1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 皮膚の病気・症状 >
  4. にきび(尋常性痤瘡) >
  5. ニキビ跡の赤み治療に効果的な薬って何?

ニキビ跡の赤み治療に効果的な薬って何?

気になるニキビの跡の赤み。スキンケアや市販薬を試しているのになかなか赤み跡が消えないという悩みを感じている人もいるのではないでしょうか。 ニキビは症状が出ているときと、跡が残ってしまった跡では対策が変わるといわれてます。病院での治療とセルフケアのポイントについてご紹介します。

ニキビ跡の肌の赤み。病院での治療薬は?

にきび(尋常性痤瘡) ニキビ跡の肌の赤み。病院での治療薬は?

ニキビ跡の赤みは炎症が原因

ニキビは日常でもなじみある肌のトラブルのひとつです。
医学的には「尋常性痤瘡(じんじょうせいざしょう)」と呼ばれています。
原因となるのは皮膚に常在するアクネ菌という細菌です。

腸内細菌と同じように普段は外敵などから皮膚を守る役割がありますが、皮膚の代謝異常や角質のトラブルといったことが原因で、細菌が以上に増えてしまうのがニキビができるいわれています。

スキンケアなどを行ってキレイに治ってしまえば良いでのすが、肌にダメージ跡を残してしまうことも少なくありません。
いわゆるニキビ跡というものです。
そんなニキビ跡の症状はいくつかありますが、代表的なものといえば「肌に残る赤み」です。

そもそもニキビは皮膚の炎症症状です。
炎症を起こすと、身体は回復に向けてはたらきます。
病原体をやっつけようと戦うための細胞を送り込んだり、血管を広げたりして血流を多くし、老廃物を洗い流そうとします。

炎症している場所では赤くなったり、腫れたり、熱をもったりすることもあります。
これは身体が病原体と戦っている状態です。
そんなニキビの炎症によって毛穴やそのまわりに血液が溜まってしまうのがニキビ跡の赤みの原因だと考えられています。

皮膚科専門病院が行うニキビの赤み治療

ニキビ跡の赤みに対して、一般に皮膚科専門の病院・クリニックで行われている治療としては以下のようなものがあります。

ケミカルピーリング

にきび(尋常性痤瘡) ケミカルピーリング
出典:www.b-lab.jp

ケミカルピーリングは、お薬を肌に塗る治療法です。
古い角質や毛穴の汚れなどを取り除き、新しい肌の再生を促すことを目的としています。
ケミカルピーリングで用いられる薬品には、グリコール酸、サリチル酸マクロゴール、サリチル酸エタノールなどが代表的です。

どの薬品にするか、あるいは使い方などは病院やニキビの状態に合わせて選ばれます。
これらの薬品は一般に市販されているものではなく、病院・クリニックでのみ使用が許されている薬品となります。

フォトフェイシャル

にきび(尋常性痤瘡) フォトフェイシャル
出典:corelady.jp

フォトフェイシャルという治療法は、IPLとよばれる特殊な光を皮膚にあてて古い皮膚が自然に落ちるのをすすめ、新しい皮膚が再生するのを促すというものです。
このフォトフェイシャルは専用の医療機器で行います。

また皮膚を専門とする医療機関の中でも特に「フォトフェイシャル協会の認定を受けた医療機関のみ」で行ことができるようになっています。

フォトフェイシャルという治療を提供しているところには、必ずフォトフェイシャルのロゴが表示されています。
フォトフェイシャルおよびフォトフェイシャルについてもっと詳しく知りたいという方は、下記のフォトフェイシャル協会公式ホームページよりご確認ください。

フォトフェイシャル協会公式ホームページ
https://www.photofacial.co.jp/s/Top.aspx

レーザーピーリング

にきび(尋常性痤瘡) レーザーピーリング

もうひとつ病院で受けられる代表的な治療法として、レーザーピーリングがあります。
レーザーを照射することで、毛穴の老廃物を取り除こうという治療法です。
ニキビ以外にもシミ、そばかすの除去などにも用いられています。

ただし日本皮膚医学会は設備などが十分に整っていることを条件としています。
治療を受ける病院・クリニックに事前にしっかりと確認や相談しておくと安心です。

p1899. 各種レーザー治療器の特性を理解した上で,治療効果が期待 できる皮疹に対してレーザー治療を行ってもよいが,設備の 問題,本邦での検討が不十分であり,保険適応もないことか ら推奨はしない.

引用元: www.dermatol.or.jp

市販薬の使用で押さえておきたいポイント

市販薬で治すのは跡が残る前

にきび(尋常性痤瘡) 市販薬で治すのは跡が残る前

ニキビの予防や症状の改善に対して市販薬で対応する方法はあるとされるものの、跡が残ってしまえば、それを市販薬で完全に修復するのは難しいといわれています。
市販薬は何より手軽で便利。

しかし市販薬でニキビ対応したいのであれば、跡がの残る前というのが前提とされます。

通常の生活(食生活や睡眠など)や市販の薬で、「にきび跡」は治りません!

ニキビ跡を残さないケアのポイント

市販のニキビ対策用お薬といえば、ほとんどが塗り薬タイプのものです。
市販の塗り薬で改善できるのは、ニキビができて間も無い時期で赤あるいは黄色などになった状態(炎症している状態)のものに限られるとされます。
そんな市販薬を使用するときのポイントは2つ。

*用量や用法をしっかり守る:たくさんつけたからといって効果が上がるものではありません。

*正常な皮膚には塗らない:中には効き目の強いものもあるので、予防と題して使用すると、かえって皮膚のトラブルを招くことがあるとされます。

市販薬の売れ筋ベスト3

クレアラシル治療薬クリーム

【第2類医薬品】クレアラシル ニキビ治療薬クリーム肌色タイプ18g

【第2類医薬品】クレアラシル ニキビ治療薬クリーム肌色タイプ18g

909円

3つのチカラでしっかりニキビを治します。
ニキビの頭部を開き皮脂を吸収

アクネ菌を殺菌

ニキビのはれや赤みを抑える

○ビタミンE:過酸化脂質の増加を防ぎ、ニキビの悪化を抑制。
○消炎作用 :はれ・赤みを抑えます。

サイトで購入

世間での広告もあってニキビの市販薬としては知名度が高い商品です。
ニキビの原因菌であるアクネ菌の除去とニキビの腫れ・赤みをおさえる効果があるとされます。
肌色タイプもあるので、こちらを選べば赤みの目立ちをおさえることも可能です。

公式ホームページ

引用元: www.clearasil.jp

ペアアクネクリームW

【第2類医薬品】ペアアクネクリームW 24g

【第2類医薬品】ペアアクネクリームW 24g

1,009円

「ペアアクネクリームW」は、患部を開かずに有効成分が浸透し、Wの効果で
吹き出物・ニキビを“もと"から治す医薬品です。
イブプロフェンピコノール(IPPN):アクネ菌によるコメド(白ニキビ)
の生成を抑え、炎症(赤ニキビ)をしずめ、吹き出物・ニキビを“もと"から
治療する!
イソプロピルメチルフェノール(IPMP):症状を悪化させるアクネ菌など
を殺菌し、吹き出物・ニキビの進行を抑える!
○肌にしっとり、透明になるクリームなので、塗った上からメイクもでき、
おでかけ前や外出中にも気になりません。

サイトで購入

赤ニキビの原因となっている炎症症状をしずめる効果があるとされます。
初期の段階で使用すれば、よい効果がでると人気の商品です。
クレアラシルに負けず劣らず多くのドラッグストアで購入できます。

公式ホームページ

引用元: www.lion.co.jp

テラ・コートリル

【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6g

【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6g

661円

●テラ・コートリル軟膏aは優れた抗炎症作用を示すヒドロコルチゾン
(副腎皮質ステロイド)とグラム陽性菌及び陰性菌などに広い抗菌力を示す
オキシテトラサイクリン塩酸塩を配合しています。

サイトで購入

ステロイドを含んだ商品で、炎症をしずめる効果があり、進行がある程度すすんでしまった赤み・腫れのつよいタイプにも効果があるとされます。

公式ホームページ

引用元: www.jnj.co.jp

最後に:跡になってしまったら病院治療がベスト

にきび(尋常性痤瘡) 最後に:跡になってしまったら病院治療がベスト
出典:jp.pinterest.com

ニキビ跡として赤みなどが残ってしまうと市販薬やセルフケアだけで治すことは難しいです。
そのため、なんとか自分で治したいのであれば、初期の段階で使用するというのがポイントになります。

どうしてもニキビの跡が残ってしまったのであれば、自己判断で市販薬をあれやこれやと試すのではなく、皮膚科専門の病院・クリニックできちんと治療してもらうようにしましょう。

参考文献

*日本皮膚科学会・尋常性痤瘡治療ガイドライン
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913643_1.pdf

*慶應大学病院医療情報サイト・にきび
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000299.html

*医療法人恵聖人会クリニック・ニキビ・ニキビ跡
http://www.keisei-cs.com/sp/page/dermatology05.html

*広尾プライム皮膚科・フォトフェイシャル・IPL
http://www.hiroo-prime.com/menu/menu/ipl.php

*Real Beauty Care・首ニキビに効く市販薬・治療薬は?うなじニキビには?
http://www.real-beautycare.com/wp/コラムページ/首ニキビやうなじニキビに効く市販薬・治療薬は

*五本木クリニック美容皮膚科・「にきび跡」の最終手段治療
http://www.gohongi-beauty.jp/page-1012/

*レキットベンキーザー・ジャパン・公式ホームページ・クレアラシル
http://www.clearasil.jp

*ライオン・公式ホームページ・ペアアクネクリームW
http://www.lion.co.jp/ja/products/160

*ジョンソン&ジョンソン公式ホームページ・テラ・コートリル 
https://www.jnj.co.jp/consumer/otc/skin/index_13.html

最終更新日: 2016-07-25

タグ:
にきび(尋常性痤瘡)

記事に関するお問い合わせ

「皮膚の病気・症状」に関する記事

皮膚の病気・症状の記事は他にも多数!

【画像・写真付き】痔ろうって何?原因や症状、手術法まとめ
【画像・写真付き】痔ろうって何?原因や症状、手術法まとめ
子供の病気である水痘、大人も注意が必要!?その症状について解説
子供の病気である水痘、大人も注意が必要!?その症状について解説
痔ろうの初期症状とは?病院で行う検査・治療の体験談!
痔ろうの初期症状とは?病院で行う検査・治療の体験談!
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
新生児黄疸の原因とは?知っておきたい症状・検査・治療方法を詳しく解説!
新生児黄疸の原因とは?知っておきたい症状・検査・治療方法を詳しく解説!

「にきび(尋常性痤瘡)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。