1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 健康食品・サプリメント >
  4. 更年期障害 >
  5. 更年期障害に効く漢方はコレ!口コミで評判の良い物4選

更年期障害に効く漢方はコレ!口コミで評判の良い物4選

更年期障害の真っ最中、もしくはこれから更年期をむかえるという方の中には、身体にやさしい漢方を希望される方も多いでしょう。漢方薬は、ドラッグストアや通販でも手軽に手に入れられるというメリットがあります。口コミで定評のある漢方薬を4つご紹介します。

更年期障害とは?

ホルモンバランスの乱れが主な要因

更年期障害 ホルモンバランスの乱れが主な要因

更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンの低下が原因で起こります。
女性は閉経が近づくにつれて、卵巣機能が衰えエストロゲンの分泌が少なくなります。

エストロゲンには、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを保つ働きがありますが、不足するとバランスが崩れ、自律神経障害(血管運動神経障害)が起こります。

この自律神経障害とは自律神経失調症のことで、血行障害を引き起こします。
そのため更年期障害では、のぼせ、ほてり、発汗、冷えなど血行に関連した様々な症状が現れます。

心理精神的な要因も

更年期障害 心理精神的な要因も

しかし更年期障害はホルモンの変化だけではなく、社会、文化、性格など環境や心理精神的な要因も関係しています。

例えば更年期の始まる50代前後の時期には、子どもの独立やそれに伴う生活スタイルの変化、生殖機能の低下による女性らしさの喪失感、成人病のリスクが高まることによる健康不安、老化に順応することへのストレスなどが有ります。

更年期に生じるこのような環境や心の変化は、心理的なストレスとなり、自律神経のバランスに影響します。
更年期障害の症状のうち、不眠、眩暈、動悸、倦怠感、不安、腰痛、冷感などは特に心理的要因が関係して起こるようです。

対症療法に漢方が効く!

そのため更年期障害には、エストロゲンを補充する治療に加え、漢方薬による対症療法が効果的とされています。

医学博士の臼杵悊氏は、日本産科婦人科学会誌の中で「症状が多彩なうえ、心因因子が複雑に絡み合っている更年期障害は、漢方治療の適応の一つと言える」と述べています。

漢方治療は生体全体の機能失調のバランスを正して…自律神経失調に起因する軽症の不定愁訴群を改善する治療法としては最適であり、更年期障害の70%以上に効果がみられる。

日本産科婦人科学会 「更年期障害に対する漢方療法」より参照

引用元: www.jsog.or.jp

漢方治療とは

漢方は様々な生薬を混合して処方する薬のことです。

そんな漢方に対して本当に効果があるの?
と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、この漢方医学と西洋医学は考え方が違います。

西洋医学を元に処方された西洋薬は、有効成分が単一であり、菌やウイルスといった原因を取り除いたりと強い効果があります。

一方漢方薬は、含まれる数多くの生薬がそれぞれ多くの有効成分を含んでい
るため、複数の病気や症状に対して有効と考えられています。

このようなことから更年期障害のような多様な症状があるものには、漢方は有効的なのです。

のぼせ・汗には、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸は、比較的体力がある人におすすめです。

のぼせ、下腹部痛、めまい、頭重等の症状を伴う更年期障害に用いられます。
血の道症と言われる更年期のエストロゲン低下に伴う精神不安やイライラにも効果があり、体力のある人向きです。

重い副作用として、稀に肝臓の異常、倦怠感や発熱、食欲不振、発疹などの症状が起きることがあります。

更年期障害の治療には、女性ホルモンのバランスをとる作用のある漢方薬の「当帰芍薬散」「加味逍遥散」「桂枝茯苓丸」がよく使われています。
重い肩こりや多汗(汗が異常に出てしまう)などの症状が目立つようなら「桂枝茯苓丸」が効果的です。

IクリニックHP「更年期障害」

引用元: www.iclinic-ikb.com

ホットフラッシュがひどいので、婦人科で処方してもらいました。
漢方は穏やかに効くということだったので、正直あまり期待していなかったのですが、飲み始めて1週間経つころには、ホットフラッシュの回数が激減!2週間もすればゼロになりました。
漢方って自分に合っていたら効くんですね。

あまるりりさん51歳

引用元: www.cosme.net

イライラ・不眠には、加味逍遙散(かみしょうようさん)

加味逍散は、体力が中等度以下(虚弱体質)の方で、更年期障害によるのぼせ、肩こり、疲れやすい、不安、イライラ、不眠などに効果があります。

加味逍遙散には重い副作用はありませんが、生薬の甘草が配合されているので、大量に服用すると、むくんだり、血圧が高めになったりする「偽アルドステロン症」を起こすことがあります。

また、肝障害を起こす可能性もありますので、長期に服用する場合には医療機関で定期的に血液検査を受けたほうがいいでしょう。

更年期障害の第一選択薬が加味逍遥散です。
冷えのぼせから頭痛、めまい、動悸、不眠、イライラ、うつ状態など、ほとんどの症状に対応できます。
まずこの薬を一定期間使ってみて、効かないならほかの薬に変えます。

昌平クリニック院長 鍋谷欣市

引用元: shohei-clinic.com

少しの事にイライラしたり気分が凸凹したり、冷えのぼせの様な症状が色々出てきました。
年齢からしたら更年期に入ったなと。
薬剤師さんに聞いたところ加味逍遙散がいいと言われ飲んでます。
最初はよくわからなかったけど2週間程続けて飲んでいたら症状がマシになってきた様に感じたので、気が付けば半年程飲み続けてます。
嫌な汗とイライラなども治ってます。

ysclubさん 48歳

引用元: www.cosme.net

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散は、体力が虚弱で冷え症の方、貧血、疲れやすい方の更年期障害に用いられます。
眩暈、頭重、肩こり、腰痛、冷え症、しもやけ、むくみ、耳鳴りなどの症状に効果があります。

当帰芍薬散には重い副作用はありませんが、稀に胃の不快感や食欲不振、発疹、肝機能の異常を起こすことがあります。
このような症状が現れた場合には、すぐに医療機関を受診しましょう。

例えば、40代後半の女性で以前より冷え、貧血、肩こり、頭痛があったが、ここ半年ほど月経周期が不順となり、それに伴いイライラ、ほてり、発汗、腰痛、不眠、肌の乾燥、むくみやすさが出現したとします。
当帰芍薬散の体質【証】の人であれば、これ一つで上記の全ての症状に効く可能性があります。

代官山パークサイドクリニック院長コラム「漢方薬の話――不定愁訴と漢方薬」

3年前よりホットフラッシュ、動悸、頭重、めまい、むくみが酷く婦人科へ。
更年期障害との事で処方されたのがツムラ当帰芍薬散です。
今、気が付けば肩こり以外の諸症状は気にならなくなっています。
良い主治医に出会い良い処方をして頂いたと感謝せずにはおられません。

みたやさん 52歳

引用元: www.cosme.net

命の母A、命の母ホワイト

命の母A、命の母ホワイトはロングセラーの市販されている医薬品です。
なんと1903年に作られてから100年以上の間、愛され続けているお薬なのです。

命の母Aは生薬+ビタミン配合、命の母ホワイトは生薬配合です。
当帰や芍薬、茯苓、桂皮など11種類の漢方が配合されています。

更年期のイライラや不安、のぼせや頭痛、冷えなどに効果があります。

ほてりと不眠で婦人科にかかってホルモン治療をしてきました。
4年たったのでホルモン治療を中止し「命の母A」を試してみました。
夜中に目がさめることなくしっかり眠れました。
それと寝汗が出なかった。
不思議でした。
ちょうど症状と効果がぴったり合えば漢方も悪くないなあと思います。

ねこのほんだくんさん 54歳

引用元: www.cosme.net

更年期障害はつらいものですが、漢方の力を借りれば改善することができます。
紹介したものを参考に、自分の身体に合う漢方を探してみてください!

最終更新日: 2016-09-08

タグ:
更年期障害 ストレス 腰痛

記事に関するお問い合わせ

「更年期障害」に関する記事

更年期障害についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

知っておきたい!更年期障害の治療方法~ホルモン療法の基礎知識
知っておきたい!更年期障害の治療方法~ホルモン療法の基礎知識
更年期障害の治療って何科を受診すればいい?病院へ行くタイミングと費用は?
更年期障害の治療って何科を受診すればいい?病院へ行くタイミングと費用は?
更年期障害のめまい、動悸、ふらつきに対する治療は?
更年期障害のめまい、動悸、ふらつきに対する治療は?

「健康食品・サプリメント」に関する記事

健康食品・サプリメントの記事は他にも多数!

熱中症を防ぐにはこの方法!外出時にはこんな対策を
熱中症を防ぐにはこの方法!外出時にはこんな対策を

「更年期障害」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。