでしょうか?

もともと唾液には口腔内の細菌を殺菌する作用があり、清潔に保ってくれます。
しかしドライマウスになるとその唾液の量が減少するため細菌が増殖し、口臭が発生してしまいます。

また、唾液に元々含まれているにおい成分は乾燥するとにおいがさらに悪化するため、口臭が気になる方はドライマウスを改善する必要があります。

対策

う歯(虫歯) 対策

できるだけ小まめに水分を摂り、うがいをするようにしましょう。
特に朝起きてすぐの口腔内には細菌があふれているので、しっかりとうがいと歯磨きをするようにしましょう。

話好きの人も要注意。
口を開けてずっと話し続けていると口の中が乾燥してしまいます。
口の中を潤しながら話すようにしましょう。

また、タバコを吸う人は口を開けている時間も多いことや、ニコチンやタールなどの有害物質により血流が悪くなることで唾液の量が低下することが分かっています。
口臭が気になる人は禁煙しましょう。

口腔内の汚れによる口臭

う歯(虫歯) 口腔内の汚れによる口臭

舌苔や食べかすが歯に挟まっていることで、そこから悪臭を発生することがあります。

対策

舌歯ブラシを使用してやさしく舌を磨くようにしましょう。
通常の歯ブラシでは毛先が硬すぎて舌を傷つけてしまう恐れがありますので注意しましょう。

また、食べ物を食べると歯の間に挟まって取れないこともあります。
歯間はなかなか歯ブラシでも掃除しにくいところでもあるので、歯間ブラシやデンタルフロスを使って歯の健康を保つと同時に口臭も予防しましょう。

病気からくる口臭

う歯(虫歯) 病気からくる口臭
出典:good-breath.com

歯周病や虫歯などが口臭の発生源かもしれません。
また、副鼻腔炎や腎臓や肝臓に病気があると口臭が強くなってしまうことがあります。

対策

まずは病院を受診し、病気に対する治療を受けるようにしましょう。

歯医者で口臭予防

歯医者では様々な口臭に対する治療を行ってくれます。

まず次亜塩素酸電解水を使う治療法があります。
次亜塩素酸電解水という殺菌水をつかって10秒ほどうがいをすることによって口の中の殺菌をすることができます。
身体への影響も少なく、口臭治療だけではなく歯周病や虫歯の予防にも効果があると注目されています。

プロバイオティクスという善玉菌を舐めることで口の中の悪玉菌の数を減らしていくという治療法などもあります。

口臭はなかなか相談しにくいものですが、まずは歯科医に相談してみることから始めてみるといいかもしれません。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
う歯(虫歯) 歯周病 口臭

記事に関するお問い合わせ

「う歯(虫歯)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。