1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 親知らずが虫歯になった!治療に関する基礎知識

親知らずが虫歯になった!治療に関する基礎知識

前歯から数えて8番目、20歳前後になると1番奥に生えてくる歯を親知らずと言います。実はその親知らず、必ず抜歯する必要があるものではありません。親知らずが虫歯になった時の治療について解説します!

親知らずの治療

親知らずの治療

親知らずの生え方や虫歯の状態、個人差のある顎の開き方などによって治療内容が変わります。

親知らずの治療法で有名なのは抜歯ですが、上に向かってきれいな状態で生えている親知らずは抜歯しないで良いケースが多いです。

また虫歯になった場合も一般の虫歯治療法である、CR充填と呼ばれるコンポジットレジン(プラスチック)による治療や被せものによる修復が可能です。

今回はあまり知られていない、親知らずの生え方に関する基礎知識と、親知らずの治療の際のCR充填や歯冠修復(かぶせもの)に関する基礎知識をご紹介します。

親知らずの生え方についての基礎知識

上(下)に向かってきれいに生えている親知らず

一番奥にそれと気づかないようなきれいな状態で生えている親知らずであれば抜歯はせずに他の歯と同様に扱うことが多いです。

あえて抜歯せずに残すことが噛み合わせにも良い影響を与えるケースもあります。

ご自身でも特に違和感、痛みや圧迫感など生活に支障が無ければ特別に気にする必要はありません。

虫歯になっても治療が可能で、親知らずを残すことは十分に可能です。

親知らずが上下にあり噛み合わせの状態が良い場合

親知らずが上下にあり噛み合わせの状態が良い場合

親知らずが上下ともに生えていて、なおかつ噛み合わせる状態が良い場合は抜歯する必要はありません。

また虫歯になった場合も、きれいに生えた親知らずであれば虫歯を治療して、噛み合わせの一助となるように残すことをお勧めする歯医者さんが多いです。

親知らず=抜歯ではありません。

抜歯以外の虫歯治療法

親知らずの生え方、虫歯の進行状況を確認するためにまずは歯医者さん(歯科医院・クリニック)で診察を受けましょう。

その際に、様々な治療方法や抜歯する方がいい場合などありますので基礎知識を身に付けて歯科医師と相談できるようにしておきましょう。

安易に抜歯する歯医者さんよりも、いくつかの治療方法を提案をしてくれる病院での治療をおすすめします。

抜歯以外の主な治療法としては、CR充填と呼ばれるプラスチックによる修復治療や、被せもので修復する治療などがあります。

CR充填

比較的小さな虫歯に適用されます。

虫歯になった部分を削り、そこへCR(コンポジットレジン)と呼ばれるプラスチックを補い、形を整えて修復します。

この治療法では10分未満で完了することが多く、治療費は保険診療3割負担で治療部位によって1,000~2,000円程度です。

歯冠修復(しかんしゅうふく)/被せもの

CR充填では補えない比較的大きな虫歯に適用されます。

虫歯になった部位を削り、被せものを作るための型取りを行います。
そのため、当日は10~20分程度かかり、被せものが出来上がるまで1週間かかります。
被せものが入るまでは仮の詰め物で一時的に補います。

こちらの治療法では虫歯を削るだけの治療なのか神経をとってしまうのかによって日数、費用が変わります。

詳しくは歯科医師またはスタッフにお尋ねください。

親知らずが虫歯になったけど、どうしたらいい?

要注意!親知らずの手前の歯が虫歯になった

虫歯リスクの高い、親知らずと隣接したケース

虫歯リスクの高い、親知らずと隣接したケース

斜めに生えた親知らずに隣接し虫歯になった歯(黒い部分が虫歯)

斜めに生えた親知らずに隣接し虫歯になった歯(黒い部分が虫歯)

親知らずは一番奥に生えるため磨き残しなどで汚れが溜まりやすく、その為に虫歯になりやすくなります。
そうして親知らずいつの間にか虫歯になり、その虫歯が手前の歯に感染して手前の歯も虫歯になってしまうことがよくあります。

この場合には両方の歯をCR充填によって治療するケースと、親知らずの生え方、状態によって抜歯するケースにわかれます。

親知らずよりも手前の虫歯が大きい場合にはあえて親知らずを治療して残し手前の歯を抜歯するという方法をとる場合があります。

あるいは親知らずを抜歯して手前の歯を治療する歯医者さんもあり治療方法は治療者によって判断が異なりますので、気になる場合にはよく歯科医と相談して治療か抜歯かを決めましょう。

手前の歯を抜歯する場合

親知らずと手前の歯が虫歯になり、手前の歯を抜歯し親知らずを残す場合、20代前後の若年の方であれば手前の歯が抜歯されて無くなることによって自然の力で親知らずが手前へ動いてくる場合があります。

また、親知らずを手前へ誘導する部分矯正という方法もありますので気になる方は歯科医師に相談してみて下さいね。

口を大きく長時間にわたり開けていることが困難な場合

口を大きく長時間にわたり開けていることが困難な方の場合では治療して残すのではなく抜歯をしてしまうことが良いケースがあります。

これは患者へかかる負担を軽減するためです。
特に顎関節症の方などでは治療が難しく、抜歯を選択するケースが多いです。

親知らずを健康に保つためにできること

親知らずが虫歯になった場合に治療または抜歯をすることは可能ですが、一番いいのは健康に保つことです。

健康な歯を健全歯(けんぜんし)と呼びます。

この健全歯をより多く残すためにできることは、まず毎日のお手入れを丁寧に行うことです。

磨き残しが発生しやすい親知らずのケアに最適なのが、ワンタフトと呼ばれる細かい部分を磨くことに特化した歯ブラシです。

まずはワンタフトで奥歯から手前へと、隙間など細かい部分を磨きます。

その後、普通の歯ブラシで全体をよく磨くことでより綺麗にケアできます。

ワンタフトブラシは歯科医院では150円前後で購入できますが、スーパーなどで市販されているものもあります。

ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシ

出典:www.groupon.jp

歯の健康を保つための最善策は定期検診の受診

親知らずは磨きにくく虫歯になりやすいのですが、他の歯も虫歯や歯周病などのリスクがあることに変わりはありません。

そうしたリスクを軽減し、また早期発見・早期治療を目指すためにも歯医者さん(歯科医院・クリニック)で定期検診を受診することをお勧めします。

その時に、磨き残しによってできた通常の歯ブラシでは除去できない歯石なども、除去してもらうことが可能です。

ラバーなどを使った着色落としも受けられるので、茶渋などの汚れも落とすことが出来ます。

健全歯を1本でも多く長く残すために、ぜひ歯医者さん(歯科医院・クリニック)で定期検診を受診しましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
う歯(虫歯) 顎関節症 歯周病

記事に関するお問い合わせ

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。