1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 皮膚の病気・症状 >
  4. にきび(尋常性痤瘡) >
  5. ニキビ跡の治療で色素沈着をなんとかしたい!

ニキビ跡の治療で色素沈着をなんとかしたい!

ニキビが治っても、そこがシミになってしまって治らない。そんな状態を色素沈着といいます。自分では簡単に治せないニキビ跡の色素沈着も皮膚の専門医であれば治すことができるといいます。今回はニキビ跡の色素沈着の治療法についてご紹介します。

ニキビの色素沈着って?

にきび(尋常性痤瘡) ニキビの色素沈着って?
出典:jp.pinterest.com

ニキビの発生原因

ニキビを経験したことがある方は多いのではないでしょうか。
ニキビは皮膚のトラブルのひとつです。
スムーズに自然治癒すれば大きな問題にはならないこともあります。
ただニキビ跡といわれるように長い期間に渡って皮膚上に残ることがあります。

いい加減なケアをしていれば取り返しのつかない「傷跡」となることもあるのです。
そんなニキビの発生には、皮膚の油脂(皮脂)の量が異常に増えたり、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)がスムーズにいかなかったり、毛穴に細菌が増えてしまったりする、といったことなどが関係していると考えられています。

原因はさまざまで、ホルモンバランスが乱れる、紫外線による影響、不適切なスキンケア、ストレスといったことなどが関係してるといわれています。

色素沈着が起こるメカニズム

にきび(尋常性痤瘡) 色素沈着が起こるメカニズム

ニキビは皮膚の炎症と考えられています。
過剰になった皮脂、古い角質、皮膚の細菌などが毛穴に溜り、それに対して身体が反応を起こすことで炎症が始まります。
炎症は身体が病気と戦っている状態です。

外敵を排除しようと戦う細胞が集まり、さらに老廃物を排泄しようとして血流が増加します。
その結果、赤くなる、腫れる、熱をもつ、痛みが出るといった炎症状態になります。

順調に炎症の反応が終わればよいのですが、時にこの炎症の状態が毛穴の壁を傷つけることがあります。
これがクレーターや色素沈着といったニキビ跡の原因になります。

治療するなら専門的な病院で!

ニキビ跡は自然治癒が難しい

にきび(尋常性痤瘡) ニキビ跡は自然治癒が難しい

ニキビに関する薬などは市販のものとしてもたくさん販売されています。
もちろんこういった薬を使ってニキビの予防や治療は可能です。
しかしニキビ跡となると話変わります。

色素沈着やニキビのクレーターは、自然治癒や市販の薬を使って自宅で完治することが難しいというのが一般的な見解となっています。
色素沈着にはメラノサイトと呼ばれる皮膚の深い場所にある細胞が関係しています。
通常メラノサイトはメラニンという色素をつくり、紫外線などから皮膚を防御する働きをします。

毛穴に雑菌などが入り込んで炎症を起こしている状態がニキビです。
この雑菌などから皮膚を守ろうとメラノサイトが興奮し、メラニンという色素を分泌するのがニキビ跡の色素沈着になり、皮膚の深いところに色素がたまった状態です。
そのため一般的なスキンケアなどでは改善が難しいと考えられているのです。

赤や茶色の色素沈着、クレーターなどがお肌に残ってしまったら、治療は専門の皮膚科で行うというのがベストな方法とされます。

治療その1|ケミカルピーリング

ケミカルピーリングはニキビ跡の治療、ニキビの治療、皮脂が増えすぎた肌の改善など、皮膚のトラブルに用いれている治療法です。
ケミカルという名前にあるように、お肌に薬を塗ります。

古い角質の除去、毛穴の汚れをきれいにするといった効果があり、色素沈着を改善させる効果があるとされます。
ケミカルピーリングの色素沈着の改善を示す研究などもあり、その効果から美白にも有効とするものもあります。

費用の目安:8000円前後〜(クリニックにより価格に変動があります。

施術時間の目安:1時間程度〜
治療の期間の目安:状態に応じて2〜4週間に1回程度の頻度で治療を受け、全部で3〜5回程度

ケミカルピーリング治療において,尋常性ざ瘡は 最も治療効果が高く認められたものであり,乳酸に よるケミカルピーリング実施全例で面皰,紅斑およ び色素沈着が減少した

ピーリング後は全例で数値が高くなり,美白効果が認め られた.老人性色素斑や日光角化症などの症例も同 様な結果が得られた

治療その2|レーザー治療

にきび(尋常性痤瘡) 治療その2|レーザー治療

比較的皮膚の深いところにまで届くレーザーを照射することで、皮膚の新陳代謝を促し、色素沈着を完全に抑える治療です。
皮膚の組織のが不自然にくっついているのを改善させる効果もあることから、クレーターなどのデコボコとした皮膚面をなめらかにするのにも有効な手段だとされます。

費用の目安:5000円前後〜(クリニックにより価格に変動があります。

施術時間の目安:20〜40分程度
治療の期間の目安:症状の程度によって4~8週間に1回〜3回程度の治療で、全部で5回以上

治療その3|イオン導入

もともとは美白効果があるといわれ、美容の分野で使われていた施術です。
近年はニキビの治療法として医療の分野でも活躍するようになっています。
イオン導入では微弱の電流とビタミンCを使用します。

ビタミンCには皮脂が異常に増えるのを抑える作用があることがわかっていて、さらに美白の効果があるといわれています。
まずはビタミンCを皮膚に塗り、そこに微弱の電流を流すことで皮膚の表面にある成分がイオン化し、肌にビタミンCを浸透しやすくなるという理論を応用した治療法です。

イオン導入は単独で用いるより、ケミカルピーリングと併用することで相乗効果が得られると考えられています。

費用の目安:3000円〜5000前後程度(クリニックにより価格に変動があります。

施術時間の目安・治療の期間の目安:ケミカルピーリングと併用が一般的なため、ケミカルピーリングに準じた目安となります。

色素沈着は予防が一番!

にきび(尋常性痤瘡) 色素沈着は予防が一番!
出典:jp.pinterest.com

結局のところ、ニキビ跡としての色素沈着、皮膚のでこぼこ(クレーター)といったものを残さないためには、ニキビを正しくケア・予防することが大切となります。
そのポイントを以下に記載しておきます。

*1日2回の洗顔(朝・晩)を丁寧にする(ただしやりすぎに注意して)

*紫外線対策をする(曇りの日でもUVケアを忘れずに)

*化粧品はニキビ肌に優しいものを選ぶ(「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載のあるものはニキビ肌に優しい商品)
※ノンコメドジェニックテストとは人の背中を利用して試験するテストで、商品となるサンプルを何回も繰り返して塗り、さらに組織学的な検査をしてニキビができにくい商品かどうかを判断するというものです。

*バランスの良い食事を心がける(糖分や油分の取りすぎ、アルコールの取りすぎに注意して)

*睡眠は十分にとること(睡眠の不足は、自律神経に乱れをきたし、皮脂の分泌が促進されてニキビの悪化につながるといわれています)

最後に

にきび(尋常性痤瘡) 最後に
出典:jp.pinterest.com

ニキビ跡の色素沈着の治療についてご紹介しました。
ニキビを軽く考えていると、お肌のシミになってしまうこともあります。
いったん色素沈着を起こしたお肌はなかなか自分ではケアが難しいものです。

しかし、もう治らないからと諦めてはいけません。
医療は日進月歩。
治らないと思っていたシミも治すことができるかもしれません。
まだ一度も皮膚科に相談したことがない方は、ぜひ一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

参考文献

*日本皮膚科学会・尋常性痤瘡治療ガイドライン
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913643_1.pdf

*慶應大学病院医療情報サイト・にきび
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000299.html

*新潟薬科大学薬学部・新規ケミカルピーリング剤の開発とその効果
https://repository.nupals.ac.jp/dspace/bitstream/10801/354/1/06P176_本間%E3%80%80愛弥子.pdf

*工学総合研究所報 No. 35・画像による皮膚色測定装置の皮膚科治療への応用
https://library.kanto-gakuin.ac.jp/webopac/06akimoto._?key=GMNXTO

*医療法人恵聖人会クリニック・ニキビ・ニキビ跡
http://www.keisei-cs.com/sp/page/dermatology05.html

*広尾プライム皮膚科・フォトフェイシャル・IPL
http://www.hiroo-prime.com/menu/menu/ipl.php

*Real Beauty Care・首ニキビに効く市販薬・治療薬は?うなじニキビには?
http://www.real-beautycare.com/wp/コラムページ/首ニキビやうなじニキビに効く市販薬・治療薬は

*五本木クリニック美容皮膚科・「にきび跡」の最終手段治療
http://www.gohongi-beauty.jp/page-1012/

*五本木クリニック美容皮膚科・ケミカルピーリングについてのQ&A
http://www.gohongi-beauty.jp/post-592/

*ミルディス皮フ下・《ニキビ発生のメカニズム&当院の治療法全般》
http://www.mildix.com/dermatology/nikibi.html

*オザキクリニック・ニキビ跡
https://www.ozaki-clinic.com/case/acne-scar/

*美容皮膚科【シロノクリニック】・要注意!? ニキビ跡にできるしみのメカニズム
http://www.shirono.net/column/column_261.html

*皮膚科岡田佳子医院・ニキビ治療
http://www.okada-keiko.com/menu04/

*総合研究開発研究所・ノンコメドジェニックテスト
http://www.souken-lab.co.jp/anzensei/komedo.html

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
にきび(尋常性痤瘡) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「皮膚の病気・症状」に関する記事

皮膚の病気・症状の記事は他にも多数!

【画像・写真付き】痔ろうって何?原因や症状、手術法まとめ
【画像・写真付き】痔ろうって何?原因や症状、手術法まとめ
子供の病気である水痘、大人も注意が必要!?その症状について解説
子供の病気である水痘、大人も注意が必要!?その症状について解説
痔ろうの初期症状とは?病院で行う検査・治療の体験談!
痔ろうの初期症状とは?病院で行う検査・治療の体験談!
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
新生児黄疸の原因とは?知っておきたい症状・検査・治療方法を詳しく解説!
新生児黄疸の原因とは?知っておきたい症状・検査・治療方法を詳しく解説!

「にきび(尋常性痤瘡)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。