1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. お腹の病気・症状 >
  4. 月経前症候群 >
  5. 生理の時にイライラするのは月経前症候群(PMS)?その原因や改善方法

生理の時にイライラするのは月経前症候群(PMS)?その原因や改善方法

月経前症候群という言葉を聞いたことがありますか? 生理前にイライラしたり、すごく眠くなったりするのは、PMSからくる症状かもしれません。 ここではPMSの原因や症状、改善方法について紹介します。

なぜ月経前症候群(PMS)になるのか?

月経前症候群 なぜ月経前症候群(PMS)になるのか?
出典:www.quras.jp

PMSの確かな原因はわかっていませんが、排卵後に起こる黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量の変化がの影響だと言われています。

中でも30代では重い症状が出やすくなることが分かっています。
子育てや結婚、仕事との両立などストレスを抱えることが多く、PMSを発症しやすかったり重症化しやすいのです。

月経前症候群(PMS)の症状

生理が始まる前2週間くらい(排卵後)から始まりまり、生理が始まってから2日ほどで症状は治まります。
その症状としては、ひとそれぞれ。

【精神面に現れる症状】

月経前症候群 【精神面に現れる症状】
出典:thechange.jp

・イライラする
・落ち込みやすい
・ぼーっとする、無気力になる
・緊張している
・怒ったかと思うと泣きたくなったりと情緒不安定
・集中力が続かない

【身体面に現れる症状】

月経前症候群 【身体面に現れる症状】

むくみ、肩こり
・貧血
・体重増加
・食欲が増す
頭痛腰痛
・体が重い、疲れやすい
・にきびなど肌が荒れる
・乳房の痛みや張り
・下腹部の張り
・便秘や下痢
・微熱が出る
・眠気が強い
・眠れない

PMSの症状は200近くあると言われているほど個人差があります。

精神的にもその症状が現われるため、間違って精神科に受診する方もいらっしゃいます。

まずは、生理の時期と精神バランスの関係について書き出してみることをおすすめします。

月経前症候群(PMS)を軽くする生活の仕方

PMSは精神面や身体面に大きく影響することが分かりました。
では、日頃どのようなことに気を付けることができればPMSの症状は軽くなるのでしょうか?

ストレスを発散する

月経前症候群 ストレスを発散する
出典:prcm.jp

ストレスを解消する方法はひとそれぞれでかまいません。
身体を動かしたり、好きなことに集中していると、そちらに意識が向くことでPMSの症状が和らぐようです。

ウォーキングなども良いのですが、家の掃除をすることも身体を動かすことなので、PMS対策ついでに部屋まできれいになるのでおすすめです。

また、温泉に行ったりしてまったりするのも気分転換には良いですし、ゆっくりと海で波の音を聞きながら本を読むのも良いでしょう。

日頃から自分に合ったストレス発散法を見つけてみてください。

考え方を変えてみる

月経前症候群 考え方を変えてみる
出典:surprisekids.net

真面目な性格で自分にも他人にも完璧を求める人は、PMSの症状が強く出ると言われています。
考え方にゆとりがないと、どうしてもストレスを感じてしまうことが多くなるのです。

命にかかわる仕事をしている場合には特に「完璧でないと困るでしょう!」と考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かにそれは大切なことかもしれません。
しかし、人はどうしても「常に完璧ではいられない」ことを認識し、どうすれば安全に仕事をすることができるのかをみんなで考えていくことも必要です。

また、完璧を求めるがゆえに仕事場の雰囲気がギスギスしてしまい、声掛けが不十分になることで危険を誘発してしまうということもあるのです。

考え方を変えることでPMSの症状が軽くなることもあるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

嗜好品をやめる

月経前症候群 嗜好品をやめる
出典:sokkadayo.jp

たばこを吸う人の方が、吸わない人よりもPMSの症状が出やすいと考えられています。

たばこに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があり、その結果全身の血流が低下し、子宮内の血液循環も低下してしまいます。
また、ニコチンやタールなどの化学物質によって、女性ホルモンのバランスを不安定にさせてしまうことでPMSを起こしやすいとも言われています。

更にたばこについては、PMSの症状を悪化させると同時にがんを発症する危険性の高いものです。

また、PMSの治療については「ピル」という治療薬が処方されることがあります。
喫煙している人の場合、このピルの副作用として血液中に血栓を作ってしまう確率が非常に高くなってしまうため、処方されないこともあるのです。

食生活を工夫する

月経前症候群 食生活を工夫する
出典:kinarino.jp

栄養バランスのとれた食事をすることで、ホルモンバランスを整え、PMSの症状が緩和されることが分かっています。
PMSは栄養成分の中の鉄が不足していたり、機能性の低血糖が原因ともいわれています。

❖積極的に摂ってほしい栄養素
大豆イソフラボン 納豆・豆乳・豆腐・油揚げ・きな粉・みそ
ビタミンB6    マグロ・鶏むね肉・カツオ・豚もも肉・牛レバー
ビタミンE    アーモンド・モロヘイヤ・うなぎ・かぼちゃ・ほうれん草・赤ピーマン
マグネシウム   干しエビ・煮干し・エンドウ豆・パルメザンチーズ・ごま・桜エビ
カルシウム    こんぶ・わかめ・とろろこんぶ・ひじき

これらを積極的に摂取してPMSの症状対策をしましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
月経前症候群 にきび(尋常性痤瘡) ストレス 腰痛

記事に関するお問い合わせ

「月経前症候群」に関する記事

月経前症候群についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

もしかして月経前症候群?月経前の辛い症状をチェックしてみよう
もしかして月経前症候群?月経前の辛い症状をチェックしてみよう
月経前症候群の治療として処方されたピルは保険適用外?ピルの副作用はあるの?
月経前症候群の治療として処方されたピルは保険適用外?ピルの副作用はあるの?
月経前症候群の治療が知りたい~月経前症候群に効果的な治療とは
月経前症候群の治療が知りたい~月経前症候群に効果的な治療とは

「お腹の病気・症状」に関する記事

お腹の病気・症状の記事は他にも多数!

胃酸過多の原因と症状とは?効果的な薬とツボを使った治し方についても解説!
胃酸過多の原因と症状とは?効果的な薬とツボを使った治し方についても解説!
生理がこない!?無月経の原因や症状とは?治療法や検査方法まとめ
生理がこない!?無月経の原因や症状とは?治療法や検査方法まとめ
子宮内膜症の治療や検査方法とは?手術の費用や入院期間はどのくらい?
子宮内膜症の治療や検査方法とは?手術の費用や入院期間はどのくらい?
もしかしたら妊娠のサインかも?不正出血と着床出血の違いとは
もしかしたら妊娠のサインかも?不正出血と着床出血の違いとは
【子宮外妊娠】つわり・痛み・出血の症状を解説!異常妊娠時のhCG値はどのくらい?
【子宮外妊娠】つわり・痛み・出血の症状を解説!異常妊娠時のhCG値はどのくらい?

「月経前症候群」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。