1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 眼の病気・症状 >
  4. 歯周病 >
  5. 【歯周病薬の副作用】知って得する上手な薬の使い方

【歯周病薬の副作用】知って得する上手な薬の使い方

歯周病の治療に薬物治療があります。きちんと使用することでよりスムーズな治療ができるといわれる一方、気になる副作用もあるといわれます。 今回は、歯周病の治療で使用される薬の効果、そして副作用についてご紹介します。

歯周病菌の放置はかなり危険!?

歯周病 歯周病菌の放置はかなり危険!?
出典:jp.pinterest.com

歯周病者は8割。歯を失う原因の第1位

歯周病とは、歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットといわれるすき間に、細菌や食べかすなどによってできた歯垢(プラーク)が溜まることで起こる、長期間の炎症です。
身体が細菌などに対して反応することで起こるのが歯周病の始まりだとされます。

今や大人の8割が歯周病、もしくは歯周病になりかけだとされます。
また歯周病は歯を失う原因の第1位とされ、全体の4割以上を占めているといわれています。

高齢化が進んでいる現在, 高齢者のQOL向 上のためにも歯の喪失を防止し健康な歯を維持する必要がある。
歯の喪失の主な原因としてあげられる歯周 疾患は成人の80%が罹患している疾患である。

歯を失う原因の第一位が「歯周病(歯槽膿漏)」で「虫歯」を抜いて約4割を占めます。

引用元: www.ootemachi.biz

歯周病は全身に影響する病気

歯周病 歯周病は全身に影響する病気
出典:jp.pinterest.com

歯周病は一見すると歯の病気だと思いがちですが、実は全身に影響を及ぼす病気のひとつと考えられるようになってきました。

歯周病の原因となる細菌が血流に乗って運ばれることで、心臓や脳の血管にダメージを与え、心筋梗塞や脳卒中という病気を引き起こすといわれています。
その他にも肺炎、糖尿病といった病気との関連も示唆されていることから、歯周病は全身の病気と考えられるようになっています。

歯周病対策に使われる薬の種類と効果

歯周病は基本治療が大切

歯周病 歯周病は基本治療が大切

歯周病の治療には以下の「基本の治療」と呼ばれるものがあります。

*スケーリング:歯の表面や歯の根の部分に溜まった歯垢や歯石を専用の機器で取り除く治療のこと。

*ルートプレーニング:スケーリングだけでは取り除けない歯ぐきの深い場所にある歯石などを取り除き、根の表面をきれいにする治療のこと。

*ブラッシング:病院での磨き処置のほかセルフケアとしての歯磨きなど。

こういった基本の治療が、まずは歯周病治療の第1選択とされます。

歯周病は基本治療との併用が基本

歯周病の状態がひどい場合、あるいは急速に歯周病の状態が進行する場合などは基本の治療に加えて薬を使うこともあります。
ただ薬は長期間の使用を目的とするものではなく、あくまで応急処置です。

日本歯周病学会の治療指針においても、薬は単独で使うのではなく、基本治療と合わせ行うことと明示しています。
「薬だけを飲んで歯周病を治す」というのではなく、「薬を飲みながら歯周病の対策をしていく」ことが必要だということです。

1 - 1 歯周膿瘍の治療原則 歯周膿瘍(歯周炎の急性発作)に対しては、応急処置として抗菌薬を単独で経口投与やポケット内投与 することもあるが、その後、歯周治療を行うことを前提とする。

引用元: www.perio.jp

2 - 1 治療原則 抗菌薬の経口投与やポケット内投与は、単独使用は行わず、機械的プラークコントロール〔良好な口腔 清掃が確立した後のスケーリング・ルートプレーニング(SRP)〕との併用、あるいは機械的プラークコン トロール直後の使用を原則とする。

引用元: www.perio.jp

歯周病は治療薬は抗菌薬

歯周病 歯周病は治療薬は抗菌薬

歯周病の治療に使われる薬は抗菌薬といわれる薬です。
抗菌薬と混同しやすいものに抗生物質があります。
抗生物質は病原菌である微生物をやっつけることができる化学物質で、ある種の微生物がつくりだすものです。

しかし医学の発展によって人間も病原菌である微生物をやっつけることができる化学物質をつくることができるようになりました。
こういったものを厳密には抗菌薬とよんでいます。

ただ人間は抗生物質も人工的につくれるようになったこともあり、最近は抗生物質も人工的につくる化学物質もふくめて「抗菌薬」と呼ばれることがあります。

歯周病治療のおもな抗菌薬

歯周病の治療に使われる薬は主に以下のものになります。

*テトラサイクリン系治療薬

*ペニシリン系治療薬

*セフェム系治療薬

*マクロライド系治療薬

*ニューキノロン系治療薬

薬は作用などの違いからいくつかのグループに分けられていて、そのグループを「系」といいます。
そしてそのグループの中にもたくさんの薬があります。

薬は状態によって使い分けられます。
歯周ポケットに塗るものもあれば、飲み薬として使用されることもあります。

注意しておきたい薬の副作用

薬には効果がある反面、副作用もあるものです。
先ほど述べた治療薬でみられる副作用についてみていきましょう。
(取り上げた薬品名は一例です)

テトラサイクリン系

ぺリオフィール

ぺリオフィール

*皮膚症状
赤いぶつぶつ(発疹)、じんま疹、かゆみなど

*消化器症状
腹痛、吐き気(あるいは吐く)、下痢、食欲の低下など

*全身の症状
めまい、頭痛、全身のだるさ、むくみ、ショック症状など

ペニシリン系

サワシリン

サワシリン

*皮膚症状
赤いぶつぶつ(発疹)、じんま疹、かゆみなど

*消化器症状
腹痛、吐き気(あるいは吐く)、下痢、やわらかい便、食欲の低下

*呼吸器の症状
せき、発熱、呼吸困難など

*血液に関んする症状
全身のだるさ、のどの痛み、出血しやすいなど

セフェム系

セファレキシン

セファレキシン

出典:hanoblog.com

*皮膚症状
赤いぶつぶつ(発疹)、じんま疹、かゆみ、水ぶくれなど

*消化器症状
腹痛、吐き気(あるいは吐く)、下痢、やわらかい便、食欲の低下

*腎臓の症状
頭痛、尿の量が減る、全身のだるさなど

*血液に関んする症状
全身のだるさ、のどの痛み、出血しやすいなど

*そのほかの症状
関節の痛み、リンパ腺の腫れなど

マクロライド系

ルリッド

ルリッド

*皮膚症状
赤いぶつぶつ(発疹)、じんま疹、かゆみ、水ぶくれなど

*消化器症状
腹痛、吐き気(あるいは吐く)、下痢、やわらかい便、食欲の低下

*腎臓の症状
頭痛、尿の量が減る、全身のだるさ、のどの渇きなど

*心臓の症状
胸の痛み、息切れ、動悸(うごくとドキドキする)

ニューキノロン系

クラミット

クラミット

出典:www.oms-hk.com

*皮膚症状
赤いぶつぶつ(発疹)、じんま疹、かゆみ、水ぶくれなど

*消化器症状
腹痛、吐き気(あるいは吐く)、下痢、やわらかい便、食欲の低下

*腎臓の症状
頭痛、尿の量が減る、全身のだるさなど

*筋肉の障害
けいれん、筋肉痛、脱力感、赤褐色尿(筋肉が破壊されて組織が尿中に出てしまう)、アキレス金の痛みなど

※代表的な副作用のみを記載しています。
それぞれの系統にはたくさんの薬があり、薬によって副作用は必ずしも一様ではありません。
処方を受けるときに副作用については、医師にしっかりと確認しておきましょう。

最後に

歯周病 最後に
出典:jp.pinterest.com

歯周病の治療薬について紹介しました。
治療薬の使用は、それだけで歯周病を治すものではなく、治療の中で用いられるひとつの処置とされます。
まずは基本の治療とセルフケアとしての歯磨きなどをきちんと行うことが大切です。

また治療薬の使用は、効果が得られるというよい面もあれば、副作用という避けたい面があります。
薬については医療期間できちんと確認するようにしましょう。

参考文献

*日本歯周病学会・歯周病患者における抗菌療法の指針http://www.perio.jp/publication/upload_file/guideline_antimicrobial_therapy.pdf 

*日本歯科医師会雑誌Vol.62・歯周病に対する経口抗菌薬は有効なのか?-臨床薬理学者からの見解-
http://sunano.whitesnow.jp/pdf/perio-medicine.pdf 

*P&G・オーラルヘルスと全身の健康
http://www.braun.co.jp/oral_health/oral_health.pdf
 
*8020推進財団・歯周病と生活習慣病の関係
http://www.8020zaidan.or.jp/pdf/jigyo/sisyuu.pdf 
*QLife・お薬を調べる
https://www.qlife.jp/meds/ 

*島根医科大学紀要第26巻・ 鹿島町における歯周疾患の関連因子とその予防対策の検討
http://www.lib.shimane-u.ac.jp/kiyo/m002/0026/004.pdf
 
*大手町デンタルクリニックHP・歯周病治療
http://www.ootemachi.biz/medical/periodontosis.html 

*野崎歯科医院HP・ルートプレーニング
http://nosakashikadental.com/?m=wp&WID=9327 

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
歯周病 糖尿病

記事に関するお問い合わせ

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ものもらい(麦粒腫、霰粒腫)の原因・治療法・費用詳細まとめ
ものもらい(麦粒腫、霰粒腫)の原因・治療法・費用詳細まとめ
物が歪んで見えたら、加齢黄斑変性症かも?原因、症状、治療法をまとめてみました
物が歪んで見えたら、加齢黄斑変性症かも?原因、症状、治療法をまとめてみました
眼底出血って?原因や症状を徹底解説!見え方は?
眼底出血って?原因や症状を徹底解説!見え方は?
人から人へとうつる結膜炎とその潜伏期間とは?
人から人へとうつる結膜炎とその潜伏期間とは?
結膜炎の治療とは?知っておきたい結膜炎の治療日数やその方法
結膜炎の治療とは?知っておきたい結膜炎の治療日数やその方法

「歯周病」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。