1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 眼の病気・症状 >
  4. 結膜炎 >
  5. 結膜炎うつる・うつらないがある?症状チェックと治療方法

結膜炎うつる・うつらないがある?症状チェックと治療方法

結膜炎」と聞くと、うつるのではないかと思う方が多いのではないでしょうか? ほとんどの結膜炎は他人にうつるものですが、うつらない結膜炎もあるのです。 うつる結膜炎とうつらない結膜炎の症状かどうかチェックしてみましょう。また、原因・治療方法などについても紹介します。

うつらない結膜炎とは?原因・症状と治療

結膜炎とは、目の結膜部分が充血して炎症を起こす病気のこと。

細菌性結膜炎、ウィルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎などたくさん種類があります。

うつらない結膜炎と呼ばれているのは、アレルギー性結膜炎のこと。
アレルギー性結膜炎とは、どのようなものなのでしょうか。

アレルギー性結膜炎

結膜炎 アレルギー性結膜炎

簡単に説明すると、目がアレルギー反応を起こしている状態のこと。
アレルギーというのは、あるものにたいして過剰に身体が反応している症状のことをいいます。

❖ダニ・カビ
❖花粉(スギ・ブタクサ・ヒノキなど)

これらが目の中に入ることによって、アレルギー性結膜炎を引き起こすのです。

症状をチェック!

□まぶたがとてもかゆい
□目が充血
□白い目ヤニ

まぶたがとてもかゆくなります。
また目が充血し、白い目ヤニが出ます。
進行すると、まぶた裏の結膜増殖や肥大(巨大乳頭)を起こしたり、結膜の肥厚、輪部病変(黒目の近くが赤く盛り上がる)などを引き起こします。

治療

結膜炎 治療
出典:medistor.net

アレルギー反応を抑えるために抗アレルギー点眼薬を使用します。
さらに症状が強い時には、ステロイド剤を含んだ点眼薬を用いることがあります。

うつる結膜炎とは?原因・症状と治療

うつる結膜炎は、感染性結膜炎と呼ばれ、細菌性結膜炎、咽頭結膜炎、急性出血性結膜炎、流行性結膜炎があります。

さらに、細菌性結膜炎とウイルス性結膜炎に分けられ、ウイルス性結膜炎の場合には、ウイルスを退治する薬はありません。

細菌性結膜炎

結膜炎 細菌性結膜炎

読んで字のごとく、細菌が原因で起こっている結膜炎のこと。

黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、表皮ブドウ球菌など常在している細菌によって起こります。

うつる結膜炎ではありますが、常在菌が原因になるのでその感染力は極めて低いです。
ただし、お年寄りや子供、また風邪などを引いて免疫力が下がっている場合は注意が必要です。

症状をチェック!

結膜炎 症状をチェック!

□トロッとした黄色い目ヤニ
□充血

細菌性の特徴としては、トロッとした黄色い目ヤニが出て充血を起こします。
症状は、初め片目だけですが次第に反対側の目にもあらわれてきます。

治療

細菌に対して有効的な、抗生物質の入った点眼薬を使用します。

咽頭結膜炎

結膜炎 咽頭結膜炎
出典:www.sped.jp

「プール熱」と呼ばれるのは、この咽頭結膜炎のこと。
咽頭結膜炎と言うだけあって、目だけはなく、のどの症状を呈するところが特徴です。

ウイルス性結膜炎で、アデノウイルス(3型・4型・7型など)に感染することによって起こります。

ウイルス性は細菌性よりも感染力が強いため、周りの人への配慮が必要になってきます。

また咽頭結膜炎は学校保健安全法により、第二種の感染症に指定され、「主要症状が消退した後2日を経過するまで」出校停止となっています。

ただし、病状によりにより学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めたときは、 この限りでありません。

症状をチェック!

結膜炎 症状をチェック!

□目の充血
□目ヤニ
□のどの痛み
□発熱(38度以上)
□呼吸器症状

他の結膜炎と同じように目の充血や目ヤニが出てきます。
ただし特徴として、のどの痛みや発熱(38度以上)といった呼吸器症状が見られます。

治療

残念ながらウイルス性結膜炎に特効薬はありません。

現在の主な治療としては、二次感染を防ぐための抗菌薬目薬を使ったり、重度の炎症を抑えるためのステロイド目薬や非ステロイド薬を使用されます。
他にもウイルスに身体が負けないように、きちんと休養することが必要になります。

急性出血性結膜炎(アポロ病)

結膜炎 急性出血性結膜炎(アポロ病)
出典:cornea.gr.jp

急性出血性結膜炎は、出血しているような白目部分の充血が特徴です。

エンテロウイルスやコクサッキ―ウイルスなどによって起こります。

急性出血性結膜炎感染力が強く、注意が必要です。
学校保健安全法により第三種の感染症と指定され、「病状により学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるまで」出校停止とされています。

1971〜72年に日本で最初の流行が起こったのですが、ちょうどそのことアメリカのアポロ宇宙船が月面着陸を行ったため、「アポロ病」とも呼ばれています。

症状をチェック!

□充血
□目ヤニ
□目の中にゴロゴロとした違和感
□まぶたの腫れ
□目に強い痛みを感じる
□異常にまぶしさを感じる
□まぶたの裏に白い粒が集まったようになっている

充血や目ヤニ、目の中にゴロゴロとした違和感、まぶたの腫れが出現します。
突然、目に強い痛みを感じたり、異常にまぶしさを感じることもあります。
また、まぶたの裏をひっくり返すと、白い粒が集まった結膜濾胞というリンパ組織の炎症が見られます。

進行すると、角膜に混濁が起きることで視力が低下することもあります。
また治癒した後、半年から1年後、まれに手足に運動麻痺を起こすこともあるので注意しておきましょう。
ほとんど両目に発症しますが、1週間程度で回復します。

治療

治療としては二次感染を防ぐための抗菌薬目薬を使ったり、重度の炎症を抑えるためのステロイド目薬や非ステロイド薬を使用することになります。

流行性結膜炎

結膜炎 流行性結膜炎

いわゆる「はやり目」とよばれるのは、この結膜炎のこと。

アデノウイルス(8型・19型・37型・54型など)に感染することによって起こります。

流行性と言うだけあって、かなり強い伝染力で感染していきます。
学校保健安全法により第三種の感染症と指定され、「病状により学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるまで」出校停止とされています。

症状をチェック!

□かゆみはない
□目の充血
□目ヤニ
□涙
□目の痛み
□首のリンパ節が腫れる

かゆみはなく、目の充血・目ヤニや涙が多く出てきます。
時に目の痛みや首のリンパ節が腫れることもあります。
治るまでには3週間程度かかりますが、角膜まで炎症が進行している場合には、長くて1年近く症状が続く事があります。

治療

治療としては二次感染を防ぐための抗菌薬目薬を使ったり、重度の炎症を抑えるためのステロイド目薬や非ステロイド薬を使用することになります。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
結膜炎 アレルギー性結膜炎 ウイルス性結膜炎 細菌性結膜炎 咽頭結膜炎 急性血性結膜炎(アポロ病) 流行性結膜炎

記事に関するお問い合わせ

「結膜炎」に関する記事

結膜炎についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【画像・写真付き】結膜炎の種類とその症状を写真で紹介
【画像・写真付き】結膜炎の種類とその症状を写真で紹介

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ものもらい(麦粒腫、霰粒腫)の原因・治療法・費用詳細まとめ
ものもらい(麦粒腫、霰粒腫)の原因・治療法・費用詳細まとめ
物が歪んで見えたら、加齢黄斑変性症かも?原因、症状、治療法をまとめてみました
物が歪んで見えたら、加齢黄斑変性症かも?原因、症状、治療法をまとめてみました
眼底出血って?原因や症状を徹底解説!見え方は?
眼底出血って?原因や症状を徹底解説!見え方は?
人から人へとうつる結膜炎とその潜伏期間とは?
人から人へとうつる結膜炎とその潜伏期間とは?
結膜炎の治療とは?知っておきたい結膜炎の治療日数やその方法
結膜炎の治療とは?知っておきたい結膜炎の治療日数やその方法

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。