1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療機関・医薬品 >
  3. 内科 >
  4. 風疹 >
  5. 風疹の抗体検査の費用はどのくらい?検査方法と病院の選び方

風疹の抗体検査の費用はどのくらい?検査方法と病院の選び方

風疹は主に子供がかかる感染症です。しかし、妊娠中の女性が感染した場合に、胎児奇形のリスクがあります。そのため妊活中の女性の中には、風疹抗体を事前にチェックしておきたいと思う方も多いはずです。この記事では、風疹の抗体検査を安心して受けられるように具体的に解説します。気になる費用や方法、どの医療機関で検査を受けられるのかを医療機関からの情報をもとに紹介します。

風疹の抗体検査ってなぜ必要なの?

風疹 風疹の抗体検査ってなぜ必要なの?

風疹はウイルス性発疹症の一種で、発熱・発疹・リンパ節の腫脹が主な症状です。
風疹に罹っても多くの場合は1週間ほどで治癒します。
風疹を発症した人のほとんどは、終生免疫を獲得するので、その後生涯風疹に罹ることはありません。

しかし、風疹ウイルスに感染しても発症しなかった不顕性感染の人(全体の約3割に見られる)や、子どものころに予防接種によって免疫を獲得した人は、免疫が全く無かったり時間とともに減少します。
つまり、風疹抗体価が低い状態、もしくは抗体がゼロのため、大人になってから風疹に罹る可能性があります。

妊娠を希望する人は、風疹の抗体検査をしましょう!

風疹 妊娠を希望する人は、風疹の抗体検査をしましょう!

特に妊娠初期~5ヵ月までの女性が風疹に罹ると、胎児にも風疹ウイルスが感染し、出生児が先天性風疹ウイルス症候群を発症する可能性があります。
先天性風疹ウイルス症候群の新生児は、心疾患・難聴・白内障などの障害を生まれながらにかかえています。

2014年の厚生労働省による調査では、20~40代の女性の18%が風しんへの抗体を持っていないか、低い抗体価であることが報告されています。
そして、2012年10月~2014年10月の期間に先天性風疹症候群の患者が45人報告されています。

ですから、風疹に罹ったことのない人で、特に将来結婚・妊娠を望む若い女性は、風疹の抗体検査を受けることが望ましいと言えます。
また、妊婦を守るという意味で将来パパとなる男性も、一緒に抗体検査を受けるのはふさわしいでしょう。

抗体を持たない又は低い抗体価の妊娠中の女性が風しんにかかると、赤ちゃんに難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障害(先天性風しん症候群)が起こる可能性があります。

引用元: www.mhlw.go.jp

流行期における年毎の10万出生当たりの先天性風疹症候群の発生頻度は日本で1.8~7.7人である。

母親が顕性感染した妊娠月別の先天性風疹症候群の発生頻度は、妊娠1カ月で50%以上、2カ月で35%、3カ月で18%、4カ月で8%程度である。
成人でも15%程度不顕性感染があるので、母親が無症状であっても先天性風疹症候群は発生し得る。

引用元: www.nih.go.jp

抗体検査の費用はどのくらい?健康保険は使える?

風疹 抗体検査の費用はどのくらい?健康保険は使える?

風疹の抗体検査は一般の医療機関、クリニックや病院でうけることができます。
しかし、検査目的の場合健康保険は適用されませんので自費扱いになります。
自費扱いの場合、受ける医療機関によって多少異なりますが、約5000~7000円の費用がかかります。

しかし、厚生労働省の推進する特定感染症検査等事業では、自治体ごとに風疹の抗体検査の費用を助成する制度が設けられています。
検査費用を全額または一部を補助してもらえます。
補助を受ける対象となる方の条件がありますので、最寄りの保健所に問い合わせてみましょう。

風しん抗体検査の助成(特定感染症検査等事業)について
多くの自治体では先天性風しん症候群の予防のために、主として妊娠を希望する女性を対象に、風しんの抗体検査(免疫の状態を調べるための血液検査)を無料で実施しています。

※風しんの抗体検査の実施状況については、自治体によって異なりますので、抗体検査を希望される方はお住まいの地域の保健所までご相談ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/index.html

引用元: www.mhlw.go.jp

抗体が少ないときは予防接種を!

風疹 抗体が少ないときは予防接種を!

風疹の抗体検査は、採血をして血清を調べる方法で行います。
主な検査方法には「HI法」と「EIA法」があります。
結果をもとに、予防接種が必要かどうかを医師とよく相談します。

風疹の予防接種を1回するだけで95%の方が免疫を獲得し、1か月以上の間隔を開けて2回目を摂取すると99%に上昇すると言われています。
妊娠してからでは間に合わないので、結婚・妊娠を考えている方は早めに検査をお受けになるようお勧めします。

HI法:
8倍未満――免疫を保有していないため風しん含有ワクチンの接種を推奨します。

8倍・16倍――妊娠を希望する女性などより確実に予防を行う必要のある方は、確実な予防のため風しん含有ワクチンの接種を推奨します。

EIA法:
陰性または判定保留――免疫を保有していないため風しん含有ワクチンの接種を推奨します。

陽性(EIA価8未満)――妊娠を希望する女性などより確実に予防を行う必要のある方は、確実な予防のため風しん含有ワクチンの接種を推奨します。

引用元: www.mhlw.go.jp

HI法とEIA法の違い

風疹 HI法とEIA法の違い

「HI法」は赤血球凝集抑制法と言い、風疹ウイルスに感染した4日後からHI抗体が上昇し長時間持続し、免疫の状態を調べるのに適した検査法です。
「EIA法」は酵素抗体法と言い、微量のウイルスの抗体価をも調べることができ、IgM・IgGなど免疫グロブリンの量を調べることができる検査法です。

基本的にはどちらの検査法を用いても、風疹抗体の有無をワクチン接種の必要の有無を判定する材料になります。
「EIA法」は「HI法」よりも検査結果が数日早く出るというメリットがありますが、検査料金が高くなります。

抗体検査なしで予防接種を受けてもいい?

風疹 抗体検査なしで予防接種を受けてもいい?

Q.過去に風疹の予防接種を受けた(抗体があるか)かわからない。
受けても大丈夫でしょうか?

A.仮に抗体があった方でも、受けても問題はありません。

急ぐ方や過去の予防接種の記憶のない方、費用を節約したい方は、風疹の抗体検査を受けず、すぐに風疹ワクチンの接種を受けることも可能です。
もし風疹抗体があって予防接種を受けたとしても害は無いようです。
ただし、担当の医師とよく相談して決めましょう。

風疹の抗体検査や予防接種を実施しているのは、内科や小児科などのクリニック、または病院です。
事前に電話で検査が可能かどうか、また費用はどのくらいか問い合わせてから受診されると安心かもしれません。

最終更新日: 2016-11-06

タグ:
風疹 白内障

記事に関するお問い合わせ

「風疹」に関する記事

風疹についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

大人の風疹ってどんな症状?分かりやすい画像付き解説
大人の風疹ってどんな症状?分かりやすい画像付き解説
風疹かどうかは血液検査でわかる!妊娠中に気になる抗体検査の数値。
風疹かどうかは血液検査でわかる!妊娠中に気になる抗体検査の数値。
麻疹(はしか)と風疹(三日はしか)…よく聞くけどどうちがうの?違いを徹底比較!
麻疹(はしか)と風疹(三日はしか)…よく聞くけどどうちがうの?違いを徹底比較!

「内科」に関する記事

内科の記事は他にも多数!

出血すると血が止まりにくくなる病気、血友病A・Bとは?原因や症状、治療まとめ
出血すると血が止まりにくくなる病気、血友病A・Bとは?原因や症状、治療まとめ
【再生不良性貧血】めまいだけじゃない!詳しい症状を紹介
【再生不良性貧血】めまいだけじゃない!詳しい症状を紹介
再生不良性貧血の原因とは?先天性?後天性?気になる検査・診断についても解説
再生不良性貧血の原因とは?先天性?後天性?気になる検査・診断についても解説
逆流性食道炎の治療薬がよくわかる!市販薬や副作用も詳細解説
逆流性食道炎の治療薬がよくわかる!市販薬や副作用も詳細解説
【画像付き】繰り返す口内炎はベーチェット病かも?気になる治療法とは
【画像付き】繰り返す口内炎はベーチェット病かも?気になる治療法とは

「風疹」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。