1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. う歯(虫歯) >
  5. 虫歯の治療って何回かかるの?治療回数と虫歯の関係

虫歯の治療って何回かかるの?治療回数と虫歯の関係

歯医者の通院は長くかかるから、行きたくないなと思う人は少なくないはずです。時間もお金もかかるので心配になりますね。でも、どうして何回も通院しないといけないのでしょうか?ちゃんと理由があります。

虫歯治療の回数の目安

小さな虫歯

う歯(虫歯) 小さな虫歯

小さな虫歯であれば表面の虫歯の部分だけを削除し、合成樹脂(レジン)を充填します。
この場合は1回で済む場合があります。

3割負担の保険適用で約2,000円程度です。

範囲の大きな虫歯

う歯(虫歯) 範囲の大きな虫歯

大きな虫歯は、インレーという金属やセラミックの詰め物をして治療します。
型を取り、装着するため最低2回の通院が必要です。

費用は3割負担の保険適用で、小さな銀歯約4,000円、奥歯に銀歯約4,500円、白い硬化プラスチック約6,000円程度がかかります。

歯と同色のセラミックのかぶせ物を使用する場合は7~12万円前後の費用がかかります。

神経に達する虫歯

う歯(虫歯) 神経に達する虫歯

神経に達するほどのひどい虫歯や神経が死んでしまって化膿してしまっている場合は、根管治療を行います。
根管治療というのは、簡単に言えば歯の根っこの治療のことです。

歯を残すために行い、慎重さが求められます。

もう少し詳しく説明すると、虫歯の部分を除去し、神経にスペースに穴を開け、その後根管内の歯髄や死んだ組織を除去し、根管を広げます。
そして炎症がなくなるまで消毒を繰り返し、根の先まで薬を詰めて封鎖し、詰め物やかぶせ物をして噛めるように仕上げます。

このような治療になってくると最低でも4回、目安としては8~10以上の通院が必要になってきます。

3割負担の保険適用で、神経を抜く治療約4,000円、歯を抜く治療約3,000円、神経がない歯を補強する治療約2,000円程度かかります。

歯の神経と虫歯の関係

う歯(虫歯) 歯の神経と虫歯の関係

歯の神経を取る治療が必要になった場合は、期間は長引きます。

歯の表面だけが虫歯になっている場合は、そこを削って補強すればいいのですが、虫歯が歯髄全体まで感染すると、感染した神経は取り除かなければいけません。

このような症状が見られたら神経に達しているかもしれません

・冷たいものだけでなく、温かいものにも痛みを感じたり、しみたりする。
・噛むと痛い。
・寝る時も痛い、痛み止めが効かない。
・歯根から膿が出ている。
・リンパ腺や頬まで腫れている。

神経の役割

う歯(虫歯) 神経の役割

歯の神経は歯に起こった変化を知らせてくれて、虫歯や歯が割れることから守ってくれます。
また食事をする時には、温度を感じ取れる働きも持っているのです。

この神経を抜くと、水分を失い歯は黒く変化してしまいます。

黒くなるだけではなく、歯はもろくなり、欠けたり割れたりすることにもつながり、歯の寿命が短くなります。

痛いのを我慢していたら、痛みがなくなったということがあるかもしれませんが、それは治ったわけではなく、歯の神経が死んで痛みがなくなっただけであって治療が必要であることは言うまでもありません。

早い段階で治療を受けることで、痛みもなく、歯が黒くなる心配もなくなります。

どうして一度に治療してくれないの?

保険の問題

う歯(虫歯) 保険の問題

治療回数を分けるのには国が定めた「保険」のルールが関係しています。
このため一度に全ての虫歯の治療はせず、数回に分けて行っているのです。

例えば、歯石除去と虫歯治療は同時には行えません。
現在の国の方針で、歯石除去の終了後に虫歯治療を行うように指導されているからです。

歯石除去の回数に関しても最低3回、最大で8回の治療が義務付けられています。
虫歯の治療に入るまでに数回の通院が必要になるのはこの理由です。

また保険の仕組みとしては、歯周病や義歯を除いて歯は一本単位で考えられています。
そのためまとめて治療して点数が高くなると、方針を無視しているのか、不正請求をしているのかといった疑いから、行政からの審査を受けやすくなります。

他にも時間がかかる理由としては、歯の治療は風邪や怪我とは違って自然治癒しないため、最後まで治療を続けなければなりません。

患者としては、痛みがなくなったからさっさと次の段階に進んでほしいと思うかもしれませんが、医師はまだバイ菌がいるのが分かるので消毒を続けたりします。
特に虫歯は感染症ですから細菌との戦いです。

細菌の増殖を抑えてはじめて次の段階の治療に進めます。

患者の身体への負担

う歯(虫歯) 患者の身体への負担

長い時間、口をあけっぱなしにしておくのはつらいものです。

患者が疲れたり、集中力が切れて口を閉じてしまったら大きな事故につながりかねません。
虫歯の治療は医師だけでなく、患者の協力も必要なので患者の身体の負担も考慮され治療を分けて行います。

通院回数があまりに多すぎるのも問題ですが、少なすぎるのも問題になるのです。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
う歯(虫歯) 歯周病

記事に関するお問い合わせ

「う歯(虫歯)」に関する記事

う歯(虫歯)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

虫歯の神経治療ってどんなことをするの?通院回数や費用もご紹介!
虫歯の神経治療ってどんなことをするの?通院回数や費用もご紹介!

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「う歯(虫歯)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。