1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 妊娠・出産 >
  4. 風疹 >
  5. 妊婦さんも旦那さんも気を付けて!大人の風疹が危険な理由とワクチンの時期

妊婦さんも旦那さんも気を付けて!大人の風疹が危険な理由とワクチンの時期

妊婦さんにとって病気は母子ともに怖いものです。 特に風疹は母体のみならず胎児にも影響を与えてしまう可能性があります。 また、妊婦さんだけでなく旦那さんも考なければいけない病気です。 その詳細について説明します。

風疹について

風疹 風疹について

そのそも風疹とはどのような病気なのでしょうか?

風疹はウイルス感染症の一つで、正式にはトガウィルス科ルビウィルス属RNAウィルスを指します。
日本では三日はしかとしても知られていますが、1週間もすればほぼ完治しているといえます。

飛沫感染と言われる移り方で、感染者の唾液などと直接・間接的に接触することで罹ります。
くしゃみや咳には注意が必要です。

風疹の症状

風疹は感染した後、2~3週間潜伏した後に症状が出始めます。

大人であれば、その後5日間程度37~38度の発熱(ない人もいます)が出てきます。
咳や喉の痛みや頭痛、怠さ等の風邪のような症状があります。
数週間、小さくて細かい赤い発しんが顔から出始め、全身に一気に広がります。
首のリンパ節の腫れが現れます。
また、目の充血などもあります。

通常は、安静にしていれば問題ありません、症状が重い場合には、症状を緩和する対症療法が行われます。
二次感染予防のために、抗菌薬が使われることもあります。

しかし、15%から30%の人は、感染しても症状が出ないといわれています。
知らない間に感染し、周りにいる妊婦にうつしてしまうこともあるのです。
感染力は非常に強く、インフルエンザは1〜3人であるのに対し、風疹は5人〜7人と言われています。

妊婦が風疹になると危険な理由

風疹 妊婦が風疹になると危険な理由

それではなぜ妊婦が風疹になると危険とされているのでしょう。

それは妊婦が風疹に罹った場合、胎児に先天性風疹症候群というものを引き起こすからです。
特に典型的な症状は、先天性の疾患として奇形、難聴、白内障、心臓病などがあります。

その確率は妊娠10週までに妊婦が風疹ウイルスに初感染した場合は、90%の胎児に様々な影響を及ぼすとされています。

風疹ワクチンを受けていない人も…?

風疹 風疹ワクチンを受けていない人も…?

風疹は根本的な治療がない為、一度罹り終生免疫を獲得するか、ワクチンで予防する方法が薦められています。

日本では妊娠中の風疹を防ぐため、昭和52年以降、女子中学生を対象に風疹ワクチンの集団接種が開始されました。
これは当初、女性のみの接種で対応できると考えられていた為です。
その後、男性にも必要性があると判断され、平成7年4月から男女中学生と男女幼児が接種することになりました。

しかし、急きょ中学生から乳幼児期に引き下げられたため、この間に存在する「昭和54年4月2日~昭和62年10月1日生まれの人」は接種できていないのです。

加えて、学校での集団接種ではなく医療機関での個別接種であったため、全ての男女が風疹ワクチンを接種しているとは限らないのが現状です。

旦那さんにもワクチンが必要な理由

風疹 旦那さんにもワクチンが必要な理由

妊婦が風疹に罹らないようにするには、妊婦自身が事前にワクチンなどの対策をしておく必要がありますが、更にはパートナーになるだろう旦那さんにも当然対応が必要になってきます。

予防接種が男女均等に摂取できなかった昭和54年4月2日~昭和62年10月1日生まれの人の男性は制度移行期にあった為、風疹の抗体価が低く感染のリスクが高いのです。

だからこそ、女性だけではなく男性も風疹ワクチンについて考える必要があるのです。

患者の8割近くが男性で、その多くが20代から40代です。

なぜ男性に風疹患者が多いかというと、子どものころ、予防接種の対象ではなかったり、対象であっても受けていなかったりして、抗体がない人が多いためです。

引用元: www.nhk.or.jp

患者は成人が9割で、とくに男性は20~40代に多く、男女差は3.7倍程度です。

2014年度の感染症流行予測調査によると、30代前半~50代前半の成人男性の5人に1人は風疹の免疫を持っていませんでした。
20代の男性は10人に1人、30代後半の男性では5人に1人です。

引用元: www.myclinic.ne.jp

まとめ

風疹 まとめ

妊娠中は予防接種を受けることは出来ません(予防接種自体で胎児に影響が出る可能性がある為)。
女性は妊娠前に風疹の抗体があるか確認し、予防接種を受ける必要があります。

大人でも小児科で接種することができます。
また、内科でも可能です。
医療機関にもよりますが、約4000~6000円程度の費用がかかります。

母親と子どもの両方を守る為に、男性もしっかりと予防接種を受けておく必要があるのです。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
風疹 白内障

記事に関するお問い合わせ

「風疹」に関する記事

風疹についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

大人の風疹ってどんな症状?分かりやすい画像付き解説
大人の風疹ってどんな症状?分かりやすい画像付き解説
風疹かどうかは血液検査でわかる!妊娠中に気になる抗体検査の数値。
風疹かどうかは血液検査でわかる!妊娠中に気になる抗体検査の数値。
麻疹(はしか)と風疹(三日はしか)…よく聞くけどどうちがうの?違いを徹底比較!
麻疹(はしか)と風疹(三日はしか)…よく聞くけどどうちがうの?違いを徹底比較!

「妊娠・出産」に関する記事

妊娠・出産の記事は他にも多数!

【胞状奇胎の手術・治療法まとめ】治療後は妊娠可能?診断で見られるhCG値とは?
【胞状奇胎の手術・治療法まとめ】治療後は妊娠可能?診断で見られるhCG値とは?
妊娠高血圧症候群ってどんな症状なの?原因や症状、予防法を知ろう!!
妊娠高血圧症候群ってどんな症状なの?原因や症状、予防法を知ろう!!
完全母乳はいつからできる?割合や完母のメリット・デメリット、オッパイトラブルなど
完全母乳はいつからできる?割合や完母のメリット・デメリット、オッパイトラブルなど
とにかく安静にすることが大切!「切迫早産」での過ごし方。自宅安静のススメ。
とにかく安静にすることが大切!「切迫早産」での過ごし方。自宅安静のススメ。
陣痛促進剤はいつから使う?副作用など自然分娩との違いを検証!
陣痛促進剤はいつから使う?副作用など自然分娩との違いを検証!

「風疹」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。